明治座4月歌舞伎

久々の歌舞伎鑑賞。
勘九郎、七之助、菊之助という豪華、かつ達者な演者たちでほんと隅から隅まで楽しめました。
私は昼の部を鑑賞しましたが、演目は
.芦屋道満大内鑑 葛の葉
.末広がり
.女殺し油地獄

葛の葉は七之助が情愛あふれる女狐の役を情感たっぷりに演じ、末広がりは勘九郎がコミカルに軽やかに、しかしながら芸の厚さをしっかり感じさせ、最後の油地獄の油で滑りながら死に至るというシーンは、ほんとに油が目の前にあるかのような錯覚を覚えました。
笑えるシーンじゃ本来はないんだけど客席からはこらえきれずに笑いがこぼれてしまっててなんだかな、と思いましたが、笑いって緊張と緩和からうまれるものなのよね。
そう考えると自然のごとだし、笑いすらひきおこしちょうのはそれもまた演者の力、なのかもしれません。

今日のBGM
Trapped
All saints
スポンサーサイト

テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する