スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クンチビラ 海

いついかなる季節においても

1クンチビラ 海

クンチビラ海2

クンチビラ海3

きれいな海ってなんだか心が洗われます。
クンチビラ前の海岸も同様です。

今日のBGM
恋音と雨空
AAA

どの曲をとってもおばさんには同じ曲に聞こえちゃうよ・・・。
でも意外に長生きなグループになっていることから考えて
おばさんにはわからない魅力がきっとあるんだと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 海外情報

水菜とクリームチーズのサラダ

水菜って大好きなんですけど
すぐ料理しないとあっという間にくたっとなっちゃう。
ばくばく食べられるサラダでがしがし消費しちゃえと作ったのがこちら

みず菜とクリームチーズのサラダ

水菜をクリームチーズとお醤油とオリーブオイル、そして柚子こしょうで
あえただけの簡単サラダ。

参考にしたのはこちら

簡単にできておいしい逸品です。
NHKのきょうの料理から。
老舗番組ですが、簡単にできるものから、本格料理まで
幅広く扱っていていつも参考にさせてもらっています。

今日のBGM
The Power
NoGod

なんかサウンドに80年代臭を感じてしまったのですが
気のせいかな・・・。



テーマ : 今日の夕ご飯 - ジャンル : グルメ

すみだ水族館×葛飾北斎

スカイツリーを見上げた理由は

すみだ水族館

ここに出向くため

なんでここに出むいたかといえば

すみだ水族館×葛飾北斎

これを見たかったから。

葛飾北斎の絵と実際の生物を比較しながらみることができるという趣向なのです。
これは面白いんじゃないの、といってみたわけです。

なんかおっしゃれ~

こんないったいどこぞの現代アート美術館では?と思えるような
かっこいいエントランスを抜けますと

普通に水族館として面白い見せ場が続き

水族館1


水族館2

そのあと、今回クローズアップされている北斎と実際のお魚を比較できる展示物があらわれます

展示のイメージはこんな感じ

比較できます

美術好きの人は「え?この程度??」とお思いかもですね。
私もそう思いました・・・。
でもここは美術館じゃなく水族館で、絵を見ることが目的ではなく
生きとしいける生物を愛でることが主目的なわけなので
こういう展示になるのは必然。

実際にデッサンと実物を見比べてみると
これはものすごく正確で精緻。
フジタのデッサン画を見たときにその正確性に舌をまきましたけど
やっぱりすぐれた美術家のデッサン力はとてつもないです。
とてつもない観察力とそれを再現できる力がまずプロの世界の中でも
卓越した力があってさらに、独自の美意識をもってそれを具現化できるだけの
能力をもった人が独自の芸術を生み出すことができるんだな、ということは
よくわかりました。

2015年に葛飾北斎の美術館がかの地にできるらしく
今回の天日物はその宣伝もあった模様。
ううむ、したたか。でも少なくとも私は開館したらみてみたいなあ
と思っちゃったわけなので、この企画はそこそこ成功、なのではないでしょうか。

最後は北斎と実際の近所のコラボで締め

金魚

今日のBGM
Beginnings/Endings
David Newman

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

スカイツリー

スカイツリー

すみだトリフォニーホールとかに行くとき
ちょいちょい眺めてはいたけど
こんな至近距離で&ライトアップははじめて。
興奮して写真とっちゃったぞ。

なんでここまできたかといえば・・・・

今日のBGM
Bette Davis Eyes
Gwyneth Partrow

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

成長ではなく成熟

エッセイスト、という紹介をされることが多いですが
私の中では「広告批評」を始められた尊敬すべき先人という
位置づけの天野祐吉さんがお亡くなりになりました。

お亡くなりになったことで彼のエッセイがあちこちで
振り返られてましたけど、その中で「あ、そうか、そうだ
そう考えればいいんだ」と、今までの疑問がふっと
消えてくるような気になった言葉が

これからは成長ではなくて成熟だ

という言葉。

そうか、そうだよ、これだよ。

とにかく成長ありき、で言われてもなんか違うよなと思うし
もう成長なんてしなくていいじゃないか、と言われてもそれも
違う、と思うのです。
せっかく人として生まれてきた以上、何かいい形で変わってはいきたい
停滞はなんかさびしいし、後退ももっと悲しい。
数字は同じでも、中身が成熟なら、うれしいし、なんだか幸せになれそうな
気がします。

天野さんは一方でもっと経済のことだけでなく文化を考えていける
国でなければというのも訴えておられました。
本来日本人は文化なしでは生きられない国ではと私はふんでいます。
政治も、敬愛をささえる企業も、経済成長ありき、まずはそこに軸を
おいて戦略を練っているというのに、誰も最初は投資などしてこなかった
さまざまなカルチャーが世界を席巻しているのはこれいかに。
いわゆる伝統芸能ばかりが文化ではないわけで、かわいい文化、漫画
アニメ、アイドル・・・・日本でいくつもの新たなアートが
いつの間に生まれ育ってきているのは、やはり日本人は自分なりの
美意識や表現意欲を捨てきれず、絶えずなんらかの形で発散し
享受する民族なのでは、という気がします。
その自覚をもって、そういう意識をもっと大事にしよう、とみんなが
思ったら、もっともっと面白くも成熟した、いきいきした日本に
なれるのでは、と思います。

今日のBGM
Going Down Slow
Huey Lewis and The News




テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

台風の被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます

さすがに秋らしく、肌寒い日が続いていますが
いまだ台風活発発生中・・・

台風が発生すると、仕事においても
いろいろ気を使わなければならないことがふえる
仕事柄、本当に気が重くなるのですが
それでも普通に会社に行けて、家に戻れば
安心して眠れる環境にいられるわけですから
仕事が増えるくらいで文句言っちゃばちがあたりますね。

もともと甚大な被害がでている伊豆大島にさらなる
大打撃、になりかねないこの台風。
避難されている皆様が1日でも早くご自宅に戻られる日が
きますように。

今日のBGM
イゲ ムスン イリヤ なんで?どうして
B1A4

歌詞はなんでどうして?じゃなくてこれは何?
になってますけど・・。
うちの姪っ子はいまあらゆるものを指さして
「これ(は何?」「これ」と尋ねることに
至上の喜びを感じているようです。
こうやって言葉って覚えていくのねえと感じる
今日この頃


テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

タリワン

インドネシア料理で有名なのは
ナシゴレンやミーゴレンですが
ロンボク島で食べておいしかったのは炭火焼。タリワンです。

炭火焼

こんな感じで炭火でシンプルに焼いていく料理
実際に焼いている姿はこんな感じ

こんな風に焼いていく

鶏はこんな数種類の調味料でたべていきます。

調味料

おともはもちろん・・・

ビンタンビール

インドネシアのビンタンビール。

海辺の風に吹かれながらシンプルで力強いエスニック料理。
うまし!!

今日のBGM
You are my thrill
Rpbert Palmer



テーマ : インドネシア - ジャンル : 海外情報

クンチビラ朝食

クンチビラは朝食もなかなかおいしい&気持ちがよい

クンチビラ朝食雰囲気

こんな感じで海を見ながら朝ごはんを食べられるの。

クンチビラ朝食ジュース

しぼりたてのジュース。バナナと・・・なんだっけ?
いくつか選べます。

クンチビラ朝食果物

果物もたっぷり

メインはいろいろ選べます。

スタンダードな
クンチビラ朝食パンケーキ

パンケーキや

クンチビラ朝食シリアル

シリアル

さらにインドネシアらしく
クンチビラ朝食ナシゴレン

ナシゴレンなんかも食べられますよ。

普段朝食を食べないという不健康極まりない生活をしているんですが
旅行の時は朝ごはん、食べますねえ。お腹もちゃんとすくし。
やっぱりストレスなく、規則正しい生活って大事ってことね。

今日のBGM
Preserved Roses
T.M Revolution&水樹奈々

確かにこの組み合わせはありですな。
好きかといわれれば私は否、ですが
個性はちゃんとある、骨というか軸がはっきりしている
楽曲だと思います。


テーマ : インドネシア - ジャンル : 海外情報

海辺でワイン

クンチビラは海辺にたっている静かなホテル。
夜は海岸の前でゆったりお酒なんかのめちゃうの。
海辺でワイン

私は白ワイン、友人はモヒートを注文。
海辺の涼しい風に吹かれながら飲むお酒は最高においしい

おつまみ

おつまみも頼んだんだけどあまりにも昔で何を頼んだか忘れちゃった。
せっかくだからエスニックなものを、と頼んだ記憶があるけど・・・。
あと果物も。南の島に行くと果物がほんとおいしいよね。

あああれは至福の時だったな。
ため息

今日のBGM
Black Skinhead
Kanye West

テーマ : インドネシア - ジャンル : 海外情報

JACK POT

ロストインヨーカーズを見に行ったあとの
腹ごしらえでいったのはパルコ内にあるJack Pot
ここ、というかここのチェーンはいつか行ってみたい!と
ねらいを定めていたお店でした。

ここは1年中おいしい牡蠣が比較的手ごろに食べられるオイスターバー
なのです。さ、牡蠣食べまくるよ

突き出しは蒸し牡蠣とむしエビがでてきます。
この写真は食欲に負けて一部食してしまった後。
2人前であと2個牡蠣がついてます。

つきだし

なにはなくとも生ガキ、3種類の牡蠣が味わえます。
美味!

生ガキ

ワイン蒸し。これも食欲に負けてだいぶ食べてしまった後の図。
牡蠣そのものもおいしいけど、スープがうまい!
ワイン蒸

これなどもう残骸以外の何物でもないアヒージョ
アヒージョ

クリームリゾット
クリームリゾット

これに白ワイン2杯頼んで、一人5000円弱くらい。
おなかいっぱい&大満足。

素敵なお芝居の後にふさわしい、おいしい食事で大満足の一夜と
あいなりました。

今日のBGM
一千一秒
Exile Takahiro

私にはEXILE(関係)の歌はみな同じに
聞こえちゃう。
そこそこ技術があるわけだから、もっと一曲一曲の
違いにこだわってもいい気がしちゃうんだけど。。。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

Coco avant Chanel

Coco avant Chanel


シャネルが、恋愛を軸とした人との出会いの中で
デザイナーとして世に認められるまでの経緯を描いた映画

シャネルといえば私の中では女性らしいカジュアルというよりは
ドレッシーでシックなブランド、というイメージなのだけど
その昔は飾りを一切廃したシンプルで自由で中世的な洋服だったのね。
・・というより、今の現代女性の洋服の基礎をなしたというべきか。
よくよく考えてみたらたかだか100年前はルノアールの絵画に描かれているような
ドレスがごくごく日常に着こなされていたわけで。
風と共にさりぬでも、ビビアンリーが出産後、コルセットをぎゅうぎゅうにマミーに
しめあげさせていたっけ。
それが「常識」だったところからあっという間に今の洋服を「常識」にした彼女に
本当はもっと感謝しなくちゃいけないのかもね。
あの仰々しいドレスで通勤なんて無理ですわな。

ま、シャネルの生い立ちをよく知ってる人からすれば
別にどってことない映画かもしれませんが、あまり彼女の生涯を知らなかった
私は単純に楽しめました。あとフランス映画ならではの美意識にみちみちあふれた
1カット1カットにもため息。
その昔の窮屈そうではあるけれども優美そのもののドレス、帽子、男爵の贅沢な
家屋敷、美しい庭・・・。ストーリーを追わずにカットだけ見ていても楽しめる
映画だと思います。

今日のBGM
青春花道
ポルノグラフィティ




テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

ロストインヨーカーズ

ロストインヨーカーズ

パルコ劇場で絶賛上演中のロストインヨーカーズ。
見てまいりました。

今まで私が三谷演劇でベスト、に入るすばらしい作品
といえましょう、泣いて笑って・・・まさに喜劇のお手本のような
作品。

演者がみなすばらしい。
でもやっぱり草笛光子さんの存在感とうまさはもう・・・・
彼女なしにはこの作品はありえません。
とてつもない偏屈ものを演じているのに、彼女に共感してしまうのは
彼女の存在感があってこそ、のものだと思います。

あとやっぱり脚本のすばらしさ、も着目しないわけにはいきません。
オリジナルもすばらしいんでしょうし、それを日本語におとした
三谷さんの力もすごい、
とにかくいいものみました。演者にも、スタッフにもとにかくこの
作品にかかわった全員にありがとうといいたいいい作品でした。

今日のBGM
Perfect World
Huey Lewis and The News

もうさすがにヒューイさんたちも本国にお帰りあそばしたのかしら。
あの夢のような瞬間から2週間



テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

メディアのあり方

前回の記事にあげたように、17日の朝日新聞はなかなかの読み応えでした。
アニエスジャウイさんの記事だけでなく、朝日の記者たちが自分たちがあげた記事
についての思いを語る特集があってこれがなかなかの逸品。

被災地の記者は、楽天の優勝を伝える記事において
被災地が希望に湧いた、といった書き方をしたが
その日は偶然ながら町職員ら42人が行方不明になった
防災対策庁舎を取り壊すことを決めた日でもあったそうです。
楽天の大ファンで、居酒屋に毎回楽天の帽子をかぶってくるほどの
町長はそんな重い日に、優勝にはしゃぐことはできなかったという
なんとも複雑なコントラストが一方ではあった、と記者は書いています。

歓喜と悲哀をどちらも記事に書いていれば町の現実や空気管をもっと伝えられ
ていただろう、と記者は振り返ります。

一方で厚労省担当記者時代に確かに聞いていた患者紹介ビジネスについて
聞いてはいたが、次から次へと報道しなければならないテーマがふってきて
ひとつのテーマをほることができないという事実。なんかおかしいな?と
思ってもそれだけで終わってしまっていたのが異動をきっかけに
4か月そのテーマを掘り起し記事にすることができた、というエピソードも
別の記者から紹介されていました。

ということでとても読み応えのある記事だったのですが
私は常々新聞というのは中途半端なメディアだなあと思っていました
タイムリー性には欠ける、この記者たちが思うような、事実の合間に落ちている
大事な事実をうめるにはスペースが足りない。
何かを深堀りするのもよほどのインパクトがないとできない。

そもそも、日刊の紙メディアだけで考えているから中途半端なんじゃないかしら。
「報道」というくくりでTVも紙も(日刊、週刊、出版)インターネットも
本当にひとつの線で流して考えたら、そしてメディアできるのではなく
テーマや機能で担当を区切って、テーマの掘り方によりメディアを使い分ける
そんな考え方の方がいまの時代にはあっているような。
メディアで組織を分けているから、この記者が思い悩むような
事態に陥っているのでは?と記事を読んで感じた次第です。

今日のBGM
One Vision
Queen



文化はぜいたく品でなく生活必需品です

タイトルの言葉は私の言葉ではなく
17日の朝日新聞に掲載されたアニエスジャウイさんの言葉。

彼女はこの後こう続けます
「経済的にも貧しくても美しい音楽や映像に触れる機会は
平等に保障されるべきです。自分とは違う他者を理解
することで、人種差別や戦争、自身の孤独と闘うすべを
培うことができるからです。


その国をうやまい、何より興味をもてるようになるのは
政治的な動きや経済の発展によるものよりも
やはり文化によるところのほうが大きい気がします。
ミャンマーにしたって、アウンサンスーチーさんの活動や
弾圧の報道を通じて感じる関心と、かの国の仏教文化を
通じていだく関心はやっぱり大きく違う。
どちらも大事な関心だけど、自分にひきつけて「感じる」
ことができるのはやはり文化によるものであり
理屈でなく感じたことほど共感度も高くなるんでは、
と思います。

なお17日の朝日新聞はこの記事以外にも読み応えのある記事
満載。こういう記事がたくさん出ていたら新聞も買う意義があるってもんですよ。
まあ論拠的にやや乱暴なものもありはしましたけど、誰にでも書ける記事でなく
記者のこだわり・息遣いが感じる記事はやはり読者の目にとまるものと思います。

今日のBGM
これが私の生きる道
PUFFY


テーマ : アート - ジャンル : 学問・文化・芸術

ピーマンとカッテージチーズのサラダ

ピーマンとカッテージチーズのサラダ

ひっさびさの自炊ネタです。

父のどたばたがあったときはさすがに自炊率激減しましたが
ここのところまた自炊率があがっています。
忙しいは忙しいのですが、忙しいからこそ自炊して
仕事のあんなことこんなことを一瞬忘れる瞬間と
料理してみながら「あ、おいしい」「ん?これはいまいち・・・」
と試行錯誤するのはやっぱり楽しい。

さて今回作ったのはピーマンとカッテージチーズのサラダ
どうやらダイエットのためのめゆーみたいですが
ダイエットじゃなくても全然楽しめる&おいしいメニューです。
パプリカの色合いがカラフルだからおもてなし料理でもいけそうです。
そして・・・・ワインにあいますよ。そういう意味ではちっとも
ダイエットメニューではないような気がする。。。。、

ピーマンとカッテージチーズのサラダ

今日のBGM
The Only One
Huey Lewis and The News

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

Traders Hotel でのテロ

民主化をまがりなりにも進めてきて
経済的にも、何より世界の中での注目度拡大のミャンマーで
本日残念なニュースが流れました

TRADERS HOTEL

私も宿泊したこのトレダーズホテルで爆弾騒ぎがあったみたいです。

このトレダーズホテルはまさにヤンゴンの中心地にあるホテル。
便利でたぶん、経済の要人はもうひとつの高級ホテルストランドよりも
立地からかんがみてこちらを選ぶんではないかと想像します。

それだけに今回のニュースは残念無念。

前にも書きましたが私は別にミャンマー通でもなんでもありません。
たった数日旅行したに過ぎないただの旅行者です。

でも、本当にミャンマーという国は滞在の瞬間瞬間が本当に宝石のように
きらきらするすごい国だったの。
文化もしかり、人々のまじめな生き様しかり。

たった数日ではわからないことも多いけど
たった数日だからわかることもある。
たった数日でもかけがえのない思い出になることもある

通をきどるつもりはまったくもってありませんが
数日の経験でひどくかの国にひかれたものとして
今回の事件がその後の治安維持にうまくいかされることを
祈るばかりです。

今日のBGM
Show me the wonder
Manic Street Preaciers

久々私好みのサウンド発見!
ホーンが効いていて陽気ででも渋くて・・・。
この人たちいったい何者???


テーマ : 海外情報 - ジャンル : 海外情報

SPORTS30周年記念CD

私的にはこのアルバムが出ていたことに気づいていなかったことに
無念、なのですが
こんなアルバムがでていたのです

SPORTS.jpg

SPORTS30周年記念アルバム。
2枚組で1枚は普通のSPORTS
2枚目はSPORTSのラインナップのライブ版。
昔のライブから最近のものまで網羅してます。
意外なのはシングルになっていないHONK TONK BLUES
とかYOU CRACK ME UPなどが最近のバージョンで
有名どころはアルバムリリース直後の昔のバージョン

ああ、武道館でのライブはこんな感じだったかもなあ。
クリスヘイズのギター懐かしい・・・。

中はSPORTSでの大ヒットを生むまでのエピソードや
HUEYさんの振り返りコメントが紹介されている
ライナーノーツいり。まあこれ日本版とアメリカ版では
違うかもですが。

ちょっとおもしろかったのは
このSPORTSで映し出されているTVのようすは
スーパーボールの様子、らしいですよ。
HUEYさん、この当時はまだ30代前半。
若い・・・。



テーマ : お気に入りアーティスト - ジャンル : 音楽

クンチ ビラ ロンボク

さて、シンガポールから乗り継いで深夜、ロンボク島のスンギギにある
クンチビラに到着

1クンチビラ

ロンボク・ギリと複数ホテルにとまりましたが
ここはかなり雰囲気よかったなあ。

部屋のバルコニー

部屋からのながめ。
海の波の音が部屋にいても常に聞こえて目覚めると真っ青な海。
まさにリゾート。
気温はそこそこ高くとも、からっとしていて風があると
涼しいくらい。
過ごしやすいいホテルでした。

今日のBGM
Slammin
Huey Lewis and The News

ライブからもう3日もたとうとしてるとは。
・・・この曲はライブでやるものではないだろうなあ。
アルバム向け。

テーマ : インドネシア - ジャンル : 海外情報

シンガポール空港

インドネシアといっても私がいったのはロンボク島という島。
インドネシアの島、といえばバリが有名だけどここもなかなかの観光地
欧米系の観光客がたくさんいます。

行き方はいろいろあるんですが、私はシンガポール経由を選びました。
乗継まで数時間あったので空港を探索

シンガポール空港

ひろーい!
シンガポールに来たことがある、とはいえそうそう空港にゆっくり
いたわけではないのであまり広さを実感したことはなかったけど
これは広い。

アジアのハブ空港の座をめぐり、タイのバンコクとシンガポールがしのぎを
けずっているとかいないとか、聞いたことがありますがそれも道理ですな。
日本の成田など絶対にハブ空港にはなりませんな。スケールが違います。

南国の空港なので空港は南国らしさ満点
南国ムードたっぷり

南国ムードたっぷり2

南国ムードたっぷり3

カジノなんかもあってなかなか楽しめる空港でした。
カジノもあります

今日のBGM
STARMANN
YUKI


テーマ : 飛行機/フライト/機内食 - ジャンル : 旅行

旅の振り返り

せっかくHUEYさんのおかげでブログ更新癖もついていますんで
ついつい書きそびれていた、でも記憶に残しておきたいネタを
展開していきたいと思います。

社会人になってから
まとまった休みがGETできたら、必ずどこかしら旅行にいく習慣が
できあがってました。特に夏休みは絶対に。
年末年始は自宅でまったり、もありますけどね。でも年末年始も
かなりの確率で週末にちょこっと出向くレベルじゃ難しい旅行を
企てます。

が今年はいろいろあってそれもかなわず。気が付けば1年出張以外
東京を離れたことはありませんでした。
この年末はどうやら旅行にいけそうです。
ただし1歳児と一緒なので今までのようにはいかんのでしょうねえ。
それでも旅に行けるというのはありがたいことです。

前置きが長くなりましたが、私にとっては最新の、でも月日的には1年以上前
のインドネシア旅行をこれからぼちぼち振り返っていこうかと思います。

ということで今日はちょっと気力切れにより
本編は次回

今日はBGM
Heat
B'z

テーマ : その他 - ジャンル : その他

レオナール藤田展

久々にHUEYさんのおかげでブログを更新できました。
本日HUEYさんたちは大阪で熱い熱いライブを展開していたはずです。
あ~うらやましいなあ大阪の皆さん。

ここで大阪公演の曲目リスト予想!みたいなネタを展開しても
いいのですがあまりにシュールすぎ&やってどうすんの?というのを
さすがに思いますんで、やめておくことにします。

HUEYさんの公演のあと3日で更新をやめてしまったら
文字通りの3日坊主&更新していく楽しさ、みたいなのも
思い出し始めましたので4日目の更新をば。

4日目更新ネタはHUEYさんとはなんの関連もない
レオナールフジタネタ。
誰よそれ?という方もいらっしゃろう。
フランス一有名な日本人画家、です。
名前は知らなくともたとえばこの絵は見覚えあったりしませんか?

レオナール藤田展

この画像だと小さすぎてわからないかもだけど、子供の微妙な表情が実に繊細で
かつ窓の後ろから覗き込んでいる子供の様子がなんともおかしくて
でもはじめてみたときはこどもの表情が不気味にも見えて
唯一無二な印象を見る側に強烈に与えるアーティストです。

今回の展覧会の目玉は「こども」
こどもを主役にたたせて、あらゆる職業を描いている
シリーズが秀逸です。
ただかわいい、だけで終わらないこども独特の毒を職業に
なぞらえて書いている様子はもう天才というありきたりな
言葉で終えていいものかどうか迷ってしまうぐらいのすごさです。

美術館に行くのも久々だったのですがやっぱりいってみると
いいものですね。すっかり足が遠のいていた昨今でしたが
これからはいろいろ足をのばしてみようと思います。

今日のBGM
Flowers
山崎まさよし










テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コンサートグッズ

ファンならではのひいき、はHUEYさんの件については前提、のこのブログ。
コンサートの評だって、ファンならではの欲目があるのは承知です。
たとえば音響がいまいちだったところがあったとか、
サックスとアカペラの音程があってなかったとか
ファンだけど・・・気づいちゃったというところはあったのも事実。
でもそういう?を取り除いても、しばらくはコンサートの感動に
ぼーーーっとひたれるだけの感動がありました。

さて、そういうファンの欲目を取り除いても
今回のコンサートグッズはかわいい

コンサートグッズ

赤は女子用Tシャツ。トートバックも、HUEYさんと言われなければ
わからないようなまさかの完成度。
まあさすがに会社に来ていくスーツには合わないけどもさ、休日には全然
持ち歩けるクオリティではと思います。

この年末熱帯の島に旅行に行くことが決定しましたので
このHUEYさんグッズをさっそく活用できそうです。

今日のBGM
Simple as That
Huey Lewis and The News

今回のライブでもやらないだろうな、と推測は
しており、案の定やらなかったけど、やってほしかった
一曲のひとつ。
特にNaturally の後にこれが続くと感動ひとしおなのよね。
武道館公演で「新曲です」といってやってくれたのも
かれこれ△年前・・・。

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

HUEYさん 2日目!

本日HUEYさん2日目。
なんと前から3列目で堪能できました。
目が合っちゃう気がしちゃうような幸せな席・・・。

ラインナップは
Doing it All For My Baby
がIf This is it
に変わったのみであとは同じ。
2日目のほうが練れた感じだったかなあ。

最後の方ちょっとよろよろしていたりして
やっぱりお疲れのようではありました(俺もう歳だから
この時間だとベッドタイムだよと冗談いってたりしてました)
が新旧ソングを表情豊かに歌ってくれてうっとりでした。

曲の構成とかなにげなくしているようで
実によく考えられている2日間でした。
SPORTSツアー、というからにはもしかしてSPORTSの
曲はすべてやってあとはちょろちょろ、かとおもいきや
HUEY LEWIS and The News
Picture This
Sports
Fore
Four Chords & Several Years
Planb

とまんべんなく演奏されてました。
Hard at Play からの曲は代々木でのライブ以外は
聞いたことないなあ。彼らのお気にめさない曲なのかしら?
Couple Days Off とか好きなんだけどな。

ああ、あっという間の2日でした。
がんばってきてよかった。
最後の1曲、Working For Living
よろしく、生きてくために明日も仕事がんばるよ。

次また日本に来てくれるんだろうか・・・。
来てほしいな。
でも来てもらうのを待つだけでなく私もやっぱ
アメリカ行こうかな。いまいち観光するにはむかない
ところでのライブが多いけど・・・。


テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

HUEYさんついに来日

コンサート前

今日このネタを書かずしてなんのためのブログやら。
今日(正確には昨日にもうなってしまいましたが)はHUEYさん
のコンサート IN 渋谷

フェイスブックに楽しみにしている度でいったら私はこの会場で上位に
入る、と豪語しましたが、私と同じ熱さでHUEYさんを待っていた人たちが
公会堂を埋め尽くしていました。GOOD OrdiencesとHUEYさんから
お褒めの言葉がありましたがそれも道理。のる曲、静かに聞く曲
ちゃんとわかっていらっしゃるって感じのお客様がおおございました。

興奮しすぎて正確性をかいている可能性も大ですが
ラインナップは

Heart of Rock'n ROll
Heart and Soul
Bad is Bad
I want a New Drug

Doing It all For My Babys
Trouble In Paradise
Jaccob's Ladder
Back in Time

Hip To Be Square
We were Young(新曲)
It's All right
Little Bitty Pretty One
But It's Alright
We're not Here for a Long Time

アンコール
Power of Love
Do you Believe in love?
Boys Back in time
Working for a living

もりあげるところ、じっくりきかせるところ、
ホーンを効かせるところ
ギターでうならせるところ
なにげにベースを際立たせるところ

さりげなくなんでもなくやってる風でいて
これはいろいろ試行錯誤して作り上げたんだろうな、という
一流の技を感じさせる舞台。
でもそこに息がつまるようなストイックさはなくて
お客さんを楽しませる演奏をすることが自分たちも楽しいんだ
・・という彼ら独特のマインドが随所に出ている素晴らしい舞台。
堪能しました。

個人的にはTrouble In Paradise を聞いてるとき
ちょっと涙ぐんでしまいました。
ほんとにこの1年、仕事もプライベートもほんと大変なことが多かったんだけど
なんか神様がご褒美をくれたようなそんな錯覚におちいってしまいました。
もちろんそんなことがあろうはずもなく自分が大変だった時と彼の来日が
重なった「だけ」のことだけど・・・でも彼の音楽からああ、そう人生もっと
楽しまなきゃな、と決心を新たにしました。
明日も行きますよ!!






テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。