弱くても勝てます。



開成高校の野球部を取材した一冊。強豪が多い東京陣の中でなんと甲子園予選4回戦まで勝ち抜いているんだそうで。
と聞くと、京大アメフトのようにえらくうまく強くなったかと思いきやそんなことはなく、エラーも多く、
普通の強豪校が普通におこなうサインプレーなどもなし。

バントしろと指示をしたってそもそもバントできないようなチームなのです。
練習時間も週に一度で、テスト前は休み、となると一月ほぼほぼ練習できないこともある、
環境的に恵まれているとはいえないチームを描いています。

一言で言えば弱いなら弱いなりの戦い方がある、
をあの手この手でケースを紹介している本です。
普通に監督や選手にインタビューしていても、
高校野球の野球部員にインタビューしてるとは思いがたい、フライがとれない、
球が投げられないという発言もざらで
外野は涼しいから外野を守りたいのんていう珍言まで飛び出す始末。
でも決して不真面目なわけではなく下手なら下手なりに努力もするし、悩みもし、
楽しんでもいるわけで、そこがこれまでのスポーツドキュメンタリーとは趣が異なります。

ファインプレーやホームランで感動する野球ファンも多いだろうが
開成野球と出会うことで私は当たり前に見えることをきちんとやろうする姿に感銘を受けるようになった

と著者も書いていますが、ほんと、普通のことを普通にやるのって大変なことなんですね。

そしてこの本では開成高校ならではの、弱い野球をやる意味がOBから語られていてこれも中々興味深いです。

たとえ負けても挫折感は大事です。
今は開成に入っただけでも達成感があるみたいですものね。
それに東大に行けば他の人間より上だという意識がどうしたってありますから、
実はサラリーマンに向いていないんです。
でも野球は学校名ではなくグラウンドがすべて。そこでの挫折感は将来絶対生きてくると思います。


開成高校のように誰しもが認めるエリート、の学校に入る人たちがどういう気持ちでいるのか、
また将来どうなっていくのかなど私にはわかりようもないですが、
うまくいくこともあれば、いかないで自分の至らなさに落ち込むこともある。
そんなどちらの体験もしている人の方が頼りになりそうだし、何より人として面白そうです。

ネタばれになりますけど結局開成高校は甲子園に行けてるわけでもなく、
何かこの本中で目覚ましい躍進があるわけでもありません。
しかし本中で青木監督がおっしゃっているように、学生時代しか壮絶な無駄は経験できないわけで、
結果などない、でも他の野球部では起こりえないおかしくも真剣な、
でも、なんだかゆるいエピソードを、素直に面白がればいいのだと思います。
スポーツものにありがちなとんでもない逆転劇とか、人生の教訓みたいなものを期待すると肩透かし、
なのでご注意を

今日のBGM
Promise ring
Luv and Soul
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する