Café d’Alsace

さて、香港から乗り継いでパリに着いたのは早朝。
ホテルに荷物を置いていざコンコルドを歩き、オランジュリーでモネを
見て、じゃあ次はグランパレでもいくかいな、ということで
シャンゼリゼまで地下鉄で移動してみたら、もう時間的にはお昼。

特にこれというあてもなかったので、入ったのは
Cafe d'Alsaceというお店。
シャンゼリゼど真ん中、これはもう観光客向けの
追い込みの店でしょうな、と特に期待もせずに入ったのですが
なんのなんのこれが結構おいしかったんださわさ。

オードブルと、メインとがくっついたよくある定食をオーダー。
母と2人で(今回のフランスは母親と一緒でした)違う種類のものを
頼んで、こっそりシェアしあいました。
(分け合うのはお行儀悪いとされているらしい。ま、おおっぴらに
 しなければ見て見ぬふりをしてくれますがね。やっぱりちょこちょこ
 違うもの、食べたいよね?)

最初のオードブル(entrée)

よくある(そしてたいていはずさない)パテ
cafe dAlsace Enrtree


そしてサラダ
cafe dAlsace Enrtree2

バカげた量でなくてよろしいぞ。
味もさっぱり。ま、でもパテの方に軍配はあがるかな。

メイン(Plat principal)は


鶏のコンフィと

cafe dAlsace viande

おなじみシュークルート

cafe dAlsace viande2

どちらもとてもおいしかった!

あとで調べてみたらここ、au pied de cochon とかオペラ座グランドホテルのgrand café とかと
同系列の営業だった模様。どこも超一流店って訳ではないですが、安定的においしい食事を出してくれる
お店として知られていますね。って言いながら、au pied de cochonは行ったことないんだけど。
なるほどね、と合点がいきました。

シャンゼリゼでほかにお店っていうと、ピザ(フランスのピザはなぜかおいしくないのよね)が大半。
ピザよかここのほうがちょっとお高め(お昼で25ユーロ)ですけどおすすめだと私は
思います。

今日のBGM
You never asked feat Clare Maguire and Danny Brown
The D.O.T
スポンサーサイト

テーマ : フランス - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する