真昼の悪魔

真昼の悪魔


ドラマ化されたことで複刊されたこちらの小説。
確かにおそろしいエピソードもてんこ盛りで、ドラマにはなかなかよさそうな素材です。
が、ぜひ小説で読んでほしい。
なぜなら小説で読まないと、エピソードがきつすぎて、著者の本来伝えたい「悪」の概念が
伝わりにくくなると思うからです。

遠藤さんが熱心なキリスト教信者であることは有名で、沈黙はじめ、彼のキリスト教の思想に基づく
思索がさまざまな小説に色濃く及んでいることは言わずもがな、です。
この小説に描かれている悪の概念もおそらくはキリスト教の教えにもよっているのでしょう。

私はキリスト教信者ではありませんが、キリスト教系の学校に通っていたので
一定の宗教教育は受けてきました。宗教教育は学校教育の一環でもあったので
道徳教育的なものを兼ねていた、という側面もあったからか
善行やほどこし、哀れみ、あるいは他人のために自分を犠牲にする精神などは
いやというほど習ってきましたが、悪とは何か、を考えることはあまりなかったような気がします。

ただ、悪を学校の授業で習うまでもなく、小さな悪はこどもながらもまわりにいくらでもありました。
そして成長し、自分の世界がどんどん広がっていくにつれ、悪はただの日常にあるちょっとした悪意
レベルではなく、残忍な犯罪となっていくこともあるのだ、ということを学んでいきました。
しかしながら、子供のころに実感していた悪も、大人になってから触れた悪も
ある意味どちらも実にわかりやすく、あくどいものでした。
でも悪か善かはっきりわかるような悪よりも、この本で作者が繰り返し
書いているように、一見美しく、またもしかしたら華々しい
ものの奥にある、隠れた悪、のほうが質は悪く、また屈折しているものなのかもしれません。
あるいはそのように隠れた悪の蓄積がいつしか大きな犯罪になっていくものなのかもしれません。
また今の世の中でさほど悪ととらえられていない事象も実はとてつもない悪行なのかもわかりません。

と考えていくと逆に
ちょっと踏み間違えれば人は残忍な方に流れていくことができる。
そこを踏みとどまり、懸命に生きてるからこそ美しいともいえるのかも、とも考え至ります。

極端なエピソードを面白がって読むのも悪くないですが
悪ってそもそも何なのか?普段なかなか考えないテーマを考えるきっかけになる1冊です

今日のBGM
Robert Randolph
The March


続きを読む »

神様の裏の顏

神様の裏の顔

心あたたまるエピソードの積み重ねから、じわじわ読者に違和感を覚えさせ、やっと核心に迫ったと思いきや、後半いなされる。

まあ、正直後半の展開はやややりすぎで、もうちょっとシンプルでもよかったんじゃないの?という気もしないではなかったですが、その過剰感をもってしても、面白かった、と心から思えるミステリーです。

もっと色々感想を書きたいのですが、感想を書くと思いきりネタバレしそうなのでこの辺で。
とにかくおすすめです。

今日のBGM
Do you believe in love?
Huey Lewis and the News

3.11

6年目です。

今日日仏学院に行ったら有志の先生による発意なのか
学院創意のものかわかりませんが、先生たちの呼びかけにより
あの地震が起きた時間に
学院の庭に集まり黙とうがささげられました。

通常平日だと別に忘れているわけではないのですが
地震が起きて1年後、のチェコフィルのコンサート以来
黙とうに参加することなどこれまで在りませんでした。

日仏学院の先生たちは当然ながら日本に暮らしており
あの震災時にも東京にいた人たちが多いというのも
もちろんあるとは思いますが、異国の方たちが
震災を忘れないでいてくれている、ということはとてもありがたいことだと
思います。

RFI(ラジオフランスインターナショナル)でも震災から6年・・・というよりも
Tsunamiと原子力発電の事故から6年目といった形で報道がされており
世界の人々にとっても自然と人間の共存を考える節目となる日になっているのでしょう

震災の日に考えるべきこと、はたくさんあります。
しかし自身の実感とともに考えること、はやはり人により違うでしょう
私は何度も書きましたが、仕事に対しての責任のとらえ方、が変わりました。
あと姪が生れてからは、愛しい存在を守るためにできること、を考える
ようにもなりました。姪ごときでこれなのですから、親である多くの皆さんは
本当に憂うべきことが多く、大変な時代になったなと思います。

でもだからといって、嫌な時代になったわけでは、まだない、と信じたい。
日本のために日本人のために、祈ってくれた他国の方の思いを受け取れる
ことは幸せなことです。

黙とうしたから何が変わるわけでもないですが、その志にふれることができた
その幸せに感謝しようと思います。

今日のBGM
My city was gone
Pretenders



幸せなひとりぼっち

幸せなひとりぼっち

別に格段感動的なエピソードがあるわけでもなく、偏屈なじじいに
ちょっと変わったご近所さんのありそでなさそなエピソード、の映画です。
でもなんだか泣ける不思議な映画。

人間所詮運不運、と言ってしまったら身も蓋もありませんが
このじじいを見ていると、悪運は幸運への近道であり
幸運は不幸のはじまりなのだなということをしみじみ感じてしまいます。

悪運続きのじじいが、その悪運をも、幸せに変えてしまう唯一無二の幸運は
奥様との出会い。
でも一方で奥様にまつわるエピソードこそが彼の不幸そのものであり
本当に人生糾える縄のごとし

映画で語られるエピソード自体は結構シビアなものなのにほっこりする
のはなぜなのか。人生にも未熟で人生を語る語彙が不足している私には
なかなかそこは説明できないのですが、見知らぬ市井の人々のなにげない
人生はどれも味わい深い、趣ある景色が描かれているはず。

当たり前だけど価値があるそんな真実を、思い起こさせてくれる素敵な映画です

今日のBGM
Every Breath you Take
Police

刑務所ワズ

刑務所わず

ご存知ホリエモンの刑務所体験記、です。
刑務所ナウ、も読んだのですが、ナウよりワズのほうが読みやすいし
私にとってはいろいろ学べる1冊でした。

刑務所に入るというのは
普通に考えたら相当に気持ちが落ちることのはず。
ましてや彼は自身で無罪を確信して戦ってきたわけですから
その落ち具合は相当なものだったのでは。

でもそこをただただ耐える、だけで終わらせずに、
経験をちゃんとアウトプットし、結果的に相当の売り上げに変えちゃう
とはさすがとしかいいようがありません。

ただ、おそらくこの記録についていえば
決して売り上げをあげることが「目的」ではなかったんだろうな、と思います。
結果的に売れた、だけであり、彼にとってはなんらかのアウトプットを
出すことを、生活の中に組み入れていくことが刑務所の中での生きがい
だったのではないかなと想像します。

とはいえ、刑務所でできること、も喜怒哀楽の幅も限られてはきます。
よって彼のそれまでの、また刑務所を出た後のいろいろなビジネス本に
比べると、淡々とした事実の積み重ね、つまりは
日々の食事、刑務所内の環境、当番の内容、他受刑者の状況、関係性
行事といった記録に相当のボリュームが割かれています。
しかしながらこうした記録に近いドキュメントを読んでいくだけでも、
日本における犯罪更生の課題がまざまざとわかってきます。

犯罪を繰り返す人の中にはもちろんいわゆる極悪非道な人も
いるのでしょうが(またそうした悪質な犯罪者がいることも、この本からはわかるわけですが)
本の中で堀江氏が繰り返しているように大半はごく普通の人たちで、
経済的な事情や本人たちのスキル、健康状態その他から「犯罪を繰り返さざるをえない」
状況に「なってしまう」ことが、本を読み進めていくうちにじわじわと、実感できてくるのも
この本の特性で、単なる獄中日記にとどまならいゆえんだと思います。

ということで、ホリエモンのことが嫌い、な人にもおすすめ、な一冊です。

今日のBGM
Try A Little Tenderness
Paul Giamatti & Arnold McCuller