9月大歌舞伎

歌舞伎

新橋演舞場で久々の歌舞伎。
以前は震災前に亀治郎さんの於染久松色読販以来。

あのときは、劇場とかそのほかもろもろでやや私的にはややもやもやした
感じが残ったので、久々の新橋演舞場での歌舞伎でちょっとテンションあげあげ。

演目は
一、沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)
 
二 襲名口上
三、車引(くるまびき)
四、石川五右衛門(いしかわごえもん)
    市川染五郎宙乗りにてつづら抜け相勤め申し候


沓手鳥孤城落月は福助の演じる淀君が圧巻。本当は芝翫さんが、演じる
はずだったんですがご病気で福助さんが代演されていました。
狂った淀君をときにユーモアもちょっぴり利かせながらでもさいご
物悲しさとおどろおどろしさをちゃんと残して演じきる様子はさすが。
正直申し上げますと1幕目のたちまわりがもたもたしていてちょっと
私的にはがっかり、だったので福助の芸達者に感謝、な感じ。

休憩をはさんで又五郎さんと歌昇さんの襲名の挨拶。
私襲名挨拶を見るのは初めてだったので面白かったです。
ご挨拶の中にもありましたけど、襲名するまでも大変そうだけど
襲名した後もいろいろ大変そうで・・。
でもこうした襲名という節目を芸を高めていくためのひとつの
大切な機会にしていきながら歌舞伎は続いていってるんだろうなあ、
とぼんやり思った次第です。

車引きは、又五郎さんのための演目って感じでしたかね。
大仰な言い回し、派手なメーク、目と耳に楽しいザ歌舞伎、という感じ。

最後の石川五右衛門はタイトルどおり、見所は染五郎さんの宙吊り
なんでしょうけど、私はお公家さんをいじり倒して面白がっている
台本のほうが面白かったです。宙吊りは・・・まああってもなくても
私的にはどちらでも。

演目的には、もっと派手にもっと見せてくれよ、というところも
私的にはなくもなかったですが、やっぱり大きな劇場で見る歌舞伎は
いいよなあ、という思いを新たにしました。

今日のBGM
どんな未来にも愛はある
flumpool
スポンサーサイト

テーマ : 歌舞伎 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する