金閣寺

金閣寺

わかっていたんだけどなあ・・・
でももしかして、という思いでとったこの本。

仮面の告白を読んだとき、この人の作品とはどうも
相容れない・・・と思ったのに、金閣寺の書き出しの
数ページで、もーしかしてもしかしたら
この本は何か違うかも、という期待を抱かせた・・・
のですが

結果は同じでした。
私には相容れません。
この小説の世界にどーしてものめりこめないんですね。
こんな世界を描いてどうすんの、という思いで私の
頭はいっぱいになってしまうのです。

でもまあ、三島由紀夫という人が
とてつもない才能をもっていたんだろうことは
わかりました。登場人物の屈折した感情の描き方
常人には理解しがたいエピソードを掘る力
そしてそれらを描くために使うおびただしいばかりの
語彙。
どれをとっても、彼の恐るべき力をまざまざと見せつける
のに不足なしです。

とはいえ。
小難しいこと書きやがってなんだこれ?と思った編集者が
いても不思議はない気もするんだけど。
当時の編集者はみな彼の作品から衝撃を受けたのか
それとも?が頭にうずまいたのか
どちらだったのでしょうか?

今日のBGM
やさしい嘘
小南泰葉






スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する