スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

媽祖寺

アモイに宿泊したのは、アモイを見たかったからではなく、世界遺産で有名な
土楼を見たかったからなのです。

アモイから土楼のある永定までは片道2時間程度(すんごくとばして走って、ですけどね)
バスも走っていますが、車をチャーターして向かってしまうのが
一番楽で確実。日本で車をチャーターしたらすごい値段しますけど
中国ならガイドをつけても、一人数千円程度の負担額ですみます。
オプショナルツアーに申し込むより、自由度も高くて、いいことづくめです。

ということで。
土楼郡の前にまずおとすれたのが媽祖寺媽祖寺

海を守るお寺、なのだそうです。
何ゆえ海に囲まれた土地柄でもないのに、海の寺が建てられたのか
経緯はなぞですが、なんとも雰囲気ある建物ですよね。

屋根のアップ

屋根にこんな感じの装飾を施している建物を麗江でもよく見かけました。
中国のお寺の特徴なのかな。

いずれにせよ、この建物を見ただけでも本物の土楼への期待が高まろう
ものではないですか?

麗江やシャングリラほど寒くもなく、散歩するにはちょうどよいくらいの
ころあいの気温もまた旅行く私たちをご機嫌にさせてくれました。

ということで、世界遺産土楼のたび、スタートでございます。

今日のBGM
ショパン
マズルカ第5番
スタニスラフ ブーニン

なんでだったかすっかり忘れましたけど
とにかくこの人がショパンコンクールで優勝した
ときは日本中大騒ぎでしたよね。

大騒ぎなのは知ってましたが実際彼の弾く
ショパンを聴いたことはなかったのですが。

うーん。音が硬すぎて私はちょっとなじまないかなあ。
好き好きの問題ですけど。
スポンサーサイト

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。