粋な注意書き

ルーブル美術館のおまけです。

フランスの美術館も最近カメラ禁止なとこも増えてきたみたいですが
ルーブルは撮影自体は許可されています。
でもフラッシュはやはり絵画や作品の保存に悪影響&鑑賞の邪魔になる
ということで禁止されています。

しかしそれでもフラッシュたいちゃう輩は多いです。
ま、フラッシュをたくつもりはなかったのにフラッシュがたかれて
慌てちゃう、というケースもありますが(私もたまにやらかしてひやっと
することあり)たいていは告知があってもなんのその、な
「お行儀」という単語はあなたの辞書にはないんでしょうね、という
人たちの仕業によるものです。
*たまたま、じゃないんだろうな、と思える証拠に
 その手の輩は「フラッシュはだめです」といわれているのに
 また職員の目を盗んでばりばりのフラッシュで撮影したりしています。
 ・・・どうせそこまでして撮影したって、そうそう見返したりしない
 だろうに・・・

そういうわけで、美術館側もあの手この手でやってはいけないことに
ついてアピール作戦を繰り広げております。
こちらルーブルの注意書き。

注意書きもしゃれてるよ

やるじゃん!ルーブル。

しかし今フラッシュたきまくっている連中はこういう粋な注意書き
自体見ちゃいないだろうからなあ。
なかなか悩ましいです。

今日のBGM
Dream
Luv and Soul

未来に向かって描く夢。
だんだん夢を描くよりも
どう現実と向かい合うかを考えるほうが
多くなりつつある今日この頃。

スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する