野村ノート

野村ノート

野村克也。
好きか嫌いか、といわれれば、好き、とは
ちょっといいがたい感じ。

なんか・・えっと暗そうだし
ねちねちしてそうだし
上司にしたら大変そう。
(あくまでマスコミで得た印象だけですけどね。
実際にお会いしたわけではないので真相はわかりません)

でもいざ野球を絡ませると
こういう言動をプロというのだ、と思わせることしばし。

監督としての成果ももちろん
楽天時代のぼやきしかり。
解説者時代の「野村スコープ」しかり。
ただの根性論や天性(パッとみてパッと振る的な)
ではない持論は素人でも感心しきりの鋭さです。
そしてその鋭さは彼の著書において最大限に
発揮されています。この野村ノートはまさに
彼の野球人生の集大成、といえましょう。

ひとつのことを極めた人はあらゆることに通用する
技を身につけるのは常ですが、彼が野球を通じて得た
マネジメント論はそのまま会社員のそれに十分
通じる優れたものだと思います。

指導者に求められるのは選手にどうすれば実践力を
つけることができるか、ということである。
「おれの現役のときは、こういうタイプのピッチャーには
こう対処した。おまえも一度やってみんか」といったら
アドバイスができるようになるには、やはり選手時代から
しっかり考え、悩み、苦しんでおかなければならない。
そのなかから方法を見つける。そういうことが将来、
指導者になったときに必ず活きる。野球に限らず、どんな
職業においても、いいものをつくる、いい結果を出すには
自分が得た経験がベースとなる。これらは管理職共通の
テーマである。


決断と判断。監督になったばかりのころ、私はこのふたつの
言葉を混同していた。ところがあるとき、まったく意味が
異なることに気付いた。
「決断」とは賭けである。何に賭けるか根拠が求められる。
また、決断する以上、責任は自分で取るという度量の広さを
もたなくてはならない。「功は人に譲る」という精神をもって
決断しなくてはならない。覚悟に勝る決断なし。
つまり迷ったら覚悟を決めること。
決断力と包容力は表裏一体である。
一方「判断」とは頭でやるもの。知識量や修羅場の経験
がものをいう。判断に求められるのは判断するにあたっての
基準、根拠があるかどうかである。


そしてもちろん、名選手、といわれている人たちをばっさばっさと
斬っているのが、また痛快で。

私は現役時代の清原和博(元オリックス)を見ていてコーチや
監督になったときを心配した。
確かに彼の実績は一流だが、「考えているな」「勝負しているな」
「駆け引きしているな」「読んでいるな」というのが伝わってこない。
本人は「そんなことはないですよ」というかもしれないが、勝負している
思いがまわりに伝わってこなければ同じことである。
(略)
私には彼が天性、感性だけを頼りに野球をやっているように思えて
ならない。彼は勝負をしているのではなく、ただバッティングを
しているだけなのだ


阿部のリードは打席に入ったときの心理、つまり打者の心理であり、
古田や矢野が捕手の心理を打席で活かしているのとは「守」と「打」
の優先順位がまったく反対なのである。
たとえば阿部のリードによく見られるのは「意表を突く」という意図。
カウント2-3で思い切って内角を突こうとする。
確かに内角に直球がズバッと決まる、打者が見逃す。審判の手が挙がる
というのは捕手が酔いしれる瞬間である。だが、かっこよく取るアウトも
打たせて取るアウトも、アウトはアウトである。要はいちばん失敗の
確率が低い選択をすることが捕手に求められるわけだ。


さすが。
痛快です。

この手の膝を打つ野球論がこの本の中にはざくざくあります。
野球好きはもちろんのこと、野球がさほど好きでない人でも
読めばそれなりの収穫を得られる1冊でありましょう。

今日のBGM
傘がない
井上陽水

他の人が歌ったらただ単に暗くて鬱陶しいだけの
歌になりそうだけど、陽水だとそうはならない。
これこそが個性であり、プロのミュージシャンたる
技量、なのだと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する