友達づくり 苦手でいい

23日の朝日新聞1面に出ていた社会学者 土井隆義さんのメッセージです。
今話題になっている自殺と学校の関係性をずばっとついているそんな気がする
メッセージを彼はあげています。

特に秀逸だと思ったのはこのメッセージ。

過去に創造的な仕事をした人の多くは、孤独を抱えていました。
人と違うから独創的な仕事ができるのです。空気を読み、周囲にあわせる
必要はありません。
人間関係は偶然の出会いの産物。学級なんてあなたの意志とは無関係に作られている。
級友との関係にこだわる必要はありません。
自分を「生まれつきのいじられキャラ」などと決めつけないでください。
中学校でしんどくても康応に上がるだけで世界は変わる。
学校で全然目だなかった人が、社会に出たとたんに生き生きする例もたくさんあります。
今友達づくりが苦手でも、まったく気にする必要はないのです。


相手がいやがることをすることはやめましょう、と私たちは子供のころから
言われ続けてきた気がしますが
最近ふと思うのです。いやがること、の範囲が広すぎやしない?ということを。
自分と同じように感じ考えない人を「いやなやつ」で片づけてしまいすぎてやいないかと。

人の心や体を傷つけるようなことは断固として許してはならないけど
「違うこと」については認めていくコミュニケーションが必要。
明日以降の記事にも関連しますが、「違うこと」を認め合うコミュニケーション
相手に求めるだけでなく相手の弱みを助け合うコミュニケーション
昔だったら家族や親族との付き合いの中で学んでいくこんなコミュニケーション
を社会は学べなくなっているのかもしれません。

日々の人間関係で学べないのだとしたら意図的に教育していくしかないのかも
しれません。なんだか寂しい気もしますが・・・。

今日のBGM
情熱で胸アツ!
T Pisotonz+KMC

アイドルなの?それとも?
その昔のHIROMI GOを思わせる
暑苦しいけどシンプルな曲調
うまいとはいえない歌唱力
でもへたまではいかず、個性的ではある
いったいなにもの?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する