ヨドノスビーチ

予想以上のさびれぶりに少々腰がひけた与論ライフだったのですが
海は予想にたがわずすごくきれいでした。

こちらウドノスビーチ。
宿泊したホテルの目の前のビーチです。
ホテルのベランダからパチリ。
朝はこんな感じ。
ウドノスビーチ

夕方はこんな感じ。
ちょい曇りがちだったので夕日の沈むところはちょっと見られなかったけど
それでも十分綺麗。
夕方

ああしみじみ美しい。

今日のBGM
マル・マル・モリ・モリ
薫と友樹、たまにムック

確かに演技も達者だし(MOTHERの演技は
おそろしすぎました)かわいいんだけど
大人にいいように利用されてるように
見えちゃって心配。大丈夫なんですかね?
スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

屋形船から見える夜景

職場でやや恒例になりつつある夏の屋形船企画。
今年もつつがなく(?)おこなわれました。
浴衣をあしらえた輩も多かったですが私はジーンズで。
だってめんどくさいんだもん&私浴衣とか着物って似合わないのよね。
背がむやみに高いんで、春巻きみたくなっちゃうのよ・・・。

ま、何を着ようが目の前に繰り広げられる景色はみな平等に同じ。
屋形船はそこで味わえる天ぷらももちろんいいんだけど
なにしろ景色がごちそう

まずは夕闇の景色を楽しんで

夕闇のお台場

夕闇のお台場2

他の屋形船がやみにくっきり浮き上がるのも素敵

他の屋形船

そうして船をみているといつのまに
他の屋形船2

夜になってゆく

お台場の夜景

節電が当たり前の昨今、それでも人がいれば電気はこうこうとつくわけで。
結構明るいなと思いますけど、これ↓去年のお台場。
やはり比較すると節電しているんだな、ってことはわかるかも

お台場

お台場でしばらく停泊した後
船ならではの醍醐味で橋の下をくぐり

橋の下を通るの巻

くぐり終わって橋の様子を垣間見る。
夜景が綺麗

きれいだなあ、でもやっぱ去年に比べると電気おとしているよな、
うーん気のせいかな?と思って去年の写真を見てみると

レインボーブリッジ夜編

やっぱり明るい。
こうやってみてみると私らはいかに無駄なことをしてきたかってことですね。。
もっとも屋形船に乗ること自体無駄じゃないかといわれればもう
ぐうの音もでないんですけどね。

船は隅田川を渡って勝鬨橋を通り
勝鬨橋

隅田川付近のマンション街を見ながら
隅田川近くの夜景

出発した浜松町近くの船宿に戻りました。

ちなみにお代は2時間半で食事・飲み放題がついて一人1万円なり。
貸切じゃなくても1万くらいしちゃうから今回は割安でしたけど
でも気軽にほいほい乗れるもんじゃないですね。

春夏秋冬いつでも乗れますが船の上で味わえる涼風の気持ちよさは
夏ならでは。
どうせ乗るなら夏がおすすめ。
ただし隅田川花火大会のときはお値段3万円くらいにはねあがるみたいなんで
そこはご注意を。まあそもそもそこまでお金を出してもそれでも予約殺到で
大変みたいですけどね。

今日のBGM

ORANGE RANGE

テーマ : 東京23区 - ジャンル : 地域情報

東京03 燥ぐ、驕る、暴く、また燥ぐ

東京03のライブをみてきました。タイトルは今回の東京03のツアーのタイトルです。

いやーおもしろかった。
ほんと期待通り。
三人三様の個性をうまくいかし、ぎりぎりな大仰さとぎりぎりの
普通さで笑いをうむその構成と演技力に脱帽。

もともと気になってたんだけど、生でライブをみてみて
角田さんの演技の(お笑い的にいい意味での)気持ち悪さに
惚れてしまいました。
たぶん03ファンの大半は彼の奇妙な演技を心待ちにしているはず。

ちなみに今回の上演、ゲストが出てまして私の見た回のゲストは
おぎやはぎのおぎさん。ラッキー。
東京03にとってはある意味旬のヤクザネタもおぎさんがちらっとせりふの
中に入れ込んじゃったりして、会場は大爆笑。
さすがな味わい、さすがな返し。

また絶対見に行きたい!と思えるいいライブでした。

今日のBGM
Go!GO!サマー
KARA

私はKARAよりも少女時代のほうが
"腕”があると思うんだけど、アイドルとしては
KARAのほうが正しいんですかね。
ちなみに最近出てきたAfterSchoolもなかなか
かっこいいんじゃないかと思います

テーマ : お笑い芸人 - ジャンル : お笑い

那覇~与論島間で見える風景

与論島は奄美同様県としては鹿児島に属しますが
距離的には沖縄本島の近く。
那覇からプロペラ機でだいたい30分くらい飛べば着いてしまいます。
(天気予報を見る際に、いったいどこの天気を見ればいいのか迷いましたが
どうやら沖縄本島の天気予報でよかった模様)

飛行機からいろんな島々が見えたのですがこれがなかなか美しい。
ただこれどこの島なのかはわからなかったんだよなあ。。。

島6

島5

島4

島3

島2

島1

こんな具合に結構綺麗に島が見えるんですけどね・・・。
帰宅してから調べてみてもいまいち不明。

なんだろ?なんだろ?きゃあ綺麗
なんていってるうちに飛行機はついちゃいますので
写真をとるにせよながめるにせよ、
与論←→沖縄間はぼんやりせずに
目をこらしておいたほうがよさそうです。

今日のBGM
喜怒哀楽plus愛
木村カエラ

テーマ : 【鹿児島】 - ジャンル : 地域情報

食堂インド

食堂インド

壺屋から桜坂という有名な坂を登りきってすぐのところにある食堂インド。
本格的なインドカレーを食べられます。
これまた友人
ブログに出ていた&ガイドブックにも出ていたのでちょっとよってみました。
この友人は本当に沖縄のことを良く知っているのみならず
彼女が良いと薦めたお店は本当にどこもおいしいので、私は絶大な信頼をおいているので
あります。
沖縄に旅行する際には彼女のブログを参考にするといいですよ。

・・・と横道にそれました。

頼んだのは

タンドリーチキン

タンドリーチキン と

マトンのカレー

マトンのカレー &ナン

いやいや本当にうまい!!
私が今まで食べてきたインドカレーの中で
ベスト3に確実に入るうまさ。
ただからいだけでなく、本格スパイスのブレンドの妙で
本当に深い味わいの辛さを味わえます。

おいしいだろうとは思っていたけど
ここまでおいしいとは。
東京にあったら絶対通っちゃうよ。

ということで大満足!でした。
カレー好きはぜひ行くべし。

今日のBGM
Touch
flumpool

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

壺屋小学校

壺屋小学校1

牧志のモノレール駅から見える壺屋小学校。
校舎にはめこまれているのも焼き物?
私のなんちゃってデジカメではあまりきれいにつらうなかったけど、
シーサーも一定距離ごとにはめこまれていて、なんとも美しい校舎でした。

東京の小学校はどこを見てもこれといった特色を感じられない学校が多いですけど
沖縄の学校はなんとも個性的。
こんな味わい深い学校に通っている子ども達はそれなりに美意識がとぎすまされるんじゃ
ないかしら??

今日のBGM
雄叫び
遊助

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

For The Boys

for the boys

サントラだけは持っていたけど肝心の映画は見たことがなかった
この映画。
先日はじめてみました。
ベットミドラーの実力を隅から隅まで堪能できる映画です。

映画の内容はといえば、第二次世界大戦からベトナム戦争にかけて
慰問やテレビで芸能界をひっぱってきた女性シンガー(ミドラー)と
男性芸人(ジェームスカーン)の2人の芸人としてのサクセスストーリーと
その裏で戦争によって家族を失い、戦争が絡む言論統制などが渦巻き
主人公2人は戸惑いながらも
客の前では、あくまで陽気に、ときに下品に丁々発止の芸を繰り広げ
客を大満足させていきます。
その芸の見事さと裏にある憎しみや悲しみのギャップこそがこの映画の
見所。

憎しみと書きましたが、憎しみはどちらかというとミドラー→カーンの
一方的な流れで描かれています。
カーンは最初の出会いでこそ、ミドラーに悪態をつくものの
終始ミドラーのすごさを認め、ミドラーをたてています。

一方的に憎まれているカーンも、いろんな戦争の悲劇や言論統制にも心を痛め、
いためつつも、大勢に逆らうことができず
したがって生きている様子がよくわかるがため、最初はこのミドラーの
カーンに対する感情の意味合いがよくわからなかったのですが
ミドラーのこのカーンに対する怒りは本当に彼個人に対する怒りではなく
国家に対する怒りなのですね。
うまい言葉でつって人を戦争にかりたて、ほめそさえるような甘い言葉や褒章は
くれるけど、本当に大切なものはどんどん自分の手から奪い取っていく国家への怒り。
その伏線を見抜けるとこの映画の見所はさらに増えるといえましょう。

またこの映画内では戦争の当事者達の戦争に対する捕らえ方の複雑さを描いているのも
見所。
ベトナム戦争の戦地で軍隊の指揮をしながらも
こんなに美しい国を壊していくなんて、と嘆く息子にミドラーはかける言葉を
失います。
闘いながら精神が来るっていく兵士の様子、狂いながらも本来は敵である
ベトナム人の子ども達と遊ぶ兵士、
嘆きながらもいざ爆撃戦となった際には攻撃の手はゆるめず突進あるのみ
という荒れた戦地でミドラーが歌うIN MY LIFE は本当に心にしみます。

ミドラーの芸を楽しむだけでも相当に堪能できる映画。
もう20年も前の映画だけど見るべし!な作品です。

今日のBGM
In My Life
Bette Midler

テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

諸悪の根源は選挙にあり?

私は自宅で新聞をとっていません。
だからって新聞を読んでいないわけではなくて新聞は読んでいるのよ。
毎朝駅で買ってます。

配達してもらわなくなったのは外出のときなどに配達をとめてもらうのが
めんどくさい、という理由が大きいのですが、もうひとつは
複数の新聞をいろいろ読みたい、というのもあったりします。

・・・と書くと、毎日複数紙に目を通しているような誤解をされる
むきもあるかもですが、そこまでの時間はわたくしにはございませんで、
目を通すのは毎日1紙なのですが、毎日買う新聞を変えているのです。
前日論じられていたトーンとまるで違うトーンの報道を
翌日読んだりすることになるわけで、これは結構面白い。

読んでいてそうだなあ、その通りだなあ、と思うことが多いのは
毎日、東京、読売。
毎日は叔父がその昔勤めていたっていうことでややひいきの引き倒しの
ところもあるかも・・・。
東京についてはそれまで読んだことがなかったもんで、ちょっとおっかな
びっくりだったのですが、論調的に大変バランスが良い論調が多い。
読売は東京に比べるとやや右よりかしら?でも堅すぎずやわらかすぎない
解説はなかなか。

で、いつもおいおい、すごいな、君達。
そこまで極端な記事をのせちゃいますか、とひやひやしたり
いらいらさせられるのが産経新聞です。
もうびっくりするくらいの右よりです。
なのでいつも買うたびに「今日は産経か~。なんか朝からテンション
下がるなあ」などと思ってしまうわけで。

なら、買うなよ、ってことなんですが
エッジが利いているがゆえ、結構あなどれない記事に出会うことも
あるんで、時々は目を通すようにしているわけです。

で前置きが大変長くなったのですがこの19日に産経で掲載されていた選挙
についての特集がなかなか面白く。
私が読み取った限りでは「諸悪の根源は小選挙区制にあり」

諸悪にはいろいろあったのですが、ひとつなるほどそうかもな、と思ったのは
小選挙区になって、ますます各党政局争いに終始するようになったというもの。
個人の活動や主義よりも選挙区の磁場やどの政党から選挙に出るのが重要に
なってきたし、政党の中においては有利な選挙区からいかにでるかが勝利(?)
のポイントになってきたもんだから、何を主張するかよりも、選挙の際に得な場所に
自分をおいてもらうか、のほうが大事になっちゃったんじゃないの?
・・・平たくかつ乱暴にいうとそんなようなことが書いてありました。

これ結構当たっていないかしら?
小選挙区になってから、どんな政局を論じていても最後は結局選挙の話に結びついていた
ような・・・。
本来選挙って政治をおこなうためのプロセスのはずなのにね。

また記事では比例代表制の矛盾に着いても当然ついてました。
小選挙区で負けても比例で復活ってあれね。
普通に考えてなんだか気持ち悪いよね・・・。
大物ほど当選し続ける制度にどうしても見えちゃうよな。

ま、それこそ本当は今の日本は
選挙の方法など論じている場合じゃないんだが
あいも変わらず政論ではなく政局争いであけくれている
国会を見ると、メスを入れざるをえないのかしらね?

今日のBGM
アイガアル
Every Little Thing

私はこの人たちの曲、いまいちどこが
いいのかわからないのよね・・・。
カラオケでは歌いやすいけど。

ただごっつええ、に出ているときの伊藤さんは
味があって好きです。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

アボガドときゅうりの塩ナムル

ナムルといえば、
もやしやにんじん、ときにほうれん草あたりが
定番かしら?

きゅうりとナムルという組み合わせ、これいかに?

アボガドときゅうりのナムル

結果は◎
すごくおいしい。
ぱくぱくいけちゃいます。

レシピ元はこちらのうーらさんのレシピ

あ、ちなみに私、のりとごまはうちになかったんで省略しちゃってますが
あったほうがより本格的なお味になること間違いナシです。

今日のBGM
BEHIND THE MASK
Michel Jackson

これってもともとYMOの曲だったのね。
知らなかった・・。
PVがマイケルを好きで好きでしょうがない人たちの
愛であふれていて、でもおしゃれでなかなかの出来と思います。

テーマ : おうちごはん - ジャンル : グルメ

カジキのソテー トマトソース添え

かじきのソテートマトソース

ここんとこ国籍不明な料理が続いていたので
思い切り洋風なものが食べたくなって作りました。


<材料>
かじきまぐろ 2きれ
小麦粉 適量
バター 適量
オリーブオイル
塩コショウ
トマト 1個
レモン 1/2個
乾燥バジル お好みで
赤ワイン 半カップ程度

<作り方>
1.かじきまぐろに小麦粉をうっすらつける
2.トマトは4センチ角程度に粗みじん切りしておく。
  種を取り除けるならのぞいたほうがべたー
3.フライパンにバターを熱し、バターがジュウジュウいってきたら
オリーブオイルをちょっとたして、こんがり焼く
4.焼きあがったら魚をとりだし、フライパンに細かく砕いたトマトを投入
5.ただちにワイン投入。ソースが半量になるくらいまで煮詰める
6.最後にレモンを加え、バジルを投入する。

参考にしたのはこちらのatavoladamiyuさんのレシピ。

私は白ワインがなく、生バジルもなかったので
赤ワイン&乾燥バジルですませてしまってますけど
白ワインで作ったほうがあっさり風味になるんじゃないかな。
バジルも生のほうが風味は増すわよね・・・
次はぜひ生バジルで試してみたいです。

今日のBGM
Ryo the Skywalker
Pon de floor




テーマ : おうちごはん - ジャンル : グルメ

壺屋 群青

壺屋は前ご紹介したようにさまざまな壺屋焼きのお店が並んでいて
それはそれは至極のときをすごせるわけですが、
当然ながらお店にはそれぞれ個性があります。

個性がある、ということは当然お店と客との相性
といいますか、わかりやすくいうと好き嫌いはわかれるわけですね。

ただ私の場合、さほど沖縄通ではなく、壺屋を訪れたのは
迷い込んだときを抜かせば今回で2回目。
前回訪問の記憶は薄れてましてどこでお皿を購入したんだったか
すっかり忘れておりました。

数々のお店を見ながら、見るのは楽しいけど
買うまでは至らないなあ、今回は見るだけで終わりかな
と思いはじめた頃訪れたのが群青

群青

お店の中でお皿を見始めたときやっと、記憶が戻ってきました。
ここ、前回きたよ!お皿買ったよ。そうそうすごく好きなお皿が
てんこもりのお店だったよ、と。

ちなみに以前買ったのはこんなの。

白菜と豚肉のピリ辛炒め

ゴーヤ&スパム

特にこのくし目のはかわいい&買ってから気づいたんですけど
私の手持ちのお皿にあいやすいのです。
私の手持ちのお皿は赤基調のものか青基調のものが多いのですが
どっちとあわせても合うんですよね、このお皿は。
なのでこれでおとり皿とかあれば、いいなと思ったら

取り皿

まんまと(?)ありました。
お買い上げ。

小皿も発見。こちらもお買いあげ

お小皿

さらに
おはし置き

お箸置きもあったのでこちらもお買い上げ
お小皿、お取り皿は4枚ずつかったのですが
トータルで11190円なり

で、お店の方が
「くしめがお好きなんですね。ではこちらはおまけです」
とお湯のみをつけてくださいました。

お湯のみ

私今まで
なかなか気に入ったお湯のみがなくって
祖母宅から譲り受けた日本茶用の茶器しかなかったのですよ。
お番茶をがぶがぶのみたいときなんかは不便このうえなかったのですが
これからはこれにて一件落着?

ということで満足満足なのですが、うちの食器棚はもはや芸術の域にまで達した感じで
食器が重なり合っています。いやはや・・。

今日のBGM
Hello
YUKI

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

壺屋焼物博物館

壺屋でのもうひとつのお楽しみはこれ

壺屋陶器博物館

焼物博物館。
どういう展示物があるのか、どの程度のボリュームかなど詳しい情報は
得られないでいったんだけど、焼き物を見られるなら面白くないはずはない、と
思ったわけです。

で、結果は
大満足!

入場料300円でこれだけのものを見られるなら言うことなしです。

館内は写真撮影OKなのもうれしい。
ただし「焼き物はいいが、焼き物の後ろにあるパネルの撮影はNG」
なのでご注意を。

こんな感じでほんといろいろ見られるのよ。

展示物の数々

展示物の数々2

展示物の数々4

もっとお皿そのものをアップに撮影もしたけどそれをブログにのせるのは
なんかはばかられるので、省略。他にもいろいろありましたよ。
3大人間国宝の作品も拝めます。

珍しかったところでは
国威を揚げるためにつくられた数々の品

日本の国威・愛国心をあげるために作られた陶器。
沖縄の歴史を思うと胸が痛みますが
ただただ日の丸愛国に終っておらず、制限のある中でも
ちゃんと「壺屋焼」になっており芸術になっているところに
感動しました。陶芸家の人たちの意地がひしひしと
感じられる作品といえましょう。

アメリカのお土産に作られたもの

一方でこちらは米国兵の米国へのお土産に作られた
品々。こちらもやはり陶芸家の人たちの意地を
感じます。でもこれは意地もあるけど工夫もあるような。
新たな文化を取り入れて新しい芸術が作られている様子も
目に浮かびます。

博物館というには確かに狭いんだけど、でも中身は充実。
焼きもの好きはぜひ見るべし。

今日のBGM
誰がために鐘は鳴る
高橋 優

タイトルは大げさですが・・・私にはこれといって
特に響く要素なし。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

にんじんと大根のなます

にんじんと大根のなます

なますといえば、お正月料理の定番。
もっとちょんもり作って、ゆずの皮かなんか入れるんですが
甘酸っぱいものって冬よりむしろ夏のほうが食べたくなるような。

うちにはスライサーがない&私の包丁がいまいちなもんで、
千切りがいまいちきれいにできていないのが
残念ですが、ちょっとつくってみました。

野菜がしんなりするまで塩もみして水を出してから
甘酢であえてレモンでちょっと仕上げ。
おせちより、本当におかずの一品としてばりばり食べる。
夏、日焼けにはビタミン必要ですからね。

・・・と見たら大根と人参の組み合わせはビタミンを壊す?という
記事を発見。あらら・・・
ま、食べないよかいいでしょ、ってことで・・・

今日のBGM
chu chu
momoon

ボーカルの今時の女の子のルックスに
またよくあるエセカラオケ上手な音楽だわな
と思っていたら、あらま、おしゃれじゃないですか。
結構好きかも。

テーマ : おうちごはん - ジャンル : グルメ

たたききゅうりと葱油和え

たたききゅうりの葱油和え

夏になるとなんだかきゅうりがおいしい。
やっぱり身体は旬のものを欲しているんですかね。

夏においいしなあ、と思う食べ方は即席漬けチックな食べ方ですね。
豆板醤とお醤油・お酢に和えるのは私の夏の定番だったりするわけですから
ネットでこんなのを発見。

たたききゅうりと葱油和え

葱油がさめたらすぐ食べられますけど、冷やして味をしみこませるたほうが
よりおいしくなる気がします。
ビールにあいます!

今日のBGM
プラネットマジック
N'夙川BOYS

80年代のテクノ(いまや死語か)とロックを融合させたような
不思議なサウンド。個性的ではあるけど、この路線で本当に
長く続けられるのかしら?

テーマ : おうちごはん - ジャンル : グルメ

トマトとアボガドの白味噌炒り卵

トマトとアボガドの白味噌炒り卵

お題の通り、トマトとアボガドを白味噌味で炒り卵にしたもの。
白味噌?炒り卵?
アボガド?卵?

すぐにイメージできる組み合わせではないんだけど
これがまた!うまい。

アボガドと卵も合うし
卵と白味噌も合う。
アボガドだけだとややくどいところに
トマトの酸味がいい具合で効いてます。

レシピはこちら
Cpicon トマトとアボカドの白味噌炒り卵 by ochikeron

以前洋風きんぴらでもお世話になったochikeronさんのレシピです。

今日のBGM
LIFE
Luv and Soul

テーマ : おうちごはん - ジャンル : グルメ

壺屋

沖縄での乗り換え時間を長くしたかったのは
おいしいご飯を食べたい、という理由と
壺屋に行きたいという理由の2つ。

で、壺屋。
行ってまいりました。

以前友人と沖縄の港近くのどこかで待ち合わせしたんです。
ホテルからまっすぐ歩けばいいだけだったので、楽勝!と思っていたんですが
私見事に反対方向を歩いてしまってこの「壺屋」にたどりついてしまったんです。
ま、おかげで待ち合わせには遅刻してしまったのですが、これはなかなか素敵な
町だ、ってことで、すっかり私の中にインプットされたのでした。

陶芸が好きな人は壺屋と聞くとぴんとくるかもですが、壺屋焼でおなじみの
町でございます。
壺屋焼きっていうのは
沖縄独特のカラフルで力強い、でもよく見ると繊細な陶器です。

たとえばこんなのとか
豚にらラーメン

こんなのとか
ピーマンとベーコンの炒め物
です。

で、街の様子ですが

壺屋2

町もこんな感じで実に趣き深いのです。
通りにはずっと、壺屋焼きのお店が並んでおります。

壺屋

壺屋3

壺屋4

見てまわるだけで至福のときです。

今日のBGM
ハリキリ女神
ココア男

アイドル??見たことないや、と思ったら
関西のTVに出ていたらしいです。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

Back To The Future Part2

Back_To_The_Future.jpg

超久々にみてしまいました。
友人と話をしていた際にこの映画の話が出て久々に見てみたくなったのだ。

今見ると別の感慨が。
だってね、ここの映画で描かれている世界はなんと2015年!
ほんの数年後のことなのよ。

車が宙を浮いて走っている様子とかしゃべったら、とたんに
果物がすっと出てくる、とかロボットがガソリンスタンドで
ガソリンついでたりとか、30年前に想像していた未来図に
比べると今の世の中なんと、アナログなことか。

しかし一方で、さすがのスピルバーグも
インターネット社会のことは想像が及んでいなかったようで・・。
映画中でTV電話で主人公マーティーがクビを言い渡されるシーンがあるんです。
電話で言い渡された後
わざわざFAXが送られるのよね。
・・・今はメールだわね。

あたっているなあ、というのはTVが薄型化されているところ。
これはまさに・・・。TVのチャンネルが複数化専門化されている
ところもあたっている。やはりメディアにたずさわっている人たち
のメディアに対する未来の描き方は正確、というところかしら?

友人とはこの映画、今時の若者は知らないだろうね、という話を
していたのですが、知ったところで理解できないだろうな、この
映画の面白み。。。だってこの映画で未来として描かれている
時代を「今」生きてるんだもの。
へえ昔の人はこんな風に未来を想像していたんだね。変なの~って
ところかしら。

ということで、久々見返してみて
ちょっと想像していたのと違った面白みを感じました。

今日のBGM
Heart of Gold
毛皮のマリーズ

ただ奇抜をねらっているだけでなく
結構地味に作りたい音楽を作っている
人たちなんだなあ、というのがこの曲からは
伝わってきます。

テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

沖縄ハム スモークハム

沖縄ハム スモークハム

与論島は奄美大島以上に・・・その・・・なんといいますか
さびれておりました。

町でご当地のお料理を、と当初は思っていたのですが
どうもどれも食指が動かない。
スーパーとかで適当に食べ物を調達したほうがよさそうな
気がしまして、与論ではほとんど「買い食い」に徹した次第。

で、買ったもののひとつがこの沖縄ハム。
まあ東京でいうところの日本ハムみたいな感じで
別に名物でもなんでもないと思うんだけど
沖縄って、豚がおいしいし、結構おいしいかも
と思って買ってみたんですが

旅のせいでおいしく思えたのかもしれないですが
結構ほんとあなどれない味。味が濃い上質なハムでした。

今日のBGM
「いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)」
桑田佳祐

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

大東寿司

那覇空港でこんなものをみかけました。

大東寿司

なんか聞いたことある~(←我ながらばかっぽい反応ですね)
与論の食べ物事情にやや不安を抱えていた私は空港でこれを買って晩御飯にすることに
しました。

中身はこんな感じ
大東寿司中身

どんな味なんだろ?もしものすごくくせのある味で
私には受け付けないものだったりしたら・・・

と一瞬不安が走りましたが、そんなことはありませんでした。

当然魚(さわら)なのですが、味付けはかんぴょうのお寿司みたいな味付け
・・・ってわかります?要は甘辛い味付けなのです。
漬け、といえばお醤油、の観念がある江戸っ子の私的にはちょっとびっくり。

大東寿司というのはこういう味付けなのか
それともこのお弁当版大東寿司の特性なのかはわかりませんが
空港で気軽に買えるし、話のネタにひとつ買ってみるのもいいかも
しれません。

今日のBGM
ねえ
Dreams Comes True

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

チャーリーズソース

友人のブログを見て、次那覇に行った際には絶対タコス!!と心に決めておりました。

候補は2つあって、赤とんぼというお店と今回ご紹介するチャーリーズソース。
赤とんぼのほうにひかれていたのですが、赤とんぼは、基本テイクアウトのお店でお店で食べるにせよ
外においてあるテーブルでこじんまり食べる感じなんですね。
当日は運悪く雨。雨の中野外でタコスを食べるのはきついな、ってことで、チャーリーズソースに
向いました。

チャーリーズタコス

お店の名前はチャーリーズ「ソース」なのですがお店に出向くと
「チャーリーズタコス」の看板が。
これはもともと沖縄では老舗のチャーリーズタコス というお店の支店にあたる
からなのですね。

お店に入りますとまず注文を決めてお支払いをしてから席につくシステムでした。
タコスとタコライスのセット980円とビールを注文。

まずはなにはなくとも
なにはなくともまず

雨も降ってべたーっと蒸し暑い中、ビールが、くーうまい!

お目当てのタコス&タコライスは
タコスとタコライス

こんな感じでかなりボリューミー。
タコスはレタスのしゃきしゃき感と具のバランスがよく
ソースの甘酸っぱさ&ピリッとからいソースが心地よい感じ。
具がたっぷりなので、食べてるうちにぼろぼろはみ出て、
かなり悲惨な状況になりますけど、そんなのも味のうち?

タコライスもおいしかったですけど、私的にはタコライスより
タコスのほうが好きかなあ。

お店の中は観光客と地元の家族連れと半々な感じ。
国際通りのお店なので、地元っぽさはいまいち感じられないかも
ですが、逆に観光客には大変足場がよく、敷居が低くていい感じ。
とりあえず、長年の(?)夢をひとつかなえました。
次はぜひ、晴れの日をねらって赤とんぼに行かなきゃ。

今日のBGM
Nicole Scherzinger
Right There feat 50cent

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

沖縄 那覇乗り継ぎ編

やっとオーストラリアネタも終了したところで今日から与論ネタです。
あとついでにいうとなぜか青森にもいったので青森ネタもあげていきます。

さて、与論島は奄美同様鹿児島県所属の南の島。
おぼろげな記憶ではその昔は結構ぶいぶい言わせていた島で
大学生達が今の沖縄の倍をいく勢いでこの島でバカンスを楽しみ
新婚旅行のメッカ(?)にもなっていたような。

そんなイケイケな島だったら私も旅先には選んではいなかったわけですが
今はすっかり落ち着いたしずかな島になったという話&小さな島で自転車で
島一周回れちゃうくらいの大きさだ、と聞いたので車を運転できなくても
いけるじゃないか、ってことで、選んでみました。

小さなしずかな、ある意味さびれた島になってるわけなので
直行を望むのは大それた野望というもの。
奄美のときは鹿児島空港乗継でしたが与論は沖縄乗り継ぎ。
那覇乗り継ぎで与論に向いました。

乗り継ぎにあたっては行きも帰りも比較的乗り継ぎに間をあけました。
どうせならちょっと那覇も楽しんでみたいな、と思ったもので。

あらためて那覇にいって気づいたこと。
空港やら地下鉄やらにはめこんであるガラス細工が見事である、ということです。

こちらは空港

空港その1

空港その2

こちらはモノレールの駅のもの

ゆいレールのガラス細工

カラフルで力強くて結構な芸術作品ですよね。

地元の人にとっては当たり前の景色なのかもですが、旅人にとっては
美しく心打たれる1シーンであったりします。

今日のBGM
はじめてのチュウ
Luv and Soul

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

オーストラリア 所感

オーストラリアンビール

さて、オーストラリアネタはこれにて終了。
純粋な観光旅行ではなかっただけに、市井の人たちの生活圏を
ほぼうろうろしていただけで終ってしまいました。
かの有名なオペラハウスにも足を踏み入れていないですし
海も、シーフードを買いに行く際にちらっと目にした程度。

滞在期間も短かったですしいったいオーストラリアという国が
どういう国なのかはわかりようがなかったですが
でも、なんというか穏やかででも陽気で、ほんと気持ちがいい
人たちが多く、暮らしやすい国、という印象を持ちました。

ちょっとバスに乗っているだけでなにくれとなく話しかけられましたし
(しかしうわさに違わず、オーストラリアの英語はアメリカ英語とは別物。
 もともと英語は苦手なだけにかなり戸惑いました)街行く人が本当に
みんな笑顔!
そして、食べ物、特に野菜がおいしいし、種類も豊富。
また魚も新鮮で安い。
老後はオーストラリアで、なんて話もちらほら聞くけどわかる気もします。
老後を穏やかにくらすにはいい国かも。

ちょっと今回はやや悲しいというか重い事情でオーストラリアを訪れたのだけど、
事情があまりハッピーな事情でなかったにも関わらず、いい印象をもてたのって
すごいことかも。
たいした滞在日数ではなかったけど、オーストラリアという国は
私にとって忘れがたい国になりそうです。

今日のBGM
雄叫び
遊助

この人はいつの間にミュージシャンなの?

セントメアリー大聖堂

ハイドパークをしばらく歩いていますと見えてきますのが
こちら、セントメアリー大聖堂
セントメリー大聖堂

セントメリー大聖堂2

咲き誇る花の中から見えてくる教会は本当に綺麗。

セントメリー大聖堂3

近くで見ますと、本当に本格的なゴシック方式の教会です。

セントメリー大聖堂4

横から見るとこんな感じ。

中もなかなか見事でしたけど、ちょうどごミサの最中だったので写真を撮るのは
控えました。

なにやらオーストラリア初のカトリック教会ということでそれなりに由緒ある教会
である模様。もっとも1900年代に再建されたものらしいですけど。

しっかり街の中に溶け込んでいる普通の教会ではあるのですが
なんとも美しい教会でした。

今日のBGM
SuperStar
東方神起

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

ハイドパーク

泊まったアパートメントホテルは、ハイドパークのすぐ近く。
夕方、陽射しがやや落ち着いてきたころ、夕ご飯前お散歩に行きました。
お散歩には本当にちょうどよい、公園です。

ハイドパーク1

ハイドパーク2

ちょうど初夏だったので、お花も綺麗に咲いていて
花もきれい

なにやら鳥もうろついています。
なにやら鳥もうろついています

公園から見るビルもなかなか

公園からビル群をぼーっとながめるのもなかなか乙です。

シドニータワー

シドニータワーも見えます。

わざわざ「観光」するとこじゃないけど、すごく気持ちよいいいとこです。

今日のBGM
睡蓮花
湘南乃風

一昔前だったらありえないがなりたてな歌唱法。
私は好きじゃないけどね、ただただバラードを
うま「げ」に歌ってる「だけ」な
「カラオケ上手」な人たちより世界があるだけ
いいかな、と思います。

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

フェザーデール動物園

フェザーデール動物園

スリーシスターズでおなじみのブルーマウンテンズの観光は午前中のみの
ツアー。そこだけで帰る予定だったのですが、そういった申し込みをしているのは
我々だけだったようで、もしよろしければ無料にしますので動物園も一緒に
どうですか?とガイドさんから誘われました。ま、ガイドさんからすれば
我々だけを別のところに送り届けるよりみんな一緒のとこでおろせたほうが
そりゃ楽だよね。

たいして動物好きでもないんだけどただならいきまっせ、ということで
フェザーデール動物園に出向きました。

ここの、なのか、オーストラリアの、なのかはわかりませんが
面白いなあ、と思ったのは、いくつかの動物は放し飼いになっていて
動物に自由にふれあえる形になってました。

こんな形で触れ合えます

子ども達がときに嬉々とときにちょっとびびりながら動物と遊んでいる様子は
なかなかかわいかったですよ。

なんかおっさんみたい

なんだかおっさんみたいなのも座ってました。

かの有名なコアラも。
コアラ

コアラは抱っこできますけど、正直怖かった・・・。
爪が結構するどいのよね。
私さほど動物好きでもないもんで、記念撮影したものの
顔はひきつりっぱなし・・・。

こんな孔雀も

何に興奮したのか、サービス精神満点の孔雀もうろうろしてました。

??なんだっけ?

もちろんそんなんじゃなく、珍しい動物もいましたが、珍しいといったいなんだったのか
わからないのよね・・・。

さほど広い、というわけでもなく1時間もあればまわれる感じかな。
なにかのついでに寄るにはいいんじゃないかな、という感じの観光地です。

今日のBGM
366日
HY

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

オーストラリア ミートパイ

オーストラリアの名物といえば、ミートパイ・・・らしい。
ま、私も行くまで知らなかったんですがね。

で、ルーラに立ち寄った際、ガイドから「ここのミートパイはおいしいですよ。
テイクアウトもできるのでよってみてください」といわれたんでちょっとよってみました。

Loaves and the Dishes

お目当てのミートパイはこれ
ミートパイ

ふうん、別に格段おいしそうでもないけどね・・・

中身

中をほじってみますと、トマト風味のひき肉のシチューが出てきました。
こりゃうまい。

もちろん、いわゆるジャンクフードですからねえ、目が覚めるような
おいしさ、ってわけではないですけど、シチューのお味はなかなかです。
確か1個オーストラリアドルで5ドル程度。
ちょっと小腹がすいたときにもいいんじゃないかと思います。
一度お試しあれ。

今日のBGM
さよならの夏~コクリコ坂から~
手嶌葵

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

オーストラリア:ルーラ

久々オーストラリアネタに戻ります。
結構記憶はとびつつあるのだけど・・・。

くり返しの記述になり恐縮ですが、オーストラリアには遊びで出向いた
わけではなかったのであまり観光らしい観光はしなかったのですが
唯一の観光で、奇岩スリーシスターズで有名なブルーマウンテンに出向きました。

しかしながら・・・・
もうびっくりするぐらいの悪天候。
雨が降っている、ならまだしも、深い深い霧模様。
スリーシスターズどころか岩は1ミリも見えない状態。
ガイドさんも「本当はここ絶景なんですよね」
といったっきり、絶句するしかないという・・・。

さすがにどうなんだ、ってことで、連れてこられたのが
ルーラという街。かわいい町ですよ、お土産買うには最適です
という案内の元、30分程度でしたけど、ちょっと降りてみました。

こちらはチョコレートショップ
ルーラ チョコレートショップ2

こんなかわいいお店も

かわいいお店!

ちょうどクリスマスだったのでこんなディスプレーが。
クリスマスディスプレー

私の中では赤毛のアンに出てくるホワイトタウン(アボンリーの人々にとっての商店街みたいな
ところ?)のイメージってこんな感じ。こじんまりしていて、決して超洗練はされてないけど
家庭的で落ち着いた趣味のよさを感じるお店が続いていて、街全体の雰囲気はどこまでも
穏やか・・。

もちろん赤毛のアンはカナダのお話で、ここはオーストラリアなわけなので
まったく関係ないんでしょうけどね。

オーストラリア随一の絶景を見られなかったのは残念だったけど
このかわいい街をぶらつけたのはよかったです。

今日のBGM
Rehab
Amy Winehouse

彼女が逝去した、というニュースには必ず
このPVが流れていましたね。
歌もかっこいいけど、バックのホーンがなんとも
かっこいい一曲。

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

与論島 マンゴー

与論島ネタを展開する前にまだ未完のオーストラリアネタを完成させなければ
いけないのだけど、こればっかりは旬がすぎたら意味がないってことで
与論島のお土産ネタを先に展開。

以前奄美大島のところでも書きましたが、沖縄本島はいろいろ手軽なお値段の
お土産が目白押しなのですが、鹿児島県所属の諸島はどうもそういったお土産類
はそろっておりません。
奄美大島も相当なもんでしたけど、与論島はさらにその上を(逆の意味でね)
いく感じ。
どうしたもんかいな、と思ったとき、やたらと目に付いたのが
「マンゴー」

マンゴ

うわあおいしそうだ。

正直、「激安」とかではないけどね。マンゴー1個1000円くらいなり。
大きいマンゴー2個と写真左にあるみミニマンゴー1個を実家に送ってみました。

送ったのはもちろん母親を喜ばせたいという思いと
義妹に野球のチケットのお礼をしたかったのと両方なのですが
自分のところに送ったところで腐らせちゃいそうな気がしましてね。
旅先からマンゴーが送られる頃、実家による用事もあったため
一緒に食べちまえば、自分も楽しめる、という下心もありあり。

で、まんまと出てまいりました。マンゴー。
(メロンもちょうど同じ頃にもらったらしく、メロンも食べられた。
 ラッキー・・・)

マンゴー中身

食してみますと・・・
もちろん甘い。甘いんだけど甘いだけじゃなくてちゃんと
気持ちよいすっぱさもちゃんと残っていて、野性味あふれる味です。
うん、やっぱおいしいぞ!

ミニマンゴーの写真をとるのを忘れてしまったのが悔やまれますが
こちらもまた味が濃くておいしかったです。
大きなマンゴーよりもお値段お手ごろ。こちらをお土産にするのもいいかも。

今日のBGM
Secret of My Life
倉木麻衣

テーマ : 果物・フルーツ - ジャンル : グルメ

ほたてと大根の煮物

ほたてと大根の煮物

本当はツナ缶で作ろうと思っていたんだけどツナ缶がなかったので
ホタテで作りました。

<材料>
大根15センチくらい
ホタテ缶 小 1缶
しょうがすりおろし 適量
だし汁 大根にひたひたにかぶるくらい
めんつゆ 大さじ1


<作り方>
1.だし汁に大根を入れて煮込みます。
2.大根がやわらかくなったら、ホタテ缶、しょうがすりおろしを入れ
  さらに弱火で5分程度煮込み味をしみこませます
3.さいごにめんゆつを入れて、火を強くし、煮立たせ、できあがり

ツナ&大根も鉄板の出来なのですが、ホタテ缶も結構いけるってことが
よくわかりました。いいお味にできあがりますよ。

今日のBGM
You are
Luv and Soul

テーマ : 今日の晩ご飯 - ジャンル : グルメ

久々の野球観戦

その昔は野球のスコアをラジオやらテレビやらから懸命につけていたほど
野球観戦は好きなのですが、球場にはあまり出向いたことがない、プロ野球
ファンといえども、やや、エセファンの匂い全快のわたくしめなのですが
この週末超久々に神宮球場まで野球観戦をしに行ってまいりました神宮球場

次々といろんな球場がドーム化している中、いまや貴重な屋根なし球場であります。

侍ジャパン

入り口はいってすぐに侍ジャパンのサイン。
興奮!

今回は義妹が、ヤクルト本社の知り合いからネット裏のチケットを
GETしてくれたのでご覧のとおり大変見やすい席でございました。
私らの席のすぐ後ろはラジオの実況席!
元ヤクルトの飯田さんとか、ゆで卵でおなじみの坂東さんとか
がいましたよ。

私は元巨人の槙原さんの大ファンなもので
TBSの中継を血眼でさがしましたが、見つからず。
もし彼に会えたら私の興奮度もMAXだったんですがね・・・。

みやす~い

さて、私は実は試合開始前から席に陣どっていたのですが、
試合前は何をなくてもまずビール。
まずはお目当ての生ビールを入手すべく
血眼になっておりましたが、近頃の球場ビール事情はその昔とやや
異なっておりました。

昔は「な~まビールい~かがすか~」というお兄さんが背中にしょった
生ビールをついでくれる方式だけだったんですが
今はショートパンツをはいた若い女子が主流(しかも結構かわいい子多し。
どういう募集方法をとってるんだろ)
缶ビールや瓶ビールからついでくれるという新方式も登場。
缶は500円、瓶は450円に対して生は750円。ムムム・・。
でもやっぱ生のみたい、と私は生を飲みましたけど、もっと暑くて
ビールががんがん進むような気候だったら缶に触手をのばしていたことでしょう。

ちなみにビールだけでなくサワーなんか売られていたのにも時代を感じました。
やっぱビールって人気なくなってんだなあ。
ちなみに私もネクターサワーなんぞ飲んでみちゃいましたけど、すごい
おいしかったです!どこかで売られていたらかっちゃおうっと。

・・・と別に酒を呑みにいったわけではなかったんですが、
試合はなんかこう、ぴりっとしない試合でした。もりあがらないのに
なぜか時間ばかりはかかり・・・。
後半ちょこっとだけ盛り上がって、これぞ野球、という感じの展開には
なりましたけど、投手戦でもなければ打撃戦でもない、なんだかなあ、
という感じ。

結果は2-2の引き分けでしたが、ヤクルトと巨人とではチームの勢いの
差をまざまざと感じてしまいました。
ヤクルトは4番以外にも高打率の選手が
複数いるのに加え、守備がよい。普通は外野に抜けるよね、って感じの打球も
内野がスパッとおさえるし、普通は2塁打級のあたりだよ、というヒットも
外野の猛ダッシュで、シングルヒットに抑えちゃうし。
抑えのピッチャーがややだらしない以外は「プロ」の名にたる試合展開。

一方でジャイアンツはなんか「落ち目」な雰囲気でした。
坂本とかいきのいい若手もいるにはいるが、正直ピークはすぎたな、って
感じの選手達が、チャンスでブレーキをかけまくり、
せめて守備でみせてくれればまだ溜飲も下がるというものですが
ヤクルトのようなファインプレーの守備もまったく見られず、
ごくごく普通。はっきりいってプロ野球の醍醐味0でした。

それにしても、ちょっとびっくりだったのは、土曜で巨人戦だったのに空席がぱらぱら
あったこと。昔だったら考えられないですよ・・・。
試合を観戦してしみじみ思いましたけど、このままじゃ野球も大相撲なみの
体たらくになるぞ・・・。
まあ神宮球場のお酒の売り方についてだけは、顧客ニーズに合った深化を感じましたけど
そこだけ深化してもねえ・・。

今日のBGM
ヤッターマンの歌
高見沢俊彦

本人ノリノリであるのがもう手にとるように
わかる一曲。ここまで楽しんでいるなら多少
あれ?と思う音程部分があっても、ま、いっか
と受け流せないこともない?

テーマ : プロ野球 - ジャンル : スポーツ