スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全盲の方の転落死事故

ここ数日、誰かふつうを教えてくれについて書いたレビューのアクセスが
一定数あって、なんでかな?と思っていたら今日、東京新聞の社説を
読んでその理由が判明。

目白駅で全盲の方がホームから転落してお亡くなりなった事故があった
から、なんですね。
そのニュースを見落としていた自身の意識の低さにちょっと愕然としましたけど。

で、こういうことを社説にとりあげる、東京新聞の見識の高さに敬意を表したく
思いますし、社説の記者が言うようにこのような事故は二度とおこしては
ならない、のですが。

死の犠牲が出たことを問題視するんではちょっと視点がずれている、というか
深さが足りないという気がするのです。
そして、実際自分が目をつむって歩いてみたらいかに恐ろしい思いをしたか、
なんていう記述だけでも足りない気がするのです。

誰かふつうを教えてくれによれば、こういった「死とすれすれの事故」を
視覚障害をお持ちの方は皆経験済み、なんですよね。
ホームに落ちたら誰かが助けなければホームに戻れないわけで、
何人もの駅員さんがこういった人々を助け起こした経験をお持ちのはず。
あちこちの駅で一定の頻度でそういう、事故がおこっていたにも
関わらず10年以上もそのリスクについて議論されることがなく
また、視覚障害をお持ちの方に日々の恐ろしい思いについて生の声を聞くことも
なく終ってしまっていることに目を向けなければならないのではないでしょうか?

視覚障害の団体が、声をあげたのは、死亡事故が起こったから声をあげたのではなく
ここで声をあげなければまた、きっとこの危険は闇に葬り去られる、という
危機意識をもったからではなかったのか、と思います。

柵を設けるなどの対策ももちろん必要ですが、一件の死亡事故の影に隠れている
数千件の「すれすれ」事故を、最悪の事態が起こる前にいかに察知させるか
も一緒に検討してほしい。
記事を読んでつくづく感じ入った次第です。

今日のBGM
But It's All Right(LIVE)
Huey Lewis and The News

しょっぱなの勢いのよいホーンで、観客も一気に盛り上がり
まくり!ライブはいよいよ佳境。という様子が
手に取るようにわかります。
ああ、あの感激よ、もう一度・・・・
スポンサーサイト

テーマ : ちょっと気になる事 - ジャンル : その他

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。