スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

contes

contes.jpg

誰もが子供のころ読んだことのある、ペローの童話集。
赤頭巾ちゃん、シンデレラ、眠れる森の美女(このタイトル秀逸ですね。眠っている、じゃ
なくて眠れるにしてるのがなんともいいじゃないですか)青ひげ、長靴をはいた猫・・・

大人になって読み返してみますと、いやあなかなか奇抜な話です。
そして、結構あくどい話も多い。
子供のころは主役が幸せになりさえすればそれでいい気になってましたけど
長靴をはいた猫なんて、身分ごまかして王女と使えている男の子と結婚
させちゃったり、眠れる森の美女も、ただただ綺麗な美女が寝ている、という
うわさを聞きつけて王子が浮かれて魔法をときにくる、って
大人になってから読んでみると、口あんぐりですよ。

そしてこれは結構有名な話ですけど
赤頭巾ちゃんは狼に食べられてオシマイ。
お腹から赤頭巾ちゃんがもう一度出てくることはありません。
最後に「お嬢さん、感じのいい狼にはご用心」という
教訓が書いてあるだけですからね。
シビア・・・。

ペローの童話はディズニーが結構アニメ化しているわけですが
あらためて文字だけで童話を読み返すと、ディズニーがいかに天才か、
がよくわかります。
このシビアな話をあんなにうっとりな世界にしあげるって
どんだけピュアなんだ、ディズニー。
私よりも年齢が下の子供たちはシンデレラも眠れる森の美女も
ディズニーのあの絵柄がまず浮かんできちゃうだろうな。
自分なりのシンデレラなんて描けないんじゃないかと思います。
それはそれでちょっとね、想像力貧困になっちゃった、ともいえるかも。
よくも悪くもディズニーの底力をあらためて感じるペローの原作本でありました。

今日のBGM
KE$HA
Tik Tok

今時の曲にはついていけなくなっている
今日この頃ですがこれぐらいわかりやすく
ノリノリ(死語)だと、かえってついていけると
いうものです。
好きかどうかは別問題ですけど。
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。