ニューカレドニア お酒事情

ニューカレドニアはフランス領。
フランスっぽいところもあるしそうでもないところもあります。

まずフランスっぽくないところとしてはお酒の販売に関する厳しさです。
スーパーなど雑貨店ではお酒は昼12時までと夜21時以降でないと
買えないのです。
しかもビールなども冷やして売ってはいません。
これは、こどもが学校から帰ってきて寝るまでの時間
気安くアルコールを買えないようにという配慮のもとらしいです。

一方ワイン屋さんは結構あちこちにありまして、それは
やっぱりフランスって感じでした。
ワイン屋さんは昼12時以降もあいてますが、ビールは売ってなくて
あくまでワインだけ。

私が滞在中よったお店はこの3件

ワイン屋その3

一番有名であろうお店はこちら
スーパーマーケット シンプリーのすぐ近く。
品ぞろえも豊富でさすがな貫禄だけど
店員はいまいち冷たいっていうかなんていうか。
私がいろいろワインを物色していたのに
声をかけるでもなく無視。
ま、お安めのものしか見てなかったから見下されちゃったかな。

2件目はこのpavillon des vinsからアンスバタの海に戻る途中にあるワイン屋さん。
ワイン屋その2

こちらは2回ほどお世話になりましたが、2回目に接客してくれた店員さんは
いい子だけどあきらかに「バイトさん」
何をアドバイスしたらいいんだかわからず困ってる風でしたが
1回目に接客してくれたおじさんはおそらく店主で、どういうワインがほしいか
値段など聞いてくれたうえで、いくつか選択肢を示してくれました

ワイン屋その1 336

3件目はアンスバタからすぐのワイン屋さん
お散歩途中で見つけました。
地の利もよいし、あとおじさんもすごく親切。
Locheに合うワインということで見繕ってくれたワインもとても
よかったし、今すぐ飲むならもっと冷たくなっているほうがいいね
とわざわざ奥から出してくれたり気が利いてました。

高級なワインを飲みたいなら1件目だけど、気軽にワインを飲みたいんです
なら2件目3件目がおすすめです。

今日のBGM
コワレモノ
The Bakhorn








スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する