スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミャンマーメディア大改革

ミャンマーを訪れてすでに3年たちました。
3年の間のミャンマーの変わりようといったら。

ミャンマー直行便がでるなんて、3年前だったら考えられないし
ましてや、ヤンゴンのホテルが予約でいっぱいだとか
ヤンゴンの空港にマルハン(パチンコ)の大広告が出てるとか
駅で写真がとれるとか
うれしいニュースがいっぱい。
本当に穏やかで正直ないい国だもの。
もっと多くの人たちにこの国のことを知ってほしいし
なによりミャンマーがビルマとなって
正しく幸せに国民のみんなが笑ってくらせるようになってほしいと
心から思います。

先日NHKでミャンマーメディア大改革という番組が流れていました。
まあ3年前のことを思えば、こういう番組ができていること自体びっくり。
週刊誌や新聞があることにもびっくりだし
政府に批判的な雑誌や新聞記事が出ていることにもびっくり。
そしてもちろんまだまだ不正や疑惑、そして経済発展途上の段階では
不幸にもどこの国でもおこりがちな公害の問題と課題は山積していますが
それをちゃんと(多少の妨害はありながらも)取材し記事にしているメディアが
あることがこの番組から感じ取れ、たった数日旅行しただけの私ではありますが
大変うれしく、なんか胸がいっぱいになりました。

うん、この国はすごい、大丈夫だ、と思ったのは最後のくだりで
アウンサンスーチー氏に対して功績と課題両方を論じる記事が
主要メディアから出ている、というところです。
一方に偏りすぎず、バランスの良い議論をしようとしているところに
この国の知識層の知力の高さが感じられようというもの。

たった数日だったけど旅してすっかりファンになった
ミャンマー(ビルマ)の発展を願うばかりです。

今日のBGM
夜を超えて
Asian Kung Fu Generation



スポンサーサイト

テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。