スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員法廷

裁判員法廷

友人とふとしたきっかけで、裁判員に招致されたらどうするか?ということで
ちょっと話し合った翌日に見かけたこの本。
なんとタイムリーということで、手にしてみました。

作家さんのお名前にとんと疎いもので、最初はドキュメンタリー
的な本なのかと誤解してましたが、なんとこれ推理小説なのですよ
裁判員として招致された読者が、裁判で争われている案件について
謎を追っていく形がとられています。

裁判ですから検事側の事件に対する見方と、弁護側の事件の見方
両方を比較しながらどちらの言い分が合理的であるかを
争うわけですが、よくあるドラマのようなけんけんがくがくの
争いというよりは、検事の方が最初はひたすら攻めて、弁護側は
守るでも争うでもなく、ひょうひょうと、しかし実はじわじわと
検事側の論点の矛盾をついていき、最後は結局・・・

最後を語ってしまうとネタばれになりますのでこの辺で。
う~ん、現実こんな展開になる裁判ってそうそうないだろうなあと
思ってしまったりもするのですが、
そんな馬鹿なと思いながらも、その現実離れ感がことさら
小説の面白みを減らしたりすることはありませんでした。

普通の推理小説でなくちょっとひねった推理小説を
読みたい、という向きにはおすすめです。

今日のBGM
高気圧ガール
山下達郎







スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。