長い1週間でした

長い1週間が終りました。
平常に戻りつつありますが、思い出したように余震もあり
ちらほら停電もあり
電車もまびかれ
スーパーからものが消え
それでも日常はまわりはじめています。

東北ではまだまだ凄まじい状況が続いています。
でも人はなき続けて呆然としているわけじゃない。
時に笑い、時に励まし、時にいたわり
みんな真剣に生きています。

この1週間私は仕事をするということ
それも一人ではなく多くの人を巻き込んでいくということ
その意味をずっと自問自答しました。
正直言って今までそんなこと一度も考えたことはなかったです。

地震があろうがなかろうが
私たちはいつどこでどんなことに巻き込まれるのかわかりません。
事故にあう可能性だってある、
なにかの事件に巻き込まれるかもわからない
生きる死ぬ、までには至らずとも、ちょっとした一瞬の
違いで、恐ろしい思いや至極不便な経験をしいられたり
そんなリスクは常にどこにいようがあるわけです。

そういうリスクを背負いながら
ときに個人的ないろんな事情を抱えながら
みんな自分達に課せられた役割を真剣にこなしています。
そんなことは当たり前、と感謝することもなかったけれど
今は本当にあらゆる人に感謝したい気持ちで一杯です。

また、逆に、この人たちの思いを無駄にしてはいけない
この人たちの厚意があだになることをしてはいけない
というプレッシャーも強くなりました。
今まで味わったことのないプレッシャーに戸惑うことも
多いけど、ここを乗り越えたら私はもっと強くなれるし
やさしくなれる気がします。
スポンサーサイト

テーマ : 地震報告!!! - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する