フランス空前の日本ブーム

フランスは空前の日本ブーム。

以前からあやしい寿司はあちこちに売られていたのですが
あくまで寿司オンリーで、それ以外の日本料理を見かけることは
そうそうなかったのですが、今回のパリ訪問ではやたらめったら
日本料理の店をみかけました。

でもって、すでに「チェーン」の店もできているようで。

アリアンスのそばにもチェーンの店がありまして
ちょっとこっそり写真なんぞとってみたりしました。

あやしい

メニューには何が書いてあるかといいますと

寿司メニュー

寿司2つ 2ユーロ50(だいたい300円くらい)
タルタル寿司2つ 3ユーロ(330円)
*ステック タルタル というのはいわゆるフランス版ユッケ。
 そこからなぞらえていると思われます。
 ようはお刺身のお寿司
そこからは寿司6個入り・12個入りと続きまして
ようわからんかったのが、寿司春巻きと、アソーッテッドすしの違い。
おそらくは太巻きとのりまきではないかと思うんだが・・・。
聞く勇気はあらなんだ。

そして寿司と焼き鳥が一緒に売られちゃってるのが
またなんとも・・・

焼き鳥と寿司が一緒かよ



私は基本海外旅行中に日本料理は食べない主義。
現地では現地のものを食べたい、と思うたちで
合間合間に中華を食べてちょっと体調を整えるのが
いつもの常です。どんなにがんばってもやはりかの地での
日本料理は・・・見た目からして食べる気がしないの。

1年以上住むとかなったらそんなこと言ってられないんでしょうけど
期間が限られている観光客のぶんざいでまずい日本料理を食べる必要は
ないと思うんですね。

ということで、一切フランスで日本料理は口にしていないんですけど
メニューにのっている写真を見ただけでも食欲が減退する感じでした。
なんか・・・違うよ。やっぱり。

ただパリの日本食の店はどこも結構繁盛してました。
結構なことなんでしょうね。

食材も限られている中で、それぞれの地で独自の日本料理が
展開されること自体は悪いことじゃないと思うし
それをとめる権利は誰にもない。

でもね、これを日本料理です、と言われるのはちょっと私としては
耐え難い、と思いました。

料理も大事な文化のひとつだと思うんです。
どこかの本で読んだのですが、これは日本の伝統的な料理と認定します、
という認定制度を設ける動きがあるんだとか。もうこれ、早くやったほうが
いいと思います。
今ヨーロッパで広まりつつある料理が日本料理のきわみ、なんて思われたら
私はやはり日本人として憤懣やるかたないですよ。

今日のBGM
Your Song
Elton John

言わずと知れた名曲。
派手さはないけどほんといい曲ですよね・・・。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する