スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンシー スタニスラス広場

さてこれからぼちぼちフランスネタを展開します。
2週間いたので、最低2週間はこれでいけるはず。
いつもよりは、緩やかな旅程であったゆえ、ネタは
限られますがまあぼちぼちと・・。

次フランスに行くなら絶対行きたいと思っていたのがここ
ナンシー。
あなたが選ぶフランス絶景50で放映されているのをみて
行きたい!と思い続けていた街。
さぞやアールヌーボーの街だけに街中がアールヌーボーにみちみちあふれているに
違いない・・

膨らむ妄想のもと、TGVで1時間半。
まずはナンシー派美術館にたちよったのは前述の通り。
ええすばらしい美術館でしたが、美術館までの道のりは
えらく普通。
まあそうか、そんなもんよね、と納得しつつ
スタニスラス広場にとぼとぼ向かうと

おおっ!
なんかNHKの名曲アルバムとかにでてきそうなきらびやかさ。

スタニスラス広場1

中に入ると一面きらびやかな電柱やら

スタニスラス広場3

門やらに囲まれています

スタニスラス広場2

スタニスラス広場5

スタニスラス広場6

スタニスラス広場7

スタニスラス広場8

スタニスラス広場9

ちなみに先ごろ紹介したナンシー美術館もこの広場の中にあります。

ナンシー美術館

わあ確かにきれい。
ここと美術館の様子で私圧倒されてナンシー行きたいになったんだな・・。

何も見ずにナンシーに来て、美術館や広場をみたら
ものすごく感動したと思うけど
この広場のような雰囲気が町のそこかしこにあるもんだと
思ってきてしまった身からすると感動するけど
そうか、ここだけなのか・・・と勝手にがっかり
しちゃうむきもあり(街に罪はなし)

メディアでいいとこどりすんのも考え物だよなあ
と思い至った次第です。


とはいえ、アールヌーボーおよびロココ好きは訪れるべき
街といえましょう。

今日のBGM
Goodbye Yellow Brick Road
Elton John

郷愁あふれる一曲。
エルトンらしくさびだけを目立たせることなく
メロディー全般が平均的に美しい。
スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。