自然災害思わぬ影響

昨日は全国で暴風だったようで。
まさかそんな暴風になるなんて思いもよらなかったのですが
思いがけず昨日は早く帰れまして、交通マヒに巻き込まれずに
すみました。

想定外の暴風で、ん?いったい何がおこってるんだ、と
ニュースを検索したら、毎度おなじみの爆弾低気圧
で、私がみた予報は落雷注意報も出てました。

そこには、落雷に向けての注意がいろいろ出てまして
結構いろいろ勉強になったんですよ。
たとえば、部屋の中にいても、落雷がある場合は
壁に近寄ると危険、とか。

へえ、でもまあ鉄筋ならそりゃそうよね。
と思ったのですが、さらに!!な衝撃が。

水道も、落雷時は水道管を通して電気が通ることがあるので
お風呂や、炊事、洗濯は厳禁、とそのサイトには書いてありました。

へえ・・・知らなかった。

そもそも雷ってそうそうしょっちゅうあるものじゃなかったと
思うんですね。あってもゴロゴロ・・と遠くの方で音がして
それで終わり。今みたいに、あ、近くで落ちた、すごい音、
という雷が年に何回もあるものじゃなく
そうそう雷に神経質にもならなかった気がします。
でも今は落雷注意報、といわれれば、まずい電車がとまるかも
とか、家の電気大丈夫かな、とかいろいろ思うようにはなりましたし
そもそも落雷注意報という言葉に?とも思わず、いつ?どれくらい
と詳細を確認するようにもなりました。

自然の脅威というのは今に始まることなく
感じていたものですが、ここ数年は本当に
脅威を実感することが増えましたし、生活が便利に
なった分思いがけない形で自然のこわさ、を感じることが
増えました。

自分の知っている範囲で安心せずに、自然災害には対峙していかないと
いけないですね。

今日のBGM
マリワナ伯爵
サザンオールスターズ
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する