紅白歌合戦

この大晦日は久々どこにも出かけず実家におりまして、これまた久々紅白歌合戦なんぞを鑑賞してしまいました。

最初から最後まで見切ったのはこどもの頃以来。久々だったこともあり私には面白かったですけど世間評はかんばしくないみたいですね。

まあももクロが落ちたかと思いきや、おそらくどこの層からも知名度が低い不思議な演歌歌手が出てきたり、ラインナップが中途半端だった、のかもしれません。

でもねえ、もうみんなが楽しめる歌番組、というのは言うは易くでほんとに難しいんだと思います。CDの売り上げだけで、売れる売れないが決まる時代ではなく、ダウンロードの数や、ネットでどれだけ話題をさらうか、もメジャー度を測る指標になっているし、一方で昔ながらのテレビの歌番組だけが音楽との接点、という世代も人々も実に多い。
さらに「カラオケで歌い継がれているかどうか」も楽曲と世の中への浸透度をはかる一要素にも、なっており、何をもってこの一年したしまれた、と判断するのかほんと難しい世の中かと。

という中でマンネリと言われようがなんだろうが番組を続けていることに意義がある、のかも。

昨年はあちこちできなくさい事件も多かった一年でした。マンネリだろうがなんだろうが家でボヤーッと歌番組を見つつ一年を振り返れる平和がある、こおに感謝した年末でした。

今日のBGM
ギンギラギンにさりげなく
近藤真彦
もちろんデビューしたての頃はただの少年だった
はずだけど
トリの彼の歌を聴きながら
意外とうまいじゃん、なんて思って
しまった自分にビックリ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する