仇敵


池井戸潤氏の一冊。一冊読んだらすっかりファンになり、彼の本を見かけるとつい手にとるようになりました。

今回もまた読み応え満載。短編の積み重ねのように見せながら全編巨大銀行の不正を暴く一本の糸のような構成になっていますが、その糸がなくともひとつひとつの短編の完成度が高いので、読み切りとしてもいけます。実際これらの小説は連載だった訳ではなく読み切りでとぎれとぎれに雑誌に掲載されていたようです。

まあ突っ込もうと思えばいくらでも突っ込めるところはあるんですけどね。一庶務行員がいくら過去大銀行エリートだったからといってここまでリスクの高い調査ができるのか、とかいくら自分の利益を保守するためといいながらこんなに人を簡単に殺しちゃうか、とか、ここまで大胆な裏金がばれずにくるなんてことがあるのか、などなどなどなど。

でもそういう?を差し置いても読者をあっという間に小説の世界に引きずりこむその手腕はさすが。がっかりさせない一冊です

今日のBGM
ワンダフルワールド
ウルフルズ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する