大東寿司

那覇空港でこんなものをみかけました。

大東寿司

なんか聞いたことある~(←我ながらばかっぽい反応ですね)
与論の食べ物事情にやや不安を抱えていた私は空港でこれを買って晩御飯にすることに
しました。

中身はこんな感じ
大東寿司中身

どんな味なんだろ?もしものすごくくせのある味で
私には受け付けないものだったりしたら・・・

と一瞬不安が走りましたが、そんなことはありませんでした。

当然魚(さわら)なのですが、味付けはかんぴょうのお寿司みたいな味付け
・・・ってわかります?要は甘辛い味付けなのです。
漬け、といえばお醤油、の観念がある江戸っ子の私的にはちょっとびっくり。

大東寿司というのはこういう味付けなのか
それともこのお弁当版大東寿司の特性なのかはわかりませんが
空港で気軽に買えるし、話のネタにひとつ買ってみるのもいいかも
しれません。

今日のBGM
ねえ
Dreams Comes True
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

コメント

No title

もともと大東島は、八丈島からの移民で発展した島なのです。
八丈島は東京文化、でありまして
もともと八丈島で作られていた漬けの寿司が
大東寿司のルーツになっています。
(もともと沖縄には、こういうにぎり寿司文化はない)
この寿司が甘いのは、このお店の個性でしょうね。
那覇でもいくつか大東寿司が頂けるお店がありますが
あっさりした醤油漬けのところが多いですよ

なるほど

なるほど~。勉強になります。
言われてみれば、づけは江戸前寿司の技術ですね。甘辛いのは保存のことを考えてのことかもわからないです。醤油漬けのやつ、食べてみたい!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する