スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向田邦子のせりふ観

男どき女どきを読んでいたら私の本にはいろいろなおまけがついていて。
向田さんが映画雑誌の編集をやられていた時代の編集後記や、その当時の映画の
ファッションからの向田さんのファッション観、若さだけで勝負できない30すぎてからの
本当の女の美しさ、などなどさすがな感覚と文章力にただただ脱帽。
そして、ああやっぱりあそこまでのドラマが描けるのは相当量の映画を見てきている
ことも大きいんだという思いも強くなりました。

で、向田ドラマの神髄を自ら公開している一文を発見。

これはあくまで理想なのですがこうありたいという私なりの考えを述べてみますと
「せりふ」というのはどの一行をとってもその人の全人格であって視聴者が1行しか
きかなくてもその人のいった「せりふ」であるその一言に尽きると思います。

「神は細部に宿りたまう」という言葉が私は好きなんですがこまかなことをよく
覚えている質です。じっさい人が生きていくうえには食べるとか寝るとか
着るとか争うとかお金を払うとかおぞましい具体的なことがあるわけですが
そういう具体的なことを通じて、人間の喜怒哀楽を表現していく
そういうタイプのような気がします。そしてその土台の上にせりふを
考えているわけです


こんなに有言実行な脚本家っているかしら。
うん、そう向田さんの脚本はまさに作家がいう通りの
脚本だと思います。

主人公の口癖、表現、言葉で
はっとするドラマも面白いし好きだけど
味わい、余情を楽しむドラマは捨てがたい。
捨てがたいけど最近あまりお見かけしないのは残念なかぎりです。

今日のBGM
SHAKE A TAIL FEATHER
Bawdies

とにかくこの人たちの音楽はいちいちかっこいい
いまどきの若者にしちゃあ、昔懐かしなサウンドの
においもするし・・・て書きかけていてなんだかんだで
バンド10周年を去年迎えてるってことは
そこそこベテランなんだよなあ。確かに勢いだけでは
ない作りこまれた音ではあります。でも新鮮。
笑いのセンスもあるしとにかく私の中では今
一番好きな「いまどき」のバンドです。



スポンサーサイト

きっと、星のせいじゃない。

きっと星のせいじゃない

昨日に続きこちらもかなりおすすめの映画。
偶然にも2つの映画は「死」が重要なモチーフになっていますが
この映画は見る人の解釈により違ってくるだろうとはいえ
人が人を愛する美しさというテーマなくしてはなりたたない
そんな映画になっています。

主人公のカップルのお互いに向ける視線が
なんとも10代らしくまぶしく初々しく
しかし愛を育むにつれ、あたたかく
変わっていく様子も
2人のLINE(がアメリカにあるのかわからん。
もしかしたらショートメールかもしれないけど)
上のやりとりも、お気に入りの場所をただ
ただ歩く様子もすべて愛にあふれきっています。

いろいろなシーンが
現実離れしているといえば現実離れしていますので
リアリティを求めるむきにはお勧めしませんが
冷え切った心を温めたいむきにはお勧めです。

スノーマジックファンタジー
SEKAI NO OWARI

おみおくりの作法

おみおくりの作法

日本でいうところの無縁仏の対応を担当する地味な公務員を主役とする映画です。
なんとも救われない話のはずなのにほっこりじんわりくる話。

今まで味わったことのない不思議なお話です。
そう、映画なのに表現するには「お話」と表現したほうが
ぴったりきます

この主人公が果たした仕事は誰も評価しないし
誰も歓迎しない仕事といえましょう。
でもちょっとずつ人の心に爪跡を残しそれが
人の恨みをときほぐし人のつながりをつくっていく様子に私は
自分なりに心砕いた仕事に意味のないものなどないよな
という思いをつよくしました。

この映画からはこれ以外にもいろんな感情が沸き上がりましたが
感想をひとつに絞るならこれかな。
社会で生きる以上、効率も成果も出していかなければならない
けれど奥底にプライドと信念をもっていたい。
映画の上映中ひたすら号泣しながらそんな思いを強くしたのでありました

今日のBGM
グッドバイ
サカナクション









ニューカレドニア お酒事情

ニューカレドニアはフランス領。
フランスっぽいところもあるしそうでもないところもあります。

まずフランスっぽくないところとしてはお酒の販売に関する厳しさです。
スーパーなど雑貨店ではお酒は昼12時までと夜21時以降でないと
買えないのです。
しかもビールなども冷やして売ってはいません。
これは、こどもが学校から帰ってきて寝るまでの時間
気安くアルコールを買えないようにという配慮のもとらしいです。

一方ワイン屋さんは結構あちこちにありまして、それは
やっぱりフランスって感じでした。
ワイン屋さんは昼12時以降もあいてますが、ビールは売ってなくて
あくまでワインだけ。

私が滞在中よったお店はこの3件

ワイン屋その3

一番有名であろうお店はこちら
スーパーマーケット シンプリーのすぐ近く。
品ぞろえも豊富でさすがな貫禄だけど
店員はいまいち冷たいっていうかなんていうか。
私がいろいろワインを物色していたのに
声をかけるでもなく無視。
ま、お安めのものしか見てなかったから見下されちゃったかな。

2件目はこのpavillon des vinsからアンスバタの海に戻る途中にあるワイン屋さん。
ワイン屋その2

こちらは2回ほどお世話になりましたが、2回目に接客してくれた店員さんは
いい子だけどあきらかに「バイトさん」
何をアドバイスしたらいいんだかわからず困ってる風でしたが
1回目に接客してくれたおじさんはおそらく店主で、どういうワインがほしいか
値段など聞いてくれたうえで、いくつか選択肢を示してくれました

ワイン屋その1 336

3件目はアンスバタからすぐのワイン屋さん
お散歩途中で見つけました。
地の利もよいし、あとおじさんもすごく親切。
Locheに合うワインということで見繕ってくれたワインもとても
よかったし、今すぐ飲むならもっと冷たくなっているほうがいいね
とわざわざ奥から出してくれたり気が利いてました。

高級なワインを飲みたいなら1件目だけど、気軽にワインを飲みたいんです
なら2件目3件目がおすすめです。

今日のBGM
コワレモノ
The Bakhorn








生姜がアクセント はちみつレモントマト

前述しましたようにニューカレドニアで自炊癖をつけてから
仕事がおちついたこともあって自炊習慣が復活しました。

今回作ったのははちみつと生姜とレモンという究極の組み合わせで
作る逸品
生姜がアクセント♡はちみつレモントマト

レシピ内にあるように生姜とレモンとはちみつで切ってあえて混ぜるだけ。
でもおいしい

生姜を利かせた形で食べたいなら作ってすぐ食べるのがおすすめ。
まろやかな味がお好きなら1日置いたほうがよいかも。
どちらもおいしいですが私は1日置いたほうが好きかなあ。

Cpicon 生姜がアクセント♡はちみつレモントマト by あやぴよこ

今日のBGM
Ka Uluwehi O Ke Kai
Ka'au Crater Boys

流星ひとつ

流星ひとつ

藤圭子と沢木耕太郎氏の対談集。
藤さんがお亡くなりになった後出たもので、
5時に夢中で中瀬ゆかりさんが熱烈紹介していたもので
アマゾンで購入しました。

中瀬さんは新潮社のお部長様ですので、自社の本を薦めるのは
むべなるかな、ですがなんというかその薦め方は
自社の本だからというのではない、ほんとにこの本を読み逃す
のは損というオーラが彼女の背中からめらめら燃えていたんでいちか
ばちかで購入。

正直、なんで衝撃的ななくなり方をした直後にわざわざ出すんだよ
という思いも買っておきながら勝手ないいぐさですが、ありました。
いってみれば中瀬氏のオーラに私はかけたわけですが
読んでわかりました。
これを出さないのはもったいない。

藤さんの「関心がない」ように見えて奥に燃えている「音楽への愛」
人であれなんであれ、好き嫌いは激しそうではあるが
実に冷静に人のことも自分のことを振り返ることもできている。
不器用だけど、頭がいい人なんだ、ということもよくわかりましたし
なにより、話を進めていくうちにどんどん明らかになる
音楽に対する本能と、プライドがすごいです。
ただ単に気まぐれで引退したわけではなく、彼女の中で
無意識に芽生えたプロ意識が彼女を引退においやった
こともよくみてとれます。

たら、ればは言ってもせんないことだけど
そうはいっても彼女に彼女の才能に勝るとも劣らない
名マネージャーがいたならば、
本物の音楽番組を作ることのできるプロデューサーがいたならば
彼女からさらなる大人の歌謡曲を引き出すことができていたかも
しれない。それはどれだけ珠玉の作品だったろうと思うと
運命のいたずらをただただ嘆かずにはいられません。

今日のBGM
Litttle Lies
FleetwoodMac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。