また選挙なわけだけど

なんだかとうとう選挙にあいなるみたいで。
与党民主党からは選挙の敗北を見越して、ではなかった
党の政策に共感できず離党者が出たり、新党がたちあがったり
なんだかいろいろあわただしいですな。

私が危惧していること。
それは、またまた選挙によって極端に議席が動いてしまうこと。

なんだかそれってちょっとあほっぽくないですか、と思うのです。

あんなに民主党を持ち上げて、あれだけの大勝をもたらしたのは
誰でもない、国民の責任。
なんで、あそこまでの大勝をもたらしておきながら
あんな内閣支持率になったのか。
いやまあ支持率はあんなもの「人気投票」みたいなものなので
おいておくとして、あそこまで国民に支持を受けた政党の内閣が
もたらした成果と過失はいかほどのものだったのか。

期待していたのに、成果が出なかった、というのが投票に投じた
国民の気持ちでしょうけど、選んだものの責任をどう考えるのか。
なんで期待を大幅に下回る成果を出しえなかったのか。
見る目のなさを振り返ることなく、ただ現状がいやなのでなんでも
いいので変えてほしい、ということだけで選挙を繰り返しても
日本の政治は進化しないんじゃないですかね。


私は前回民主党に票は投じなかったものの
格段民主党ではだめだという明確かつロジカルな確信も
もちえていなかったよな、と思っています。
曖昧かつ感覚的な考えで投票に投じたという意味合いでは
私も偉そうなことはいえないわけで。

国民の一人として、誰に、どこに投票するかだけでなく
なぜ、そこに投じるのかを今回こそはきちんと考えたいな、と思います。

今日のBGM
LOVERS partIIfeat.若旦那
加藤ミリヤ
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する