なにわバタフライ

三谷幸喜氏脚本・演出の戸田恵子さん主演の
ミヤコ蝶々さんの一生を題材にした一人芝居に行ってきました。

戸田さんの演技力には定評あるし、三谷さんの脚本・演出なら
そりゃもう間違いないでしょ、ってことでとったわけですが。

はい、それはもうものすごい高いレベルのお芝居を堪能できました。
なんせ戸田さんがうますぎる。
舞台の隅々まで届く声、緩急もついていて、ひとり芝居独特のわざとらしさも
感じさせずにここまでやりきれるのはすごい。

ただ・・・ただ、脚本はね、悪くないんだけど蝶々さんの女心や
波乱万丈だからこそ、達観できる人生観などの描き方がやや
表面的な気もしました。

私は彼女自身が書いた女の履歴書 女優の運命を読んじゃったので
なおのことそう感じちゃったのかも。
蝶々さんの色恋模様ではなく、喜劇人としてのこだわりどころにフォーカスしたら
もっとジャストフィットな芝居だったかも。

とはいえ、高品質なお芝居であることは間違いないです。
冒頭であらゆる脚本の「ありえないパターン」を出して揶揄しているところなど
さすがで、これはきっとあの脚本家のあのパターンを言っているんだろうなあ
などと勝手に想像すると面白み倍増です。

今日のBGM
残すべきもの
FireBall
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する