ファッション史の楽しみ 石山彰ブックコレクション

前回アップしたのは高品質なオートクチュールの展覧会でしたが今回は、その昔のオートクチュールや、普段着をイラストで紹介しているその昔のファッションブックの展覧会。


場所は世田谷美術館。その昔、大昔、まだ世の中にバブルというものがあった頃はのう、ここはナウなヤングたちがデートに訪れていたんじゃよ。。

とつい昔話をしたくなるのは昭和の性か。なんか建物もバブルっぽい気がしてきちゃいますが気のせいでしょう。

さて、展覧会そのものは大変素晴らしかったです。今のような写真などがふんだんに使えない時代にひとつひとつ丁寧な、しかしファッションを紹介しているのだから当たり前なのかもわかりませんが、とてもセンスが良くかわいらしい、一枚一枚額に入れたらちょっとしたインテリアなりそうなイラストがたくさん紹介されていました。

女性のイラストが当然多いんですが、私は男性のイラストが実におしゃれで素敵だなと思いました。
おフランスはその昔から男性もおしゃれだったんでしょうか。

ということで大変充実した素敵な展覧会なのですが、見る人たちのおしゃべりがうるさくて。もっと人が多い美術館なんて山のようにあるし、ひとりひとり大声で話してる訳ではないんですが、美術館で話をする時って、普通人は、素敵ね、とかこれいいな、とか一言二言交わすだけだと思うんですよね。
ところがここの美術館を訪れる人はほんと、会話するんですよ。おそらくはお洋服を勉強している人たちが多いんでしょうね。昔の繊細にして正確なデザイン画を見るとついついあれこれ話したくなるのかな。
わかる、わかるけど、でも、うるさすぎ。美術館の注意書きにもお話は控えて、と書いてあるのにあのうるささってなんでしょう。目くじらたてる私もこころが狭いのかもですが、でもやっぱり美術館は静かに私はみたいです。

今日のBGM
Healing Hands
Elton John



スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する