フランス スト体験

フランスに旅行したら地下鉄がストで大変な眼にあった
というような話はちょこちょこ聞くのですがとうの私はまったくそんな
体験をしたことがなかったんですが、日本にいながらはじめて立て続けに
フランススト事情に直面。

まず最初は日仏学院。
この1月から久々通いだしたのですがこの土曜に通学してみたら
職員の皆様と思しき方がなにやらビラを配ってましてビラを見ますと
ストやってます!を日本語とフランス語で訴えられている模様。
あちこちでしかも絶え間なく配ってるもんだからいちいち「もうもらいました」と
うったえなきゃいけないのにはちょっと閉口。
休んでいた時期もあったけど、それなりに日仏に通い続けてきてこれは
初めての体験でした。私の授業はストにもかかわらずちゃんと成り立っていましたけど
ストというからには何か業務が停止しているものもあるのでしょうね。

次のスト体験はラジオフランス。
通勤の時はラッシュなんで本を読むことすらままならないんで
ラジオを聴いているのですがラジオフランスを聞かんとしたら
「私たちは今ストの最中につきごめんなさい」的なアナウンスが流れて
以降はひたすら音楽が流れるという、あるいみ新鮮な番組構成でした。

日仏学院のようなところでのストは、まあ想像の範囲内でしたけど
ラジオは想像だにしなかったなあ。
ちなみに朝はスト中でしたけど、帰りの通勤では普通に番組は再開されてました。

ここまで立て続けの体験はたまたま、なのか、
そういう季節なのか・・・。

今日のBGM
そして2人は恋をした
古内東子






スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する