スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真のプロへの道

プロといって人が思い浮かべる人はどんな人か。

結果と結果を出すプロセスで、通常の人ではやりきれないことを
やりきり続ける人、が私の中でのプロのイメージ。

そのイメージにぴったり、なプロセスを見せてくれ見事な文章で
まとめているのが4月10日付日経の「スポートピア」の
工藤公康氏。ご存知40すぎてもまだなおプロの世界で一定の
役割を果たし続けた彼です。
まさにこれこそプロ、なプロセスが語られています。

しのごの言わずに彼の記事をそのまま引用したほうが
そのすごさがわかる気がするので引用します。
西武からダイエーに移籍し、彼は勝利への執念が足りず
かつ技術もないチームメートに愕然とするとともに奮起します。
当時の王監督は当時若手の城島捕手を育てたいという思いが
あったのですが、しかし・・・

だが若い彼はただミーティングで言われた通りにサインを出しているだけ。
リードとはいえず、捕手としての意思もない。
これではまずいと思った。自分が配球まで考えないと、城島にアドバイス
すらできない。私は西武時代からのすべてのビデオを引っ張り出しては、
毎日見直した。研究したのは打者の見逃し方、ファウルの打ち方、右打者
なら右方向への打ち方など。実際の試合で試しながら失敗と成功を繰り返す
うち、打者の狙い球を「感じる」ことができるようになっていった。プロの
壁をまたひとつ乗り越えられた気がした。
野球とは不思議なものだ。球が速ければ勝てるわけではないし、遅いから
負けるわけでもない。プロとは集積した知識と経験をどう生かすか、なのだと
悟った。
経験値は打たれたときや負けたときの方が上がる。失敗を反省し、ノートに
付け、どう次につなげるかを考えた。相手の強みやチーム状況を理解すれば
同じ失敗を繰り返さずに「何をすればいいか」が見えてくる。
すべての打者に対してどんな球を待っているのか、どの方向に打ちたいのかが
わかったのが99年だった。白球を放す瞬間、自分と相手のタイミングが合っていると
感じてとっさにボール球にすることもできた。


工藤さんのこんな取り組みとそしてもちろん城島選手自身の努力と工夫で
城島選手は球界随一の捕手になり、チームも優勝を実現します。

最後に工藤さんはこう締めくくります。

野球選手になったからといって本当の意味のプロではない。
知識と経験を重ね、意思を持って自分を鍛えていく。そうした過程を
経て生まれた自覚があってファンや周囲の人々に感謝できるようになる。
その時こそ真のプロといえるのではないか。


そう、なんらかの職業についた、何かの仕事を任された、だけでは
プロではないし、社会人でもない。
そして、たぶん、成果を出しただけでもだめ。
仕事を通じた成長を自覚でき、まわりにもそれを感じさせる大人になる
ことこそ、プロ、なのだと思います。

私は単なる会社員だけど、でもある仕事を任されている以上
アマチュアで終るわけにはいかないわけで
失敗を繰り返しながらも(私はそんなに器用じゃないのでたぶん
なにかやらかします)チームで成果に酔えるそんな1年1年を
積み重ねていけたらな、と思います。

今日のBGM
Lady Gaga
Marry The Night
スポンサーサイト

テーマ : 野球 - ジャンル : スポーツ

すべってころんで

田辺聖子さんの小説。その昔新聞連載されていたものらしいです。
ごくごくごくごく普通の、新興団地に住む主婦の物語。
長男がちょっと反抗期に入ったり(この反抗期が過激派だの
反戦だのが絡むのはやや時代がかっていはするのですが)
その昔の初恋の人と、会ってちょっと胸をときめかせてみたり
と、本当によくある普通の物語。

なのですが、そこにどてっと土着な大阪弁が小説の隅から
隅まで横たわっていることで、甘ちゃんな物語で終らずに
ちょっとしたおかしみや、力強さが流れ出てくる、それこそが
田辺さんの小説の醍醐味な気がします。

主人公のまわりにいる「大阪のおばちゃん」もまたいい味だして
ます

「言うたらなんやけど」と増田夫人は言った。
これも増田夫人の口癖である。
「言うたらなんやけど」というのは「こんなことは口に
すべきではないのであるが、しかし敢えていわせてもらえば」
という言外の意味が含まれている。
同時に「むやみやたらと、ここでしゃべったことは他人に
いいひろめないでほしいのである。何となればこれは
個人のごく主観的な見解であるから他人はそうは
思わないかもしれない。それを敢えていうならば」
という長い意味もある


関東の「ここだけの話・・」という前置きよりよほど
いろんな意味が含まれているってわけですね。
「言うたらなんやけど」な下世話な会話もこの小説の魅力です。

今日のBGM
そんなこといわないで
堺正章&クレージーケンバンド

ああ、剣さんのライブまた行きたくなっちゃった・・。

テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

牛タン弁当

仙台から東京には朝移動しました。
東京に着くのは昼で、あまりご飯を食べる時間もなく
次の予定に行かなくちゃいけなくなりそうだったので
お弁当を買いました。

牛タン弁当

他にもいろいろありましたけど、なんとなく直感で選択。

お弁当の下のほうに書いてあるように、あっためられるタイプです。

お弁当中身

中身はこんな感じです。
もーのすごく美味かといわれますとちょっと微妙ですが
あつあつを食べられますし、せっかく仙台に行ったのに牛タン
食べられなかったというむきには、話題&思い出作りにいいかも。

今日のBGM
つけまつける
きゃりーぱみゅぱみゅ

なんか最近は原宿ガールとやらが増えているんだとか。
その昔もMILKとかCANとかなんかふりふりした洋服で
一式そろえていた輩がいましたけど、そんなような
もんでしょうか?

テーマ : 仙台 - ジャンル : 地域情報

カックラキン大放送!

ケーブルTVをみてますと、こどものころ見ていた番組が
再放送されていたりします。

ドリフ大爆笑なんてしょっちゅうやっていてついつい見ちゃいますが
今のお笑いよりも単純でわかりやすいですな。
そういや、私が中学生の頃、実家でアメリカからの留学生を短期間
泊めたことがありまして。彼女は当然のことながら日本語を
理解しなかったわけですが、一緒に当然通訳ナシで
ドリフ大爆笑のお葬式のコントをみてそれこそ大爆笑したっけ。
言葉をこえたお笑いの偉大さを感じた瞬間でした(やや言いすぎ)

と前置きが長くなりましたがカックラキン大放送です。
確かこれ金曜日の7時半からやっていました。
30分というショートタームでありながらものすごいつまりに
つまった構成なのです。

オープニングコント→お笑いお茶の間劇場→ゲスト歌→ナオコばあちゃんの
縁側日記→歌(4人)→エンディング挨拶

これをなんと30分にぎゅぎゅぎゅっと詰めているんですよ。
まあもちろん、今見返しますとできは粗いですが
野口五郎と研ナオコのコメディアン(エンヌ)ぶりは相当です。
今のアイドルも器用にバラエティやってますけど、スマスマ以外は
コントってあまりないはずで、コントでここまでやれるって相当
すごい才能だと思うわ・・。
一度復活番組やってくれたら昭和世代からそれなりに評価されるんじゃ
ないかと思いますけどね。
ただあくまで特番レベルでの話ですけど。。。

今日のBGM
ワイルドアットハート

やっと彼らの顔の区別がつくようになってきました。
もうすっかり彼らの時代、なんでしょうね。

テーマ : TV番組 - ジャンル : お笑い

白謙

仙台ネタ まだしつこく続きます。

仙台出張が決まった際、仙台出身の会社後輩に
仙台でのおいしものって?って聞いたときに
まっさきに名前があがったのは「白謙のかまぼこ」

後輩いわく
「メジャーな企業は他にもいろいろあるんだけど
 地元ではここがおいしいってみんな言ってる」
とのこと。

ま、この後輩、仕事の件ではいろいろ思い込みで
突っ走るところがあるんですが
こと、食べ物についての情報はえらく正確なんで信じてみることに
(ちなみに牛タンについては「私は食べないんで知らないです」
というずっこける返事がきましてなんの参考にもならず)

仙台駅の白謙のお店でひとつビールのおともに買ってみました

しらけん1

こんな感じで5枚入っております。

しらけん2

出してみた感じはこんな感じ。


しらけん3

切り口こちら

よくあるすっかすか~なゴムみたいな練り物ではなく、お魚の風味たっぷりなそれでいて
絶妙なこしとやわらかさ。うんま~。

これは地元の人たちも絶賛するわけですね。
地元のおいしいものは地元に聞くに限りますな。

今日のBGM
Forbidden Love
U-Kiss

K POPも出てきた当初は新鮮だったけど
そろそろ切り口を考えないと飽きられちゃいそうな・・・。
少なくとも私誰が誰だかわからなくなっちゃってます
(もっともそれはジャニーズにもいえることなんだけど・・
見分けがつかん・・・)

テーマ : 仙台 - ジャンル : 地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。