さすがの私もサッカー観戦

世界万国共通の話題サッカーワールドカップ。
まさか、まさかの決勝進出に野球しか基本見ない私も
今日ばかりはワールドカップ観戦でございます。
まあ私にとってのゴールデンタイムでの観戦となれば
これはもう見ちゃうよね。

前半終了の現在今のところ眠気を生じることは
ございません。
しょせんにわか観戦派なので
ハーフタイムショーは何するのかしら?など
まったくもってああ、勘違いな期待を抱いたりもしましたが
(完全にアメリカンフットボールとごっちゃになっております)
でもまあそんなど素人が見ていてもそれなりに楽しめる試合を展開
しているなんて、日本選手偉すぎ。

TVを見る上でちょっとやな予感だったのは
パラグアイ戦は民放放映である、ということ。
あの、昭和世代にはやや気恥ずかしく感じる
一時期のジャイアンツ戦での日テレ実況×10倍くらいの
大仰な実況だったらどうしてくれよう・・・

と思ったのですが意外にも落ち着いた実況・・・。
よかった。
NHKならそんな心配しないでもいいんですがね。
民放は妙にはりきるからなあ。
NHKに比べたらやや声の張り上げ率は高い
気もしますが、これぐらいなら許容範囲

さてさて結果はどうなるのでありましょうかね?
(30日 午前12時10分現在)

今日のBGM
ショパン: 即興曲 #4 嬰ハ短調, Op. 66, 『幻想即興曲』
Vladimir Ashkenazy

生誕200年ということもありショパン大人気。
日本人好みのきれいなメロディーよね。
実際ピアノ曲の場合、たとえ腕がなくても
弾いててそのメロディーの美しさにうっとりしちゃうのよね。
ただそれだけに腕におぼれてただただ技能自慢に陥りがちな
恐ろしさもショパンはもっているわけで。
お気に入りのショパン、を見つけるのは結構至難な技だったりします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する