壺屋 群青

壺屋は前ご紹介したようにさまざまな壺屋焼きのお店が並んでいて
それはそれは至極のときをすごせるわけですが、
当然ながらお店にはそれぞれ個性があります。

個性がある、ということは当然お店と客との相性
といいますか、わかりやすくいうと好き嫌いはわかれるわけですね。

ただ私の場合、さほど沖縄通ではなく、壺屋を訪れたのは
迷い込んだときを抜かせば今回で2回目。
前回訪問の記憶は薄れてましてどこでお皿を購入したんだったか
すっかり忘れておりました。

数々のお店を見ながら、見るのは楽しいけど
買うまでは至らないなあ、今回は見るだけで終わりかな
と思いはじめた頃訪れたのが群青

群青

お店の中でお皿を見始めたときやっと、記憶が戻ってきました。
ここ、前回きたよ!お皿買ったよ。そうそうすごく好きなお皿が
てんこもりのお店だったよ、と。

ちなみに以前買ったのはこんなの。

白菜と豚肉のピリ辛炒め

ゴーヤ&スパム

特にこのくし目のはかわいい&買ってから気づいたんですけど
私の手持ちのお皿にあいやすいのです。
私の手持ちのお皿は赤基調のものか青基調のものが多いのですが
どっちとあわせても合うんですよね、このお皿は。
なのでこれでおとり皿とかあれば、いいなと思ったら

取り皿

まんまと(?)ありました。
お買い上げ。

小皿も発見。こちらもお買いあげ

お小皿

さらに
おはし置き

お箸置きもあったのでこちらもお買い上げ
お小皿、お取り皿は4枚ずつかったのですが
トータルで11190円なり

で、お店の方が
「くしめがお好きなんですね。ではこちらはおまけです」
とお湯のみをつけてくださいました。

お湯のみ

私今まで
なかなか気に入ったお湯のみがなくって
祖母宅から譲り受けた日本茶用の茶器しかなかったのですよ。
お番茶をがぶがぶのみたいときなんかは不便このうえなかったのですが
これからはこれにて一件落着?

ということで満足満足なのですが、うちの食器棚はもはや芸術の域にまで達した感じで
食器が重なり合っています。いやはや・・。

今日のBGM
Hello
YUKI
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する