スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化はぜいたく品でなく生活必需品です

タイトルの言葉は私の言葉ではなく
17日の朝日新聞に掲載されたアニエスジャウイさんの言葉。

彼女はこの後こう続けます
「経済的にも貧しくても美しい音楽や映像に触れる機会は
平等に保障されるべきです。自分とは違う他者を理解
することで、人種差別や戦争、自身の孤独と闘うすべを
培うことができるからです。


その国をうやまい、何より興味をもてるようになるのは
政治的な動きや経済の発展によるものよりも
やはり文化によるところのほうが大きい気がします。
ミャンマーにしたって、アウンサンスーチーさんの活動や
弾圧の報道を通じて感じる関心と、かの国の仏教文化を
通じていだく関心はやっぱり大きく違う。
どちらも大事な関心だけど、自分にひきつけて「感じる」
ことができるのはやはり文化によるものであり
理屈でなく感じたことほど共感度も高くなるんでは、
と思います。

なお17日の朝日新聞はこの記事以外にも読み応えのある記事
満載。こういう記事がたくさん出ていたら新聞も買う意義があるってもんですよ。
まあ論拠的にやや乱暴なものもありはしましたけど、誰にでも書ける記事でなく
記者のこだわり・息遣いが感じる記事はやはり読者の目にとまるものと思います。

今日のBGM
これが私の生きる道
PUFFY


スポンサーサイト

テーマ : アート - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。