スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドラーシュ・シフ リサイタル

最近クラッシックのコンサートにいってもどうも涙腺をしげきしたり
気持ちを高ぶらせたり、そんな気持ちになれず、消化不良のコンサートが
続いていたのですが、今日は久々のヒット、いやヒットという言葉では
語りきれないすばらしいコンサートでした。

ピアノってこんなにいろんな音がでてこんなにきれいな音が
出るものだったんだ、ということをベートーヴェンという
天才音楽家の手による奇跡の作品群と、このコンサートの
テーマである震災被災者への思いのこもったバッハのアリアとで
私たち観客の前に、珠玉のピアニストが、丁寧に示してくれた
そんなコンサートでした。

最初はベートーヴェンの6つのバガテル
まさに6つの小品次から次へ、息つくひまもなく繰り広げられる奇跡の音色群。

2曲目はピアノソナタ第32番ハ短調OP111
ピアノを聞きながら亡くなった私のピアノの師匠が
よく言っていた「ひびくピアニッシモ」「たたかない
フォルテ」とは究極これだろうな、という音。
もっと若いころに聞いてれば・・・。

休憩をはさんでディアベッリの主題による33の変奏曲
ハ長調OP120

これこそ音の玉手箱。絶え間なく繰り広げられる33の曲から
時に森の早朝、昼のなぎの海、人の死の瞬間・・・音楽を
聴いているだけなのに私の目の前にはいろんな風景が
消えてはあらわれ消えては現れしていきました。
「神の雫」という漫画でワインを主人公がのんでいくと
そこに絵画や景色がふわっと広がるシーンがあるんですけど
まさにそんな感じでピアノの音色が私の脳内からいろんな
シーンを思いうかばせている感じでした。音楽に心奪われた
瞬間はもちろん、今までにもたくさんありましたけど
こんな経験ははじめて。

アンコール第1曲は
J.S.バッハ
:ゴールドベルグ変奏曲からアリア

これはこの曲からベートーベンが変奏曲という発想を得た、という意味合いと
このコンサートがささげられた東北の被災者にむけての思いと両方が込められているそうで。

となんでそんなことがわかったかといえば、アンコール1曲目が終わった段階で
ピアニスト本人の口から説明があったから。
特に感動的であったのは、震災を経済や政治もおおいに人々を救うだろうが
本当に人を救うのは人の思いであるという彼の言葉。
こういう思いをもって丁寧に音楽に取り組むとこんな音が出るのね、と
胸がっぱいになりました。

さいごは

ベートーヴェン
:ピアノ・ソナタ第30番ホ長調op.109

音楽家の音楽にささげる思いを聞いた後に
これを聞いちゃったらもうだめです。涙がとまりませんでした。

弾き終わって1階客のほぼ大半がすばらしい音楽と彼の
真摯な思いに敬意を表してスタンディングオベーション。
19時にはじまったコンサートが終わったのは22時ちょっと前。
この熱演の後、長蛇の列をなす観客へのサイン会もおこなった
ようで(私は翌日仕事なので失礼しましたが)最後の観客のサインを
終えたのは深夜だったのではないかしら・・・。

最後にこのコンサートの売り上げはプログラムの売り上げにいたるまで
すべて東北に寄付されるそうです。思いと実行とが一致していることにも
感服です。しかも震災直後、ではなく震災から3年たった今、異国の人から
こういった形で支援をうけると、感謝という言葉だけでなく自分も
もっと社会のため、世の中のため、グローバルな視点でやれることを
見つけて尽力しなければいけないな、という振り返りのきっかけにもなりました。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

3年

いわずもがな、今日で3年目、です。

あの日で、いろいろな問題が被災地に限らず日本各地で顕在化されました。
被災地の悲しみや怒りがどんどん深く、広くなり、救い難い気持ちになることも
増えました。

一方でいい方向に変わったかな、と思うこともあります。
少なくとも日本人は自然災害や人災がそれがたとえ自身の身近におこった
ことでなくとも、関心をもち、なんらか動くことを当然と考える人間は
増えたのではないかと思います。
フィリピンの災害しかり、先日の大雪の被害しかり
おかしいことはおかしいといい、自分がやれることは何かを
考える人間は増えた、と私の感覚では思います。

なお私は震災を機に何が変わったか、といえば
自身の社会人としての責任、についてです。
どういう状況であれベストを尽くしてこそ社会人であり
一方でどうあれ、最優先に考えるのは人の命であり安全で
あるという大原則。
震災前も当然にその思いで日々社会とかかわっていた「はず」
ですが、局面にたってぎりぎりまで考えた経験を経た後に
いうお題目、は自身の中でだいぶ違うものに生まれ変わっています。

姪っ子がうまれてからはさらに「家族」と「社会人としての責任」
という兼ね合いも考えるようになりました。
もちろん、実のこども、ではないですし、私が守らずとも弟夫婦が
まず彼女を守るでしょうが、でもたとえば弟夫婦にもしものことが
あり震災で彼女一人が実家にいたとしたならば。
職場でスタッフが死に直面していて、ほかに託せるひともいないなら
私は職場を選んだかもしれません。
あるいはスタッフをおいて姪を守りに走ったかもしれません。

姪が産まれる前、私は迷わず職場を選びました。
東京だったから安全を見越していた、というのもあるにはありますが
親がどうしているか、なんて当時の私はまったく気にしていませんでした。
独り身だし、とにかく職場を守る、スタッフを安全に帰す
できるだけ不安を取り除く、それだけを考えました。
こどもがいたら、そこに専念できずどちらについても気もそぞろ
ということになったろうな、それはすごい心理状況だろう、
と今はしみじみ思います。

自身の環境の変化、復興の状況、新たにでてくる課題、
ETCで震災後、のその心境もまた変わってくるのでしょう。
風化、でなく考えが変わっての変化、であるならば
それはよいことなのだ、と信じ3年目を迎えたいと思います。

今日のBGM
How come How Long
Babyface Feat. Stevie Wonder;

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

思い出トランプ

思い出トランプ

藤沢周平氏も短編の名手ですが、同じく短編の名手は向田邦子。

この思い出トランプは、小さな「不幸」と「悲劇」と「恐怖」の
オンパレード。ああいい話・・・と感動できるような話ではありません。
でも読んでいやな気持にはならず、ただただ作者の筆の力に読者は
うなるしかない、そんな作品です。

彼女がこの小説で直木賞をとった歳に私も近づきつつあるわけですが
ここまで深いものをどうあがいたって書けそうもありません。
もちろん私は小説家を目指しているわけではないので書けないのは
当然なのですが、こういう小説を書けるだけの観察力や洞察力
創造力はどうあがいてもつきそうもないな、と思うわけです。
ただ単に文章力があるということではない、人間力が小説の行間から
漂ってきてくるのですね。

というわけで、この本をきっかけにしばらく
向田邦子三昧でいってみようかな、ともくろんでおります。

今日のBGM
Watch you step
Anita Baker




テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

藤沢周平の世界

ここ数か月読んでいたのが藤沢周平の全集です。
現代小説も書いていらっしゃいますがやはり時代物のほうが圧倒的に
数も多く、また味もあります。

私が彼の小説の魅力を知ったのは実はTVからでした。
藤沢周平を読む、というケーブルの番組がありまして
元NHKの松平定知さんがその確かなアナウンス力と表現力で
彼の小説を朗読していくのです。
TVですから、イメージ画像はありますが、あくまで音声は
松平さんのアナウンスのみ。
テレビをみてるのに、画像がいっさい頭に入ってこず
音声だけに集中してしまう不思議な感覚を味わえる番組でした。

番組を通してしった今まで味わったことのない不思議な魅力がつまった
藤沢周平の全集を図書館で
見つけた時には迷わず手に取り、読み進めていきました。

彼の作品はほとんど短編です。でもどれも短編なのに、その短編で2時間
もの映画が作れるくらいの深さ(実際各賞総なめのたそがれ清兵衛も短編です)
そして読後感に流れるなんともいえない余韻。
この余韻ゆえ何度私は電車で駅を乗り過ごしたでしょう(・・・)

彼の小説のすばらしさは、有名人物ではなく、市井の人にスポットをあてている
ところにもあります。町人だけでなく武士ものもありますが、立身出世の人物よりも
武将の中の参謀や、密使を担う人物や足軽クラスをとりあげています。
歴史でとりあげられるような武将だけにドラマがあるわけではなく、その配下に
ある人物にもそれぞれ策略があり、思いがあり、迷いもあるわけで、トップクラスに
君臨しないような普通の人のドラマにこそ、人間のおろかさもすばらしさが
あらわれているような気が、彼の小説を読むと感じます。

とにかくすばらしいの一言に尽きる藤沢氏の世界。
好きな作家、と聞かれたときにこれからは彼の名前を必ずあげることと思います。

今日のBGM
If You Want To Party (I Found Lovin')
All Saints





テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。