それいっちゃう?

先週いっしょにがんばってきた仲間との忘年会、支えてくださった委託先との忘年会3連チャン
がありました。さすがに3連チャンで体が悲鳴をあげたらしく風邪をひいてしまいました。

風邪なので、熱もものすごく、はあがらず7度5分くらいをうろうろ。
もっと高熱なら1日寝てるんですが、1日寝るほどではないというか
私はもともとやや高温気味だもので、活動的に外を出歩く気にはならないけど
1日寝っぱなしもつらい。ということで、
寝起きの合間はとりためていたビデオを見まくりつつ年賀状書きに
いそしむ毎日でございます。

ニューカレドニアの早寝早起き、自然にみちみちあふれた
あの健康的な生活はもう遠い世界・・・

と前置きが長くなりましたが
撮りためていた番組の中には音楽番組もありまして
見るとはなしにみていたら、私は初めて聞いたバンドのPVがありました。
おそらく彼らのLIVEでとったらしい。
曲のはじめにボーカルが観客に呼びかけるところから始まります

・もっと現実をみろ、東京だぞ、現実をみないとだめだといわれた
・でも現実ばっかりみてたらだめで、それだと幻想で終わってしまう

まあそんな感じの趣旨です。ああ若いなあって感じのせりふです。

そうね、確かにおっさんたちのいうことばっかり
聞いていたらこのPVにあるようなLIVEをすることはできなかっただろうし
風邪っぴきのこの私が家で彼らの音楽を聴くなんてことはなかったでしょう。
その悔しさをばねにがんばってきたのであろうことも想像できます。

でもね。でもそれなりに人生を重ねてきた私は思うのです。
そういう発言は「限られた空間」だけにしとこうよ、と。
何も公共の電波に乗るPVで言わなくてもいいじゃない、と。
おそらくPVにのせることが、彼らのメッセージでこだわり、なのだと
思うけど、わざわざそこだけきりとって言葉にしてどうするの?と私は思うわけです。

そういう頭が固い、知ったようなことをいう
おっさんたちを見返したいのならそれは音楽で見返せばいいでしょう。
どうしてもそのメッセージを伝えたいなら歌詞で、メロディーで伝えればいい。
言葉にしてしまった時点でせっかくのその「くやしさ」もただの「悪口」
「言葉の暴力」
それもLIVEののりの発言ではなくわざわざPVにしているならなおさらです。

彼らの音楽を好きではないけど、勢いも個性もそれなりに感じました。
それだけにこういうのをそのままPVにのせちゃうその神経、そしてその若さゆえの
乱暴さをひきとめることができないスタッフ、ちょっと残念だなあ。
スポンサーサイト

アンスバタ 海

先に書いたように、今回のニューカレドニアのテーマは
「島だけどインドア」

この夏とにかく忙しすぎて、目の前のことにひたすら追われる毎日でした。
手帳を使用せずに仕事をしたのは新入社員の研修以来はじめてだったかも。
手帳なんかに書き留めていられるようなタスク量じゃなくて、とにかく目の前にあるメール
かかってくる電話、話しかけられる質問や相談、をひたすらひたすら消化していって
どーしてもほかの人に引き取ってもらうとか時間をおいて
確認する、というものはファイルにがさっと入れて毎日確認する、というそんな毎日。

新聞はただ仕事に関係する部分だけ切り取って確認、そのほか世の中の動きはネットで
TVはもちろん見ていないし、本もろくによめない。何かをじっくり考えるひまもない。

そんな毎日だったので、頭をからっぽにして、日々の仕事や生活と関係するよなしないよな
本をひたすらきれいな景色を見ながら読んで、あとはだらだらお散歩する
という、無の生活をしてみたかったのです。
別に本はどこでも読めるっちゃ読めるけど、ふっと目にした時に自然を目にしたかったんですね。
都会はもう会社で十分。

ということでほぼ眺めているだけで終わっていたヌメアの海の景色の数々です。
そのほか離島の海のほうがさらにきれいでしょうけど、私には十二分に癒される美しさ。
景色をぼーっとみて、本を読んでまた景色をみる。
このサンドイッチで言い尽くされた表現だけど、命の洗濯、ができたのでした。
皆様にもこの景色をおすそわけ。

アンスバタの海1

アンスバタの海2

アンスバタの海3


アンスバタの海4

今日のBGM
表裏一体
ゆず






カナール島

ニューカレドニア、と一言で言いますが、実はいくつも島があります。
私が滞在していたのはもっともメジャーなヌメアのアンスバタですが
イルデパンとかアメデ島とか現地の旅行会社で日帰りツアーを組んでいる
島々すべてを総称してニューカレドニア、なのです。
皆さんヌメアを軸にこういった各島々を巡っていらっしゃるようですが
私の今回の旅行のコンセプトは、「島だけどインドア」
なもので、基本ヌメアにずっといました。

が、ヌメアの岸からすぐみえる、小さい島を発見しまして
どうやらタクシーボードでいけるみたい。
しかもツアーとかじゃなくて、タクシーだけに
ふらっといって、ふらっと帰れるみたいじゃない

ということで行ってみましたよ。

IMG_0641.jpg

これがタクシーボード。
見た目からしてわかりやすいですね。

タクシーボードからみる景色もなかなか
FullSizeRender (12)


往復1200円くらい(ニューカレドニアのお金はCFP(フレンチパシフィックフラン)、1CPF
はほぼ1円で計算できます)
乗るときに帰りの時間を聞かれますんで気ままにってわけにも
いかないようですが、でも特に帰りにチケットの復路時間を確認している
様子もなかったみたいですが、往路の受付では時間帯あたりの人数を
記録している様子がみてとれとたので一応人数オーバーしないように調整という
ところなのかも。
11月でオフシーズンだったのでさほどうるさくなかったのかもですね

島はこんな感じですごくきれいです

IMG_0640.jpg

IMG_0639.jpg

浅瀬でも小魚を見ることができるくらいの美しい海で
木陰に入れば涼しく読書三昧も十分可能な素晴らしい島。

なのですが

でもね、このパラソル買うのに800円以上かかるのよ(衝撃)
椅子もパラソルもなし、はさすがにこの炎天下厳しく
なくなく木陰の椅子を購入(1000円なり)
椅子とパラソルだと1200円以上
ぼるにしてもぼりすぎだっちゅうの。

もう少し商売気をオブラートに包んでもらえたら
(たとえばもう少し椅子のお金を安くするが
ワンドリンク購入必須、とかね)
まだ溜飲が下がったのですが

きれいで手軽に来られる島の割に人影が少なかったのは
このぼられ感満載のとこにあったのかも。

今日のBGM
Shout It Out
Daice

てっきり韓流グループかと思いきや
日本のグループなのですね。。。