スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草間彌生 わが永遠の魂

草間彌生 わが永遠の魂

新国立美術館で開催中の草間彌生さんの展覧会に行ってきました
訪問客は非常にインターナショナル。英語、フランス語、中国語、ドイツ語もちろんそして日本語
とあらゆる言語が会場に満ち溢れており彼女の国際的人気がうかがい知れます。
日本に在住しているとおぼしき外国の方から観光客まで本当に客層はさまざま

草間彌生no2

会場の一部は撮影フリー。週末でさすがに混んでいたのであまりゆっくり撮影はできませんでしたが
広い一部屋に彼女の作品が四方に展示されている様はなかなかの圧巻。
ひとつひとつにテーマがあり、そこから彼女のメッセージが紡ぎだされている・・・
のでしょうが、作品があまりに鮮烈なので、そこに目が奪われてメッセージを読み取るまでには
至れません。
ただ、平日にいろいろ起きていた数々の些事がその瞬間は一気に吹き飛び
感情が解放されているような錯覚を感じました。

以降の部屋は撮影禁止ですが彼女の初期の油絵などが展示されていて
今の作風にどう近づいていったのかがよくわかります。玉ねぎを描いた静物画なんかも
ありました(といってもただの静物画で終わらずもちろん一定の個性が発揮されてはいるんですけどね)
初期のころはこうした作風を理解し、評価する人は少なかったのかなと想像していたのですが
結構早々に彼女の才能に気づく人が現れていたんですね。今よりも数倍もあらゆることに保守的であった時代に
あって、それってすごいことだよな、と思います。

彼女が幻覚を少女時代から見ていてその恐怖から逃れるために絵を描いたというのはとても有名な話です。
幻覚とは病なわけで、病は治療するほうが当然よい話。彼女にとってそれは重篤な闘いであったでしょうが
幻覚がなければこうした作品は生まれていなかったわけです。
芸術ってやつはほんとに魔物だということを実感させられた展示でした。

今日のBGM
Doin it all for my baby
Huey Lewis and The News






スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。