スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シドニー 街観

オーストラリアには旅行ではなく、ちょっとした用事で行ったので
正直、事前の情報収集はほぼほぼ0状態で訪れました。

事前の勝手な印象的には
緑が豊かで気候は温暖で
人々はなんだか陽気で明るくて、のんびりしている、
というイメージ。

実際は、といいますとほぼほぼイメージどおりでした。
ほんの数日で何がわかるんだ、というご意見もありましょうが
なんといいますかね、眉間にしわがよったような人があんまり
いなくってみんな本当にのんびりシドニーはオーストラリアの
まさに中心地なのでしょうが、
それでも、広い公園があり、合間合間に並木やら芝生やらがあって
人々はのんびりそこで散歩を楽しむ、という理想郷のような
空間がありました。

そんな中で一つ意外だったのは
なんとも趣きある伝統ありげな建物があちこちにさりげなーく存在していたこと

シドニーの建物

時計台?

デパート

デパートその2

・・・ちなみに建物の中はごくごく普通でした

あと、なんだかやたらとHOTELが多いなあ、と思っていたら、
その昔は、ホテルの中でしかお酒を出せなかったそうで
ホテルで宿泊代をもらってお酒を提供する形で
バーが経営されていたそのなごりで、バーなんだけど
HOTEL 〇〇 という名称のお店が多い模様。

まあだからなんだ、というネタではありますが
でもやっぱり異国に行くと、なんてことない街の中にでも
いろいろ面白く趣き深いネタが転がっているものですね。

今日のBGM
I was Born to Love you
Queen

スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。