ココナッツアイランド

ヒロのダウンタウンから車で五分程度のところにあるココナッツアイランド





アイランドと名がつく通り、小島でして、橋を渡ってたどり着くことができるところです。
地元の人がのんびり静かに過ごしていました。

何にも知らなければ地元の人がよく集う公園、としか思わなかったでしょうが、その昔は誰もが自由に行き来できたところではなく、王家の人々が出産をするために訪れたところだそうで、神聖な場所だったようです。

ヒロの街にゆっくり降り立ち、昼日中の街を歩いたのは3回目のハワイ島の旅で初めて。
わざわざヒロに泊まりたいか、というとちょっと微妙ですが、暮らしていくにはいいとこかも。
空港からも近いしね。

今日のBGM
We should be making love
Huey Lewis and the News

スポンサーサイト

テーマ : ハワイ - ジャンル : 旅行

東京03 時間に解決させないで

久々東京03のライブに行ってきました。
今回は箱が大きくて神奈川芸術劇場
埋まるんかいなと思ったらほぼほぼ満員ですよ。すごいね

相変わらずの角田のうざ芸を軸とした作りこまれたコントは
ほんと隅から隅まで笑えました。
笑うってほんと人生において大事です。彼らのコントのようなプロに
笑わせてもらう笑い、だけでなく自分で面白がる笑いを見つけなきゃ
本来はいけないんでしょうけど、でもプロの笑いってほんと貴重です。

彼らもそこそこ売れているのにちゃんと高品質な単独ライブを
やり続けるってほんと彼らはコントが好きなんでしょうね。
好きで天職なことでお金をもらえるってすごいことですね。

次のライブは7月ですって。
次も行きたいな。

今日のBGM
A'e Halawai
Teresa Bright

テーマ : 芸人ライブ - ジャンル : お笑い

ヒロの街

ヒロ、とはハワイ島の中心地。観光客はあまり多くはないけど、空港もすぐ近くにあり、市場などもあり活気あるハワイ現地の人々の生活を実感できるところです。
また、ハワイの人にとっての英雄、カメハメハ大王ゆかりの地、でもあります。

私は当然ながらその昔のアメリカがどうだったかなんて知らないんですけど、でもヒロを訪れて頭に浮かぶのは、古きよきアメリカ、という言葉。
まあそもそもハワイがアメリカの一州になったのもごく最近のことな訳で、古きよき、という言葉はあてはまらないんですけどね。





ん?なんか不思議な建物


こちら、お寺さんですって。
よく見ると何やら漢字も書かれてます。

暮らしていくにはここらあたりが便利でいいのかもね。

今日のBGM
Hip to be square
Huey Lewis and the News

テーマ : ハワイ - ジャンル : 旅行

ハワイ火山

さて、溶岩跡を見たのなら溶岩がドクドク出てる様子も見なきゃね、ということで
夜を待って火山噴火を見に行きました。

こんな感じです。


まあ迫力っちゃ迫力ですが私的にはちょっとがっかり。
というのも最初にハワイ島を訪れたときは溶岩が
ドロドロ流れるそばを歩いたりなんかしたもので
火山口だけというのに拍子抜けだったのだ。

ガイドさんに聞いたところ今は火山活動が穏やかで
溶岩ドロドロ、を見たいんならヘリコプターに
乗って上から見るしかないんだそうです。

ああ、だから昔よりヘリコプターツアーがあんな
高額なのに、盛況なのね。納得。

今日のBGM
スクリンプラー
山下達郎

テーマ : ハワイ - ジャンル : 旅行

スパム握り

ハワイはいわずと知れた日系の方が多いところです。
明治時代の移民の方も多いですし、沖縄返還の
際にアメリカ国籍を選びハワイにいらした方も
万単位でいらしたそうです。
その昔の移民の話は知ってたけど、沖縄変換の
際に移民した方がそんなに多いなんて不勉強で
知りませんでした。

というわけで、ハワイ島のあちこちで普通に
売られているのがスパム握り。



こちらのタイプはシンプルに具はスパムだけ
でしたが、ハプナで売られていたのはスパムの
まわりにのりたまふりかけがしこんでありました、
ふりかけとスパムがなんとも微妙に合って
美味しかったです。

ハワイで食べられる意外な和食、です。

今日のBGM
イージューライダー97
奥田民生

テーマ : ハワイ - ジャンル : 旅行

ハワイの火山

ハワイのもうひとつの大きな名物といえば
火山。

火山のその。燃えてる様子もすごいんだけど、溶岩が流れた後の様子もまた独特です。





真近で見るとこんな感じ




その昔のマグマの流れる様子はすごかったんでしょうね。

そしてそんな中、たくましい植物があちこちに。

この赤い実は食べられるんですよ。
ちょっと酸味が効いていてミニトマトみたいな
食感。
一方似たようなやつで白いのがあるんですけど
これは食べるとお腹をくだしちゃうそうなんで
要注意。

ハワイ島に来るのはほんと10年ぶりだったんですが
昔よりずいぶんこういう植物がはえた印象。
そ」でもこういう真っ黒、な景色はまだあちこちに
あり、ハワイ島らしい景観を味わうことができます。

今日のBGM
手紙
奥田民生

テーマ : ハワイ - ジャンル : 旅行

ハワイの星空

ハワイ島での楽しみのひとつは夜の星空の美しさ。
有名なスバル天文台はじめ、
各研究機関が研究所を設けている関係で
たとえば夜間照明の明るさや、研究所付近への車の乗り入れなんかにも規制がかかっており、
ただ空気がきれい、なだけじゃない好条件が
揃ったところなのです。

満点の星、というのをハワイ島で初めて見るまでは
私はそれがどういう状態を言うのかまったくわからなかったのですが、ハワイ島でそれがどういう
ことを言うのかわかりました。
ほんと無心になる美しさです。

ホテルの海のそば、てみるだけでも綺麗は綺麗ですが、ほんとの星の醍醐味、を知るには
ハワイにある各種山々の上の方に登り、かつ、周りに建物その他何もないところ、で見る必要が
あります。
それはちょっと観光客が適当にウロウロ
するだけでは難しく、素直にオプショナル
ツアーにのったほうがよいかと。
星空だけ、のツアーもありますし、火山など見た
帰りに星空もついでに見せてくれるところも
多いです。

最近はデジカメの技術もあがりましたから
ツアーの方からこんな写真もいただけるようになりました。



さすがにちょっとわかりにくいかなあ。
でも片鱗はわかるかしら。

とにかく星、はハワイ島の3代見所のひとつ。
ちょっと寒いけどツアーでジャケットなども貸してくれますのでぜひお出かけくたさい。

今日のBGM
Love Letter
Luv and Soul

テーマ : ハワイ - ジャンル : 旅行

オトナの片想い



主人公はみな30から40代の女性が主人公のまさに
大人の短編。

10代や20代の片想いより分別は当然あり、
片想いの苦しさと楽しさ、両方うまく味わいながら
恋愛の側にある日常生活の楽しさと苦しさも
ちゃんとそれぞれ軸に置かれているのが、大人、
ならではなんでしょうか。

どの短編もいい短編ですが惜しむらくはタイトル。
なんで、カタカナなのよ。
漢字でいいじゃん。わざわざカタカナにする意味は
まったくなく、変にこっちゃった編集者のセンスが
ちょっと残念だったなあ。

今日のBGM
Jacob's Ladder
Huey Lewis and the News

テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

ヤクザと憲法

なんとヤクザに画像のぼかしなし、取材による謝礼なし、で密着取材したドキュメンタリーです。
ミニシアターでしか上映されてない映画ですが
連日満席らしい。
実際私が見に行った時ももちろんミニシアター
なんで、満席と言ったって、たかはしれてる
とこもありますが、でも満席でした。

どうやら犯罪っぽいことをしてる様子が伺えたり
幹部に対する組員の任侠映画みたいな
立ち居振る舞いなどいかにもヤクザらしい(?)ドキュメントな
ところもあるし、
やくざといえど意外と普通の生活してるのね、というところもあります。
組長なんて普通に歩いてたら、組長ってわからない、ごく普通のたたずまい。
むしろ紳士的といってもいいかもしれません。

ドキュメンタリーですから、組員が逮捕されたり、担当の弁護士に有罪判決が
なされたり、山はあるけど、結論らしいものは何もです、いつの間にか終わってしまいます。
いつの間にか終わるけど見応えはあり、
普段考えもしなかったことを考える機会にもなるそんな不思議な映画です。

先ほどさらっと、弁護士と書いてしまいましたが、え?ヤクザに弁護士?
とたいていの方が思うのでは。
私もびっくりしました。でも考えてみたら、たとえ犯罪を犯していても
憲法・法律で定められた守られる権利、はあるわけです。
弁護士がついていてもおかしな話、ではありません。

ただ、たとえば犯罪行為が明確であるものに対して、犯罪ではありません
と主張することはできないでしょうし、犯罪を繰り返している場合
いくら守られるといっても罰を受ける覚悟は促してしかるべき、でしょうし
なかなか難しいであろうことは素人考えでも想像はつきます。
何がどう難しいか、なぜその難しい仕事を引き受けたのか、弁護士の口からは
はっきりは語られていなかった気が私にはしましたが、観る人によってこのあたりの
印象や解釈は違ってくるかもしれないです。

人は法の下では平等、と言いながらも犯罪に対して
罰を与えるのは当然で、犯罪を犯している人たちが生きにくくなるのも当然
でもヤクザの家族、たとえば保育園に入れないというのは差別では
ないか。そんな話も出てきます。
そこだけ切り取ればそれはその通り。
でもたとえば犯罪行為が減っていかない中、まわりも含めて圧力をかけていって
力を弱めていこうとしている、場合、そもそも犯罪行為をやめればいいわけで。

また映画の中からはヤクザの世界に入ることで孤独から逃れられた人たちが
いることも映画からはうかがい知ることができます。
だからといって犯罪犯していいというわけももちろんない。

といった堂々巡りが見ている観客の心中には繰り広げられるはず。
世間知らずの私にとっては、言われてみればそうだけど、考えもしなかった
という問題ですが、一定地域の人にとっては身近な問題なのでしょう。

おそらくこの映画を見たとき感じる感想は人によりさまざまでしょう。
それは、ごくごく身近に存在を感じている人と
存在は知ってるが実態は知らない人との距離感の違いがあまりに
大きいがゆえ、です。
知らない人は知らないということを知り、知らないなりに
権利、平等とはどういうことか、堂々めぐりの考えをたまには巡らせてみるのも
よいのではと思います。

今日のBGM
Outside Fearturing Elie Golding
Calvin harris


ハワイの山々

私が好きになり、何度も訪問しちゃう島の特徴は「海」だけでなく
山の自然もあふれていてダイナミックなところ。
奄美もハワイ島もまさにそれ。

ハワイの山々1

ハワイ島はほんと大きくかつ島の中の標高差がとても大きい。
高いところはマウナケアのように4000メートル超ですし
そうでなくても普通に車で移動しているだけで標高2000メートルくらい
あっという間に超えてしまいます。気温差も大きく夜標高の高いところは
5度近くまで気温が下がります。まさに東京の真冬並み。
ハワイの山々2

そういう「いろんな顔」をもつ島だから何度も来たくなっちゃうのです。
でもオアフは月に10万人が訪れるというのにハワイ島は1万人どまりですって。
1万だってすごいけどね。
島が大きいから1万人人が来ても見事に分散しちゃいまして
さほどごみごみした印象にならないところも魅力のひとつです

今日のBGM
Don't say the word
Swing out sister

テーマ : ハワイ - ジャンル : 旅行

マウナケアビーチホテル MANTA

ハプナから出てる連絡バスでマウナケアビーチホテルのメインダイニングでディナー。
ハプナよりちょっとお高めだけど、ばか高い感じでもないです。

欧米のレストランはアジア系の我々には重いボリュームのことが多いんで前菜とメイン、それぞれシェアしました。

アミューズはビッソワーズ


前菜は二人で2皿頼みました。
まずはカンパチのお刺身。柚子風味。
シェアしたい、と言ったら最初からふた皿に
分けて持ってきてくれました。
カンパチのお刺身


これは一人分。
プリンスもマウナケアも日本人には
一皿がボリューミー、というのをわかってくれる
のでシェア、と言っても嫌な顔はされません。

脂がのっていてそこに柚子の風味が効いていて
前菜にぴったりな一品。
一人分は17ドル

前菜二品目はグリーンサラダ。エビとパパイヤが
南国らしさを醸し出しています。16ドルなり。



メインはチキン。35ドル



サービスもさすがに洗練されていて大満足なディナーでした。ワインは40ドルくらいでボトルを頼めますしグラスもありましたよ。

今日のBGM
Am I the same girl
Swing out sister

テーマ : ハワイ - ジャンル : 旅行

マウナケアビーチホテル

ハプナプリンスと同じ系列で夕食時には連絡バスも出ているマウナケアビーチホテル



ハプナプリンスよりもインテリアも落ち着いていて
客層もそれに合わせて落ち着いている感じ。


メインレストランから見える夕日も綺麗です。


今日のBGM
君とピアノと
東野純直

テーマ : ハワイ - ジャンル : 旅行

弱くても勝てます。



開成高校の野球部を取材した一冊。強豪が多い東京陣の中でなんと甲子園予選4回戦まで勝ち抜いているんだそうで。
と聞くと、京大アメフトのようにえらくうまく強くなったかと思いきやそんなことはなく、エラーも多く、
普通の強豪校が普通におこなうサインプレーなどもなし。

バントしろと指示をしたってそもそもバントできないようなチームなのです。
練習時間も週に一度で、テスト前は休み、となると一月ほぼほぼ練習できないこともある、
環境的に恵まれているとはいえないチームを描いています。

一言で言えば弱いなら弱いなりの戦い方がある、
をあの手この手でケースを紹介している本です。
普通に監督や選手にインタビューしていても、
高校野球の野球部員にインタビューしてるとは思いがたい、フライがとれない、
球が投げられないという発言もざらで
外野は涼しいから外野を守りたいのんていう珍言まで飛び出す始末。
でも決して不真面目なわけではなく下手なら下手なりに努力もするし、悩みもし、
楽しんでもいるわけで、そこがこれまでのスポーツドキュメンタリーとは趣が異なります。

ファインプレーやホームランで感動する野球ファンも多いだろうが
開成野球と出会うことで私は当たり前に見えることをきちんとやろうする姿に感銘を受けるようになった

と著者も書いていますが、ほんと、普通のことを普通にやるのって大変なことなんですね。

そしてこの本では開成高校ならではの、弱い野球をやる意味がOBから語られていてこれも中々興味深いです。

たとえ負けても挫折感は大事です。
今は開成に入っただけでも達成感があるみたいですものね。
それに東大に行けば他の人間より上だという意識がどうしたってありますから、
実はサラリーマンに向いていないんです。
でも野球は学校名ではなくグラウンドがすべて。そこでの挫折感は将来絶対生きてくると思います。


開成高校のように誰しもが認めるエリート、の学校に入る人たちがどういう気持ちでいるのか、
また将来どうなっていくのかなど私にはわかりようもないですが、
うまくいくこともあれば、いかないで自分の至らなさに落ち込むこともある。
そんなどちらの体験もしている人の方が頼りになりそうだし、何より人として面白そうです。

ネタばれになりますけど結局開成高校は甲子園に行けてるわけでもなく、
何かこの本中で目覚ましい躍進があるわけでもありません。
しかし本中で青木監督がおっしゃっているように、学生時代しか壮絶な無駄は経験できないわけで、
結果などない、でも他の野球部では起こりえないおかしくも真剣な、
でも、なんだかゆるいエピソードを、素直に面白がればいいのだと思います。
スポーツものにありがちなとんでもない逆転劇とか、人生の教訓みたいなものを期待すると肩透かし、
なのでご注意を

今日のBGM
Promise ring
Luv and Soul

テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

今日もごちそうさまでした




いしいものを食べながら、人は怒ることができないと聞いたことがある。
おいしいもののことを考えながら、怒ることもまた、できないかもしれない。今まで食べたもの、ご馳走になったもののあれこれを思い出しながらこの原稿を書いているとき、私はいつもほわわーんと
幸せだった

この本の後書きで著者の角田さんが書いている一文です。
ほんとにこの本はそういうほわわんと幸せになる普通の
食べ物の普通のエピソードがたくさん書かれた本です。
本を読んでいると料理がしたくなります。
旅行中読んでいたからなおさら、なのかな。

今日のBGM
シェルブールの雨傘


テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

クジラウォッチング

空港からのタクシーで、ここはクジラを見るには最適なポイントなんだよ、と運転手さんが教えてくれ、おおそうか、冬だからクジラシーズンなんだよな、と認識。
星空を見に行ったツアーでガイドさんがクジラの見つけ方をレクチャーしてくれたので、ホテルからも遠目でクジラを見つけられるようにもなりました。

となるとちょっと間近で見てみたいと欲が出て、クジラウォッチングツアーに参加。



こんな船に乗って出かけます。船から見る山々の景色も綺麗だし、海風も気持ちいい。(気をつけないと焼けちゃうけどね)


最初は中々遭遇できず、こんな感じの、白波と見まごうような様子しか目にできませんでしたが


徐々に間近て見ることができるように


潮を吹いてる様子も身近で見られます。この様子を頭に入れておくと海岸でもクジラがどこにいるか見つけられるようになります。


ツアーの案内にあったようなこんな写真を期待しちゃうと、ガッカリするかもですが



水族館じゃあるまいし、こんな状況には遭遇しませんけど尾っぽを見せてジャンプぐらいは見られます。

私はホテルでツアーを申し込んだので、現地のツアー会社による英語ツアーでしたが特に問題なし。大したことを喋らないし、むしろアメリカ人独特のノリのよさの中でクジラを見た方が面白い気がします。

ツアー時間は朝8時から10時、10時から12時の2回。火曜だけ午後3時から5時のツアーもあるみたいでした。
早朝の方がよく見えるという噂?ですが10時からでも十分私には満足でしたから時間の都合がつく方で参加すればよいと思います。

今日のBGM
I won't stand in your way
Stray Cats

テーマ : ハワイ - ジャンル : 旅行

ハワイの夕暮れ

どこを撮っても絵になります




今日のBGM
It's all light(Live)
Huey Lewis and the News

テーマ : ハワイ - ジャンル : 旅行

ハワイサンセット2

お次は滞在先のハプナビーチのサンセット。




今日のBGM
Bad is Bad(Live)
Huet Lewis and the news

テーマ : ハワイ - ジャンル : 旅行

ハワイサンセット

ハプナプリンスから車で五分程度のところから臨めるサンセット


どんどん沈んでいく夕日


海で夕日を見るたび思うけど日が沈んだのかあがったのかも意識しない日々の喧騒が信じられない穏やかさ



夕日だけじゃなく夕日を受けたマウナケアも見逃してはいけません。



今日のBGM
When the Angels fall
Sting

テーマ : ハワイ - ジャンル : 旅行

まひるの散歩



角田光代さんのエッセー。阿川佐和子さんや林真理子さん、佐藤愛子先生(余談ですが佐藤愛子さんはやはりさん、より先生という呼称をつけたくなりますね。私の先生では当然ないんですけどね)といった諸先輩のエッセーとは異なり、同世代ならではの共感ポイントが盛りだくさん、なエッセーです。

例えば我々の世代は一世代上の世代より明らかな違いといえばおばさんと認めたがらないところ、だが今時のイケメンといわれる俳優のよさをわからないところに、歳を感じる、というエピソードや、クリスマスに対する思いや、学生時代のバブルっぷりの鮮烈な記憶だとか、本当に同世代を生きた私の年齢プラスマイナス3、4歳の人間しかドンピシャにはわからない実にピンポイントなエッセーがてんこ盛りです。

いやに食べ物のエピソードが多いなあと思ったらオレンジページに連載しているエッセーだからなのね。食べ物、料理についての語り口も共感ポイント盛りだくさんです。ま、私より売れっ子作家の角田さんの方がちゃんとしたお料理を毎日作ってそうなので、共感なんておこがましいのかもですが。

角田さんにせよ、ちょっと上の山田詠美さんにせよ、西加奈子さんにせよ、文章も当たり前ながらお上手で、構成も見事で登場人物のキャラクター設定も絶妙で何より小説としてすごく面白く傑作であるのに、その昔の作家さんより身近で普通になった気がします。
なんか、居酒屋の隣に普通に居合わせて、文学論なんかじゃなくてごくごく普通に面白かったことや頭にきたことなんかを、初対面なんだけど普通に喋ってじゃあさようなら、またお店で会えたらのみましょう、といって別れちゃいそうなそんな想像がなりたっちゃいそうな、友達のひとりにいそうなそんな想像すらできそうです。
昔ながらのハチャメチャな作家さんの超個性的な小説も面白いけど、普通の人が普通を描いた、普通ではない才能を駆使した小説、エッセーをこうやって味わえて、我々世代はつくづくラッキーです。もしあれもこれも楽しみたい、という、バブルならではの欲張り根性がこういうラッキーをうんでいるのならその点はバブル経済に感謝しなくたゃいけないのかもね、と角田さんのエッセーとは直接関係ない感想で締めてみました。

今日のBGM
Vier Letze Lieder 4lm Abendrot(Straus)
Lucia Popp

テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

グダグダの種



阿川佐和子さんのエッセー。
前にも書きましたけど彼女のエッセーには
特別感がまったく匂ってきません。
お仕事柄、また、有名作家を父に持つという
生い立ちから、著名な方とのエピソードも
エッセー内にはあるにはあるのですが、
それはあくまで彼女の普段着ぶりを
説明するためのエッセンス。
阿川さんが最後にご自身で書かれている
解説にあるように、毎日はそれほど画期的に新しいことだらけではなく、同じことの繰り返しの中で
特に何かに役立つ訳でもないことをグダグダ考え
その中でケタケタ笑えたら、それが幸せというもの
なのでしょうね。

今日のBGM
Cry to me
Huey Lewis and The News

テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

ハワイ島到着

勤続◯年記念にいただけるお休みを利用して
ハワイ島に来ています。
ハワイ島は10年ぶりぐらい。以前より黒溶岩に
草がはえ、緑の比率が増えた気がするけど他は
あまり変わらず相変わらずのんびりな島

滞在はハプナプリンス


ちょっと施設は古びた気もしないじゃないけど
昔はなかった日本人専用デスクとかも出来てて
便利になってました。



プールサイドで海を見ながらランチも出来ます。
お食事もアメリカらしからぬ(?)美味しさ。



お部屋はオーシャンビューの一階
上層階の方が眺めはいいけど海やプールに
すぐ出られる利便性は中々



ラナイ(ベランダ)からの眺め。
中々です。

奄美でリゾートをまったく意識していない
素朴な海を満喫したのでこのリゾートっぷりに
戸惑ってるとこもありますけど
作られすぎてはいないので馴染めます。

基本ホテルでのんびり、なつもりなので
記事の数は少なくなりそうですが
ゆっくりアップしていきます。

今日のBGM
しようよ
SMAP

テーマ : ハワイ - ジャンル : 旅行

京都門松コレクション

京都を訪れたのはまだ松の内、の1月連休中のこと。
なのでお店や個人のお宅にはたくさんの門松が
飾られていました。これがなんとも風流で。















なんか東京より門松が飾られている数も多いし、門松の装飾も、豪華な気がしました。

こういう門松なら私も飾ってみたい、なんて思っちゃいましたけど、お値段もはるし、何よりどういう装飾を施すのがか決めるのって大変そうです。
こういう伝統を大事にしていらっしゃる京都の皆さんは大尊敬です。

今日のBGM
夜空のムコウ
SMAP

テーマ : 京都・奈良 - ジャンル : 旅行

signifie

京都で見つけた思わぬお土産。
それはピアス。
宿泊先ホテルのすぐ近くにこんなアクセサリー屋さんがありました。河原町三条にあります。



おっ、と惹かれて入ってみればどれも1000円するかしないか、のリーズナブルなお値段。これは買いでしょう。



赤のアクセサリーって意外と重宝するのよね。
透明なやつも、仕事でもカジュアルな時でも両方使えそう。

東京にもこういうお店があればいいのになあ。

今日のBGM
634-5789 soulville
Tower of power with Huey Lewis
この曲はほんっとにカッコいい一曲です。
私がヒューイさんを好きだから
言ってるわけじゃなく、ヒューイさんが
からんでようがいなかろうが
文句なし、のカッコよさ。
とにかく多くの人に聞いてもらいたい一曲です

テーマ : 京都・奈良 - ジャンル : 旅行

伏見稲荷

お寺でなくどちらかといえば、神社に寄っていた今回の京都の旅。締めくくりに選んだのは伏見稲荷です。


参道をぬけると稲荷様に着きますが


千本鳥居はどこに?と思ったら案内板がありました。

案内に従っていくと


おおあった、あった、これだ。



鳥居に従って歩いて行くとなんだか坂道になっていきやたらと階段が目の前にあらわれだしてきます。



階段の上にはこんな小さな御賽銭箱がそなえつけられています。



まだ階段が、ある。。


おお着いた。

と思ったら


まだあった。


おお、頂上?にしちゃ中途半端かも?

と思ったらやっぱり


まだ続きが



まだまだ続きがあった。

流石にこれで終わりでしょう。
景色も頂上っぽいし


祀られてる賽銭箱とかもなんか今までのより大き目だし


ああ、我ながら頑張った

って、え?


まじか。

確かにまだ道はあった。。


ホテルのチェックアウトの時間も近づいていたので私は中間地点で断念して野に下りました。

千本鳥居ってどんな感じ?というのを見たいならとぱっくちだけ見て帰るのが吉。千本鳥居がどれだけの長さで続いているか見たい場合は時間に余裕をもたせて山を登りきり下りきるのが良いかと思います。

しかし、こんなに長いとは思わなんだ。他の神社のなんちゃって千本鳥居とはスケールが違いました。

今日のBGM
Naked
Spice girls

テーマ : 京都・奈良 - ジャンル : 旅行