伏見稲荷

お寺でなくどちらかといえば、神社に寄っていた今回の京都の旅。締めくくりに選んだのは伏見稲荷です。


参道をぬけると稲荷様に着きますが


千本鳥居はどこに?と思ったら案内板がありました。

案内に従っていくと


おおあった、あった、これだ。



鳥居に従って歩いて行くとなんだか坂道になっていきやたらと階段が目の前にあらわれだしてきます。



階段の上にはこんな小さな御賽銭箱がそなえつけられています。



まだ階段が、ある。。


おお着いた。

と思ったら


まだあった。


おお、頂上?にしちゃ中途半端かも?

と思ったらやっぱり


まだ続きが



まだまだ続きがあった。

流石にこれで終わりでしょう。
景色も頂上っぽいし


祀られてる賽銭箱とかもなんか今までのより大き目だし


ああ、我ながら頑張った

って、え?


まじか。

確かにまだ道はあった。。


ホテルのチェックアウトの時間も近づいていたので私は中間地点で断念して野に下りました。

千本鳥居ってどんな感じ?というのを見たいならとぱっくちだけ見て帰るのが吉。千本鳥居がどれだけの長さで続いているか見たい場合は時間に余裕をもたせて山を登りきり下りきるのが良いかと思います。

しかし、こんなに長いとは思わなんだ。他の神社のなんちゃって千本鳥居とはスケールが違いました。

今日のBGM
Naked
Spice girls
スポンサーサイト

テーマ : 京都・奈良 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する