ジャンルサ美術館

大聖堂前の橋をわたって裏道をぶらぶら歩くとジャンルサ美術館に
たどり着きました。

ジャンルサ美術館

美術館って言われなければちょっとわからないたたずまい。
どちらかといえば遺跡な雰囲気。
その昔は病室だったみたいです。

この中に、ジャンルサのタペストリーが飾られています。

こんな感じでじゅうたんが飾られています

アンジェ城のタピストリーに感銘をうけてこれらの作品は作られたのだとか。

まあ芸術品の常として、当然アンジェ城のものとはまったくテイストは違いますけどね。
芸術家が作品を作るきっかけとしてアンジェ城のタピストリーはあったわけで
ものとしては別物。

好きな作品かといわれると私は正直微妙だけど
でもこのタピストリーを作る手間を考えるとそれはもう気が遠くなるくらい
壮大。
作品にかける作家の情熱たるや鬼気迫るものがあります。

それにしてもこの作品、家の中でどう保管してたのかしら?

今日のBGM
Onwer of a Lonly Heart
Yes

これまた好きな曲ってわけではないんだけど。
でも耳について離れない「ねちこさ」がこの曲には
ある気がします
スポンサーサイト

テーマ : フランス - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する