Song to Soul

誰がなんといおうと私の中でHUEYさんは別格、のミュージシャン。
理由なく好き、というその熱さゆえに。
そのお姿、声を聴くだけで腰砕けになってしまいます。

別に「腰砕け」にはならないけど
ひきつけられてしまい、聞き入ってしまうアーティストが
もう一人。

それはQUEEN
正確に言えばフレディーマーキュリー

正直彼が生きてる間はさほど、注目はしてなかった
(なんせHUEYさんを追いかけるのに夢中だったし私も若かったし)
のですが、彼がなくなり、さらに自身が年を重ねてから
聴くQUEENのそのサウンドの奥深さ、ボーカルのすごさ、
楽曲の唯一無二さに圧倒されるばかり。

ある番組でローリー寺西が
QUEENのすごいのは、サウンドが誰にも似ていないところだ
と語っていましたが、確かにその通り。
彼らに影響を受けたところで彼らのようなサウンドはつむげない
んじゃないかな、と思います。

どの楽曲もすごいけど
やっぱり、きっとその楽曲を作ったフレディと
その楽曲を恐るべき粘り強さで録音したバンドメンバーには
神がおりてきたんだろう、そう思わざるをえない
ボヘミアンラプソディ

クラシックのように、代々演者が変わって引き継がれていく
楽曲とはまた違い、フレディーのボーカルごと引き継がれていく
そんな新時代の楽曲として生き残り続けていくんじゃないかな。
生き残り続けてほしいな、と思います。

今日のBGM
Bohemian Rhapsody
Queen
スポンサーサイト

テーマ : 音楽 - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する