瀬戸内少年野球団

瀬戸内少年野球団
もういまや30年?!以上前の作品。
作品よりもなによりもそんな昔ってことにびっくりですけど
ケーブルTVで放映されていたんでついつい見ちゃいました。

タイトルからして、野球を通じた感動話なんだと思いきや
野球は、なんというか・・・あってもなくてもどっちでも。
原作の小説を読んでないんでなんともいえないんですが
映画に関して言えば野球の逸話はとってつけたような感じがし、
野球のエピソードがが出てくる前の逸話のほうが説得力があり、
リアルで魅力的でした。
野球好きの私からしますとそこは不満。

・・・ですが、その不満をどうでもいいように思えてしまうぐらい
夏目雅子が美しすぎます。
もうこの美しさは奇跡。

そして誰も注目しないだろうけど、大滝秀治も秀逸。
いや、いつでも彼は同じ演技なのよ。
北の国からの演技もこの映画の演技もまったく同じ。
同じ演技のはずなのに、どの作品においても
説得力があって作品に深みを
与えちゃうってその存在感はなんだろう。

ということで映画としてはちょっとどうかな?と
思うところも多々あるのですがそれをも超える出演している
俳優・女優の演技に圧倒される作品です。
いまやハリウッド男優の渡辺謙も今ある意味話題の紳助も
また意味深な役で出ています。

今日のBGM
Misty Mistery
Garnet Crow
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー - ジャンル : 映画

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する