屋形船から見える夜景

職場でやや恒例になりつつある夏の屋形船企画。
今年もつつがなく(?)おこなわれました。
浴衣をあしらえた輩も多かったですが私はジーンズで。
だってめんどくさいんだもん&私浴衣とか着物って似合わないのよね。
背がむやみに高いんで、春巻きみたくなっちゃうのよ・・・。

ま、何を着ようが目の前に繰り広げられる景色はみな平等に同じ。
屋形船はそこで味わえる天ぷらももちろんいいんだけど
なにしろ景色がごちそう

まずは夕闇の景色を楽しんで

夕闇のお台場

夕闇のお台場2

他の屋形船がやみにくっきり浮き上がるのも素敵

他の屋形船

そうして船をみているといつのまに
他の屋形船2

夜になってゆく

お台場の夜景

節電が当たり前の昨今、それでも人がいれば電気はこうこうとつくわけで。
結構明るいなと思いますけど、これ↓去年のお台場。
やはり比較すると節電しているんだな、ってことはわかるかも

お台場

お台場でしばらく停泊した後
船ならではの醍醐味で橋の下をくぐり

橋の下を通るの巻

くぐり終わって橋の様子を垣間見る。
夜景が綺麗

きれいだなあ、でもやっぱ去年に比べると電気おとしているよな、
うーん気のせいかな?と思って去年の写真を見てみると

レインボーブリッジ夜編

やっぱり明るい。
こうやってみてみると私らはいかに無駄なことをしてきたかってことですね。。
もっとも屋形船に乗ること自体無駄じゃないかといわれればもう
ぐうの音もでないんですけどね。

船は隅田川を渡って勝鬨橋を通り
勝鬨橋

隅田川付近のマンション街を見ながら
隅田川近くの夜景

出発した浜松町近くの船宿に戻りました。

ちなみにお代は2時間半で食事・飲み放題がついて一人1万円なり。
貸切じゃなくても1万くらいしちゃうから今回は割安でしたけど
でも気軽にほいほい乗れるもんじゃないですね。

春夏秋冬いつでも乗れますが船の上で味わえる涼風の気持ちよさは
夏ならでは。
どうせ乗るなら夏がおすすめ。
ただし隅田川花火大会のときはお値段3万円くらいにはねあがるみたいなんで
そこはご注意を。まあそもそもそこまでお金を出してもそれでも予約殺到で
大変みたいですけどね。

今日のBGM

ORANGE RANGE
スポンサーサイト

テーマ : 東京23区 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する