スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本 こども 絵本

本 こども 絵本

「ぐりとぐら」でおなじみの中川李枝子さんによる、絵本論。
挿絵がこれまたぐりとぐらの挿絵を担当された妹の
山脇百合子さんの手によっていることにより、
中川さんが大事にされている「絵本とこどもの世界」
がじわじわと読者の心に広がってくる感じがします。

本を読むことの前哨戦が、親やあるいは園の先生に
読んでもらう絵本の体験、なのかもしれません。
自力で本を読み、文章から感じてくるさまざまな思いと
幼い頃に絵本を通して頭の中で思い描いた、気持ちとは
やはり何かが違う気がします。

それは、発展途上である「こども」だったからこそ
本から感じとる感受性が相当に高かったから、ということも
あるだろうし、おそらくは、こども特有のしつこさ
・・・何度も何度もくり返し飽きることなく読み続けた
からこそ広がるイメージの深さ、それも大きいのかなあ。

新しいもの、珍しいものに飛びつくのはむしろおとなになってからで
幼児のうちは見慣れたもの、使い慣れたものがよいのです。
それでじゅうぶん生来の知りたがりやぶりはいくらでも発揮する
ことができます。というのは同じことのくり返しのような生活が
子どもにとっては決してそうではないからです


ぐりぐらぐりぐらぐりぐらら

今でもそらんじることができる、ぐりとぐらが
ホットケーキができあがるまでに歌っているあの歌。
私の中では誰に読んでもらってその歌が自分の中に
収まったのか記憶は曖昧なのだけど
母親なり、まわりの大人なり、誰かのひざのうえで
満ち足りた気持ちで本の中で
ホットケーキが焼きあがる瞬間を待っていたのでしょう。
記憶にはっきりとは残らないけど、でもそういう瞬間を
持ちえた子ども時代をもてたことを、感謝したい。
この本を読んでそんな思いにかられました。

この本をよむべきは、本来は「保育者」だったり幼子をもつ
「母親」だったりするんでしょうが、大好きだった絵本を
1冊でも持っているのであれば、なにげなく読んでいたり
読まれていた絵本の意味合いをしみじみと感じ入るそんな
感慨をもてることと思います。

今日のBGM
遠くへ行きたい
chage
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。