故宮博物館

台湾に行ったのはおいしいものを食べたい!もあったけど
故宮博物館でゆっくり美術品を堪能したい もあったのでした。

故宮博物館

故宮博物館はあまりの膨大な展示量のため3ヶ月に一度展示物を入れ替えるんですって。
私がむかったときはその入れ替えタイミングの端境期であったみたいで、
何室かクローズされていました。
母曰く、母が1年前に訪れたときはもう少し展示物があった・・・気がするということですが
まあ人の記憶なんておぼろげですからね、正確なところはわからじ。

でも私的には見たかった白菜や豚肉の宝石を見られただけで満足。
きれいか、って言われるとね、・・・なんだけど、
でも豚肉は本当に豚肉に見えるし
白菜も見事な再現力。
これを贅沢といわずなんという。

前故宮博物館を見たときは北京の故宮を見ずして
この博物館を見たから
なんかお宝のすごさと当時の王宮のすごさがいまいち
結びつかずにいたんだけど、北京で故宮を見てきた後に
見ると、そうか、あの豪華な宮殿にこの豪華なお宝が
ごっちゃとあったわけだ、なるほど、と
あらためて中国王宮の豪勢さにため息・・。

ああなんか故宮でこのお宝を見たらさぞや趣き深いであろう
とも思いましたが、でも中国本土のあのどさくさにこの膨大な
お宝をおいたままにしておいたら、貴重な宝物はあちこちに
散逸してしまっただろうしな。
そういう意味では台湾までこのお宝を持って帰った
蒋介石の判断は正しかったともいえるかもわかりません。
中国本土の人たちの気持ちは複雑でしょうけどね。

まあ代表的なお宝は常設されてますからいつでも見られますが
私が目にすることができなかったお宝もまだまだあるはず。
そういう意味でもまた台北こなくっちゃ!という気持ちになったのでした。

今日のBGM
Blue Bird
コブクロ

なんか彼らは私の感覚ではつい最近出てきた人たち
って感じなんだけどメジャーデビュー10周年ですって。
長生きな人たちなのね。
ま、聴いただけですぐ彼ら!ってわかる個性があるよなって思います。



スポンサーサイト

テーマ : 台湾 - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する