スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

La fonte


6年ぶりに訪れた奄美は、バニラエアー効果なのか、私が記憶している中でもっとも多い人出。

最初の宿泊先のペンションはあまりの予約に宿のおばちゃん混乱状態でオーバーブッキング続出。しかし、そこを笑ってなんとかしちゃい、しかもそれを客の私らにも共有してさらに笑いあう、そんなゆるさは相変わらずでした。

あ、おばちゃんたちの名誉のために言っとくと、ちゃんとお客様には最初平謝りなんですよ。お客様が路頭に迷うとかそんな身にはあわせないし、彼らでやれることは最大限やりぬいて、客側が、ここまでしてくれるんなら、と思うところをちょんと見抜いて笑いにもっていってまして、そこはプロ、なのかおばちゃんの人柄なのか。

さて前置きが長くなりましたがそんな地元のおばちゃんも混乱するくらい観光客が増えれば奄美らしからぬおしゃれなお店もポツポツ出現するのは世の常人の常。

6年前にはなかったこんなジェラートのお店ができてました。



おっしゃれ〜。



写真は店内の様子。中もなんか洗練されてます。



ジェラートはこんな感じのラインナップ。
ほとんど契約してる農園の果物のジェラート。レモンだけはシチリア産だったけど。



私はマンゴーとすももにしてみました。どちらも契約農園の果物なり。ダブルだと400円。
マンゴーはイメージしてたより甘く、あくまでソルベではなくジェラート。すももはそのすっぱ甘さがまさに私の望んだ味そのもの、でした。
ただこれは好みの問題でどちらも丁寧に作られたおいしいジェラートであることは間違いないかと。

あとコーヒーもブラジルの有名なものを取り扱っているみたい。私はコーヒーにくわしくないからわかんないけど。

空港から倉崎海岸、手広海岸方面に行く途中にあります。白くて目立つお店なのですぐわかると思います。

今日のBGM
Love letter
Luv and Soul
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。