地震お見舞い申し上げます

各地地震被災お見舞い申し上げます。
私自身は東京で地震に遭遇しましたが
東京ですらそれなりにおそろしく、また緊張・緊迫の連続の
思いをしましたから
東北中部北陸地方で被災された方はいわんやをやだと思います。

私も友人が仕事で東北にいる旨メールで知り、
(まあそれは私がのんきなメールを送ったからですが)
彼女の置かれた状況に胸を痛めているところです。

彼女への返信メールは送らないでおきました。
電力にも限りがあるだろうから、健康に支障がおきたときの
ために携帯電話はとっておいたほうがいいだろうからね・・。

たとえライフラインが復活し、一見日常が戻ってきたように
思えたとしても被災でうけた心の傷は容易にはいえないはず。
これからが本当の正念場だと思います。

私自身は、会社でかえるに帰れなくなったスタッフと会社で
徹夜。インターネットで情報を取得しながら様子を探り
一番遠くに住んでいるスタッフがなんとか電車を乗り継ぎかえれる
ルートを確認してから土曜の朝、家に帰りました。
前日も仕事で遅くなったのであまり寝てなくて土曜は完全
グロッキー状況。
でもそれぐらいのことですんで本当に私はラッキーでした。
ただこの幸運を感謝するだけでなく、その幸運をお返しできるよう
私でできること、をこれから考えたく思います。
スポンサーサイト

テーマ : 地震・災害対策 - ジャンル : ライフ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する