スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長丁場の覚悟

そろそろ余震も落ち着いてくるであろうから
普通の話題に戻して気持ちだけもあげあげに・・・

と思うたびに余震がおき、新たな問題が勃発するのはなぜなんだ・・・

このたびの地震まわりのことで、想像と大きく違っていたこと。
それは日付がたてばたつほど、問題が大きく広範囲になってくる
ことでした。

日付がたつにつれて、なんらか復興のきざしがみえてくる、
というのが地震直後の私の楽観的な思いでした。
ところが次から次から問題が生じ、不安が増大してくるのは
どうしてか。

救われることといえば、市井の人たちの冷静で誠実な態度のみです。
東北の人たちの感心な態度はもちろんのこと
何かと批判にさらされがちな関東の中にも
不要な買占めにはしるのはやめようよ、とACで流れる前から
ちゃんとお互いいさめあったり、
苦しい家計の中から募金を出したり
この苦しい状況下、そんなの当たり前、なことかもわからないけど
当たり前のことを当たり前にやりきるのって結構大変なことですよ・・・。

ところで。
私数日前のブログで政治家のことをむやみに批判するのはやめましょう
と書きました。
その思いは今も変わっちゃいないんだけど
一人だけこいつだけは許せん!という閣僚が出てしまいました。

誰もが疲れている中で一人、肌つやいい顔色で
混乱させる記者会見を開いたあげく
命の危険も顧みずに福島の火災を鎮圧に向った消防隊に
命令に背いたら処分だと言い放った閣僚です。

あ、この放言については、やや報道側のうがった見方が入っている可能性も
あるんで、真実はわからないわけですが、でもね、この放言が
デマレベルの話なら、当閣僚は即刻激怒で報道側に申し入れしなくちゃ嘘だと思う
わけ。
具体的に何をいったのか私は知る由もありませんけど
ある程度似たようなニュアンスの発言をしたんでしょうね、と国民は受け取らざるを
えないかと。

混乱があるのはしょうがない。
でも自身は安全が保障されているところにとどまっていながら
命をかけて仕事をしている人への誠意を見せることすらできないなら
もう何もしないほうがまし、と思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。