戦場のピアニスト

戦場のピアニスト

一言で言って救われない映画です。
映画の底にあるテーマがナチス、なので救われなくても
当然なのですが
ただただユダヤ人迫害を描いているだけでなく
とてつもない統治下にある中で勇気をもって人類愛に
生きた人たちが必ずしも報われない、というところに
この映画の救われなさがあります。

おそらく誰もが胸をつかれるのは、それまで迫害する側であった
ドイツ兵に、主人公のピアニストをかくまい救ったドイツ将校が
ポーランド人に罵倒されるシーンでしょう。
罵倒したことを悔い、その将校のことをピアニストに伝えるシーン
の直後に、ショパンのピアノ協奏曲が流れていきます。

普通に聴いたら普通に美しく上等な音楽なのですが
それまでの映画のさまざまなシーンを思い返したとき
これほどまでに美しくも重い協奏曲がどこにあったでしょうか。

人の残酷さと美しさと強さ、相通ずるようで矛盾する思いと
事実が迫りくる、すさまじい映画です
スポンサーサイト

テーマ : 映画 - ジャンル : 映画

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する