スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍山寺

台湾に行ったらオーソドックスだけど訪れようと思っていた
龍山寺。

職場で交通事故にあったり、なんだりいろいろトラブルが耐えないモンで
これは、ワールドワイドに神頼みするしかないわ、って気持ちになったのさ。

龍山寺

平日のお昼ですがそれなりの人だかり。

中に入ると
龍山寺 中の様子

皆さん熱心に拝んでいらっしゃる


供え物

お供え物も華やか。
でも結構駄菓子っぽいものも並んでいてなんだか庶民の味方な感じ。

中の様子

見た目よりも奥行きはある中にはいくつか建物がありました。
建物ごとに神様が違うのかしらん?
詳しいことはわからなかったけど。

正式なおまいりの仕方はわかりませんでしたが
黄色と赤いお守りを買って職場に飾りました。
事故にあった同僚の骨もそのおかげかくっつきましたけど
でもまあ、気休めといわれれば気休めです。

ご利益はそういうわけで正確なところはわかりませんでしたけど
でも異国文化漂うこのお寺、訪れる価値はありますですよ。

今日のBGM
Prokofiev: Piano Concerto #3 In C, Op. 26 - 1. Andante
Martha Argerich

若きころのアルゲリッチの作品。
夢のようででも力強くて、夜こんな作品を聴きながら眠りたい・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 台湾 - ジャンル : 海外情報

台湾選挙事情

東京では10日に知事選挙が開かれるようです。
いつものように選挙カーがひしめくのか、はたまた
停電などで落ち着かない事情を鑑みて、そこも自粛になるのか
どうなんでしょ?

日本の選挙状況は海外諸国にあって異様にうつるようで
いつだったか、選挙を題材にした映画が世界各国で上映されたっけ。
ま、なんというか、正直、恥ずかしいなと思いましたけど。

さて私が台湾を旅行していたとき、ちょっとした大道路にこんなのぼりが
あちこちにありました。

のぼり

いったいなんだろ?と最初はよくわからなかったのですが
大看板などもあちこちに出ていて、ようやく、合点がいきました。
どうやら選挙の候補者の名前らしい。

台湾の選挙活動はなんだかちょっと日本と似ていて
ちゃんと(?)選挙カーも出動

選挙カー

日本とちょっと違うのは

練り歩き

支援者が選挙カーの後ろを練り歩くのだ。
なんか言ってる風でしたが当然何を喋っているのかはわからじ。

そっかー、選挙カー&名前連呼選挙は、日本だけじゃなかったのね。
なんか安心(?)

今日のBGM
Animals
Neontrees

久々に、おっ!!と思えた楽曲。
鋭い歌詞だけど適度にPOPで楽しめます。

テーマ : 台湾 - ジャンル : 海外情報

もう普通

いつまでも地震ネタをひっぱるのもなんなので
とりあえず地震の話は今日でエンド。

もちろん被災地はまだまだ修復途上。
関東の停電は止まるどころかおそらく拡大。
買占めはなくなったけど、ものは以前のように
あふれてはいない。

でもね、少なくとも東京にいる人間は
それを嘆いているわけにはいかない、と思いますし
被災地の人たちの苦しみに「もらい泣き」するときも終ったと思います。
困っている隣人にできることを考え続けることはもちろんのこと、
私はこれから、少なくともあらゆるごたごたについては
日常のこととして、自身の責任の下で受け止めていこうと思います。

一方で、走り続けるだけじゃなくて
これから追求すべきは何なのかバランスをとっていくこと
(個人的な節電から一社会人として、利益をどこまで
追求するかまで、広範囲にね)
それが便利を追求しすぎてあらゆるものを犠牲に
浪費して、今の事態をひきおこした東京の人間の責任のとり方だと思います。

テーマ : 地震報告!!! - ジャンル : 日記

長丁場の覚悟

そろそろ余震も落ち着いてくるであろうから
普通の話題に戻して気持ちだけもあげあげに・・・

と思うたびに余震がおき、新たな問題が勃発するのはなぜなんだ・・・

このたびの地震まわりのことで、想像と大きく違っていたこと。
それは日付がたてばたつほど、問題が大きく広範囲になってくる
ことでした。

日付がたつにつれて、なんらか復興のきざしがみえてくる、
というのが地震直後の私の楽観的な思いでした。
ところが次から次から問題が生じ、不安が増大してくるのは
どうしてか。

救われることといえば、市井の人たちの冷静で誠実な態度のみです。
東北の人たちの感心な態度はもちろんのこと
何かと批判にさらされがちな関東の中にも
不要な買占めにはしるのはやめようよ、とACで流れる前から
ちゃんとお互いいさめあったり、
苦しい家計の中から募金を出したり
この苦しい状況下、そんなの当たり前、なことかもわからないけど
当たり前のことを当たり前にやりきるのって結構大変なことですよ・・・。

ところで。
私数日前のブログで政治家のことをむやみに批判するのはやめましょう
と書きました。
その思いは今も変わっちゃいないんだけど
一人だけこいつだけは許せん!という閣僚が出てしまいました。

誰もが疲れている中で一人、肌つやいい顔色で
混乱させる記者会見を開いたあげく
命の危険も顧みずに福島の火災を鎮圧に向った消防隊に
命令に背いたら処分だと言い放った閣僚です。

あ、この放言については、やや報道側のうがった見方が入っている可能性も
あるんで、真実はわからないわけですが、でもね、この放言が
デマレベルの話なら、当閣僚は即刻激怒で報道側に申し入れしなくちゃ嘘だと思う
わけ。
具体的に何をいったのか私は知る由もありませんけど
ある程度似たようなニュアンスの発言をしたんでしょうね、と国民は受け取らざるを
えないかと。

混乱があるのはしょうがない。
でも自身は安全が保障されているところにとどまっていながら
命をかけて仕事をしている人への誠意を見せることすらできないなら
もう何もしないほうがまし、と思います。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

悩み相談

明日以降スタッフを出社させるべきかなどの判断に
必要だったりするので、ニュースは適宜見てはいるものの
正直気は重くなるばかり。

事態が大きく(よくも悪くも)変わらないなら
もう報道機関から離れておきたいという心持になります。

しかしTVから離れてみたところで心は平穏にはなかなかならず。
たとえばそうそう心落ち着けて本を読む気分にはなれません。
でも、ちょっと一瞬でもいいから、日常からはなれてみたい。

そんな心もちでふらふらっと、マツコデラックス著 あまから人生相談
なんて本を手にとってしまいました。
本来この本のポイントは彼女のばっさりとした回答そのものだったり
するのですが、まあその感想はいつかまた落ち着いた頃にあげるとして

ここにあげているお悩みをこの地震のどたばたのさなかに並べてみると
平和ボケってのは時に罪になるな、というもの多数。
はたして今この一瞬にこのお悩み相談者は同じことに悩み続けているの
だろうか、と疑問になるものばかりです。

・夫にときめけない
・彼がいることを先輩に話したら嫌がらせされるようになった
・なんでも話せた友達に影で笑いものにされた

お悩みをマツコさんに打ち明けた際には相談者も真剣だったんでしょうけど
2011年3月現在、この深刻な状況下でこのことをまだ真剣に
悩み続けているとしたら相当能天気なお方とお見受けします。
おそらくは、皆さん、この悩みについてつきぬけてしまったか
あるいは、自分が悩んでいると思っていたことはあくまで表面的な
ことであり、自分の生き方や虚無感という壁につきあたっていたということに
気づく方が多かろう、と想像します。

かくいう私も地震前までは、ちまちましょうもないことに
悩んでおりました。
でもね、今は一体何に悩んでいたのかもはっきり思い出せない
体たらく・・・。

つまらない悩みはすべて白紙に戻して
考えるべきこと、思いやるべきことだけに
気持ちを集中させてこれからの人生乗り切っていかなければ
と思った次第です。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

豚にらラーメン

豚にらラーメン


ここ1週間はスタッフ全員を帰すまではとても家には
安心して帰れなかったし、
停電騒ぎもあってさすがに自炊どころの騒ぎではなく。

この週末久々に自分でラーメンを作ってみました。
豚肉とにらをいためてインスタントラーメンにのせるだけ、
の自炊というにはあまりにも、な簡単なものですけど
湯気が出ているラーメンをすすっていると、
ああ、ありがたい、という思いで一杯になります。

ごちそうさまです。

買占め大作戦

日々ニュースになり、自分の目の前でも繰り広げられている
買占め大作戦。

あちこち非難もあがっていますけど
でも私自身この行動、わからんでもない、という気もしています。
実際先週の地震当日、夕方時点で50名近いスタッフが帰れなくて
会社にとどまっていたとき、同僚は近くのスーパーに走り
カップめんやおにぎりを一人1個は配布できるよう、一定量調達してきました。
自分はともかく、スタッフにはできるだけ安心してもらいたいもの。
これを買占めといわれようがなんだろうが私は別にかまいません。

関東地方の買占めを非難するのは簡単です。
でもね、みんないろんな事情があるんですよ。
老人やこどもを抱えているうちが、買えるうちにできるだけ
買っておこう、と思ってしまうのを、浅ましい、と安易に批判するのも
なんだか違う気がするんですね。
ものが目の前にあったら買いたくなるのはしょうがないことではないか
と思います。

無駄に買いだめするのはもちろん避けなくてはいけないけれど
やはり、消費者の善意にすがるだけでは限界があります。
トップダウンの規制や、一人住まいの老人を把握し、
老人・こどもは優先させる、そういう政府方針と流通業の人たちの
確固たる方針がいるのでは、と思います。

あとね、政府をただただ馬鹿扱いするのもやめたいです。
(さすがに最近東電批判はおさまり、むしろ感謝の声が増えてきましたね。 
 少なくとも東京に住む私らは批判なんて絶対におこがましくてできる立場にないと
 思います)

そりゃあさあ、もうちょっとしっかりしてくれよ、とか
無駄に不安をあおる記者会見(あの大停電の会見はなんだったんでしょう・・・)
とかちょっとちょっと、と思うことも多いけど
批判して何かが生まれる状況でも今はないと思うのですね。
仮に今の政府首脳より賢く、行動的でリーダーシップがある人
がそこに入ったとしても、この未曾有の事態で
見越せないことが多くあるのは、いたしかたないことだと思うのです。

となると
そこそこどうにか動けたり考えたりできる人たちみんなで今こそ
役割を超えてカバーしあうしかない。
説明が不十分な場合は、事実を理解できる人が咀嚼して、かわりに
伝えていくしかない。
方針がはっきりせず行動しにくい場合も、判断できる範囲で
無駄に恐怖をあおることなく、人々の安全とその行動の必要性をかんがみて
判断していくしかない、と思います。

自民党に内閣入閣の打診をし、自民のほうで何をするのかわからないまま
打診だなんて、と断ったというニュースを聞きましたが、もうひたすら
残念でなりません。
いやべつにね、自民の人たちが内閣入りしたからって事態がものすごく好転する
とも思ってないんだけど、民主党の人たちだって疲労困憊だろうし
何するのかわからなくたって、何かあったときに、代わりに指揮命令をとれる人の
数を増やしておくのは悪い話じゃないと思うんだけどな。
もういいじゃん、ちゃんとした要請じゃなくてももういいじゃないか・・・
って思っちゃうんだけどな。

まずは国会議員レベルの人たちは面子や役割を越えて助け合って行動してほしい
と思います

テーマ : 地震報告!!! - ジャンル : 日記

長い1週間でした

長い1週間が終りました。
平常に戻りつつありますが、思い出したように余震もあり
ちらほら停電もあり
電車もまびかれ
スーパーからものが消え
それでも日常はまわりはじめています。

東北ではまだまだ凄まじい状況が続いています。
でも人はなき続けて呆然としているわけじゃない。
時に笑い、時に励まし、時にいたわり
みんな真剣に生きています。

この1週間私は仕事をするということ
それも一人ではなく多くの人を巻き込んでいくということ
その意味をずっと自問自答しました。
正直言って今までそんなこと一度も考えたことはなかったです。

地震があろうがなかろうが
私たちはいつどこでどんなことに巻き込まれるのかわかりません。
事故にあう可能性だってある、
なにかの事件に巻き込まれるかもわからない
生きる死ぬ、までには至らずとも、ちょっとした一瞬の
違いで、恐ろしい思いや至極不便な経験をしいられたり
そんなリスクは常にどこにいようがあるわけです。

そういうリスクを背負いながら
ときに個人的ないろんな事情を抱えながら
みんな自分達に課せられた役割を真剣にこなしています。
そんなことは当たり前、と感謝することもなかったけれど
今は本当にあらゆる人に感謝したい気持ちで一杯です。

また、逆に、この人たちの思いを無駄にしてはいけない
この人たちの厚意があだになることをしてはいけない
というプレッシャーも強くなりました。
今まで味わったことのないプレッシャーに戸惑うことも
多いけど、ここを乗り越えたら私はもっと強くなれるし
やさしくなれる気がします。

テーマ : 地震報告!!! - ジャンル : 日記

もったいない

東京近辺でのあらゆる買占め作戦、
東北の凄まじい状況を思うと
相当あきれた惨状だと思うのですが
そこの批判はここではまあおいておこう。

で、スーパーから食べ物がことごとく姿を消している
状況でも、私自身はご飯を抜かしたことは一度もありません。
毎食毎食なんらか食べてます。
それってすごいことだと思います。

これぐらいのことで、こんなことを思うのは
笑止千万なのかもしれませんが、ここ数日
もったいない、という感覚がとぎすまされた感じがします。
お店の夜の看板、そんなこうこうと照らさないでもいいじゃない、
コンビニ、ここまであちこちで24時間でなくてもいいじゃない
別に車を出さなくてもいいじゃない、電車バスでいいじゃない
客待ちのタクシー、ずっとエンジンふかさなくてもいいじゃない
サービス24時間体制、今そこにパワーをかける必要はないじゃない

この感覚もいつか忘れていってしまうのかなあ・・・

地震お見舞い申し上げます

各地地震被災お見舞い申し上げます。
私自身は東京で地震に遭遇しましたが
東京ですらそれなりにおそろしく、また緊張・緊迫の連続の
思いをしましたから
東北中部北陸地方で被災された方はいわんやをやだと思います。

私も友人が仕事で東北にいる旨メールで知り、
(まあそれは私がのんきなメールを送ったからですが)
彼女の置かれた状況に胸を痛めているところです。

彼女への返信メールは送らないでおきました。
電力にも限りがあるだろうから、健康に支障がおきたときの
ために携帯電話はとっておいたほうがいいだろうからね・・。

たとえライフラインが復活し、一見日常が戻ってきたように
思えたとしても被災でうけた心の傷は容易にはいえないはず。
これからが本当の正念場だと思います。

私自身は、会社でかえるに帰れなくなったスタッフと会社で
徹夜。インターネットで情報を取得しながら様子を探り
一番遠くに住んでいるスタッフがなんとか電車を乗り継ぎかえれる
ルートを確認してから土曜の朝、家に帰りました。
前日も仕事で遅くなったのであまり寝てなくて土曜は完全
グロッキー状況。
でもそれぐらいのことですんで本当に私はラッキーでした。
ただこの幸運を感謝するだけでなく、その幸運をお返しできるよう
私でできること、をこれから考えたく思います。

テーマ : 地震・災害対策 - ジャンル : ライフ

元祖 胡椒餅

観光名所 龍山寺のすぐ近くの小路にある有名店
元祖 胡椒餅

元祖胡椒餅

小路って一言で言いましたけどね、本当にわかりにくいとこなんですよ。
わからなくて、近くの雑貨屋さんに指差し確認で聞き出して
なんと連れてきてもらっちゃいました・・・。
あまりに申し訳なくてうちの母がその後お菓子をそこで購入しましたけど
台湾の方は皆さん親切ですね。

お店の前は常にだれか並んでいる感じ。
お店の前で注文し、注文札を渡されてから
ひたすらまちます。

お店の奥でご家族なのかな、皆さん総出で
胡椒餅づくり

こんな形でつくってます

この、前におかれているたるの中でじっくり焼くのであるよ。

こんな形で焼いています

15分程度待っていよいよ胡椒餅キター

胡椒餅1

かぶりつきますと肉汁がじゅわっ。
うまく食べないとぼたぼたぼたっと
肉汁&油が飛び散っちゃう感じ。
味は胡椒というよりか、香料が効いてる感じ。

胡椒餅 中身

胡椒餅のお店自体はここだけではないみたいですが
龍山寺は台北を訪れた人はたいてい訪れる名所ですし
名所訪ねがてら小腹をみたしてみるのも一興ではないでしょうか。

今日のBGM
NEGAI~The Angel“I say Yes”~
Luv and Soul

新生Luv and Soul誕生に向けて
旧?Luv and Soulが最後のライブをやるんだそうな。
7年ぶりってことですごいチケット争奪になりそうです。

故宮博物館

台湾に行ったのはおいしいものを食べたい!もあったけど
故宮博物館でゆっくり美術品を堪能したい もあったのでした。

故宮博物館

故宮博物館はあまりの膨大な展示量のため3ヶ月に一度展示物を入れ替えるんですって。
私がむかったときはその入れ替えタイミングの端境期であったみたいで、
何室かクローズされていました。
母曰く、母が1年前に訪れたときはもう少し展示物があった・・・気がするということですが
まあ人の記憶なんておぼろげですからね、正確なところはわからじ。

でも私的には見たかった白菜や豚肉の宝石を見られただけで満足。
きれいか、って言われるとね、・・・なんだけど、
でも豚肉は本当に豚肉に見えるし
白菜も見事な再現力。
これを贅沢といわずなんという。

前故宮博物館を見たときは北京の故宮を見ずして
この博物館を見たから
なんかお宝のすごさと当時の王宮のすごさがいまいち
結びつかずにいたんだけど、北京で故宮を見てきた後に
見ると、そうか、あの豪華な宮殿にこの豪華なお宝が
ごっちゃとあったわけだ、なるほど、と
あらためて中国王宮の豪勢さにため息・・。

ああなんか故宮でこのお宝を見たらさぞや趣き深いであろう
とも思いましたが、でも中国本土のあのどさくさにこの膨大な
お宝をおいたままにしておいたら、貴重な宝物はあちこちに
散逸してしまっただろうしな。
そういう意味では台湾までこのお宝を持って帰った
蒋介石の判断は正しかったともいえるかもわかりません。
中国本土の人たちの気持ちは複雑でしょうけどね。

まあ代表的なお宝は常設されてますからいつでも見られますが
私が目にすることができなかったお宝もまだまだあるはず。
そういう意味でもまた台北こなくっちゃ!という気持ちになったのでした。

今日のBGM
Blue Bird
コブクロ

なんか彼らは私の感覚ではつい最近出てきた人たち
って感じなんだけどメジャーデビュー10周年ですって。
長生きな人たちなのね。
ま、聴いただけですぐ彼ら!ってわかる個性があるよなって思います。



テーマ : 台湾 - ジャンル : 海外情報

円山飯店

台湾の最高級ホテルといえばここ円山(圓山)飯店
ホテルの近くをタクシーで走るとすぐ目に入る大きなホテル

円山飯店

その昔迎賓館として使われ、政財界の著名人が何人も宿泊した名門ホテル。
宿泊はかなわなかったけど、どんなホテルかは見てみたかったので
朝食を食べに出向いてみました

ロビー

入り口からして豪華

中のインテリアもなんとも素敵
壁のほりもの

円山飯店 内部2

円山飯店 内部

で、朝食を食べられる食堂はこんな感じ
食堂の様子

天井高くて趣き深い。
朝食はビュッフェで、洋食から中華までいろいろ食べられます。
まあビュッフェの中身は特にこれといって特筆すべきものでもなかったですが
雰囲気はさすがでございました。

宿泊するんだったら、車は必須。ホテルは高台にあるので
ホテルまでいくにはえっちらおっちら坂を登らなければなりませんし。
なので、ハイヤーを確保して、車であちこち移動する優雅なトラベラーで
ないと不便きわまりない思いをすることになるでしょう。

でもホテルの豪華さはおそらくは台北随一。
あちこちあくせくまわる旅ではなく、伝統に裏打ちされたどっしりとした
インテリアをじっくり堪能しながら、ホテルステイをも楽しむ
そんなたびをしたい場合にはここのホテルは相当おすすめ、といえましょう。

今日のBGM
錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう
小松未歩

歌唱力はいまいち平坦だし、なんだかな、って思うのですが
サウンドは結構凝ってるんですよね。
不思議なバランスの楽曲。

テーマ : 台湾 - ジャンル : 海外情報

台北 景福宮

鷗華ホテル近くで目に飛び込んだ派手なたたずまいの建物

景福宮

調べたら景福宮 というそうで、日本でいったら神社みたいなものかな。
地元の信心深い人たちが熱心にお参りしてました。
ちょうど私たちが訪れたとき、なにやら派手に爆竹などたかれていて
なんか催しものがあった模様でもありました。

中はこんな感じ。

中も見事

いかにも中国、ですけど沖縄の首里城にも似ているような。
地理的にも近いですし、お互い文化は似ているのかもね。

いずれにせよ、なかなか趣き深い興味深い場所でした。

今日のBGM
It doesn't stop
maia hirasawa

名前でわかるように日系スウェーデンの歌手によるもの。
言われてみればなんだかcardigansとかのサウンドにも
通じる何かがあるような。
なかなか楽しい楽曲です


テーマ : 台湾 - ジャンル : 海外情報

台湾 小籠包

台湾で小籠包といえば、鼎泰豊ですが、日本でも食べられるし
台北本場の鼎泰豊も一度行ったことがあるので、もういいや、ってことで、
市井の普通のお店で食べて見ました。

宿泊した鷗華ホテルのとなりの蒸し物やさん。
地元の人でごったがえしていてなんだかおいしそうだったので
ちょっと入ってみました

お店の様子

中国語なんてわからないから、身振り手振り。
値段もよくわからないまま、小籠包を指差し確認で
注文。

持ち帰りもできますが、店の奥で食べることもできます。

ショーロンポー

ということで出てきました。小籠包

本当はあと、2個ついてたんだけど、写真撮影待ちきれずに
食べちゃったのさ。7個入りでたしか100元。
日本円で300円程度ですね。安い!

で、肝心の小籠包ですが、めちゃうまい。
皮がなにしろうまいの。

でもちろん中身もうまい

お肉たっぷり

お肉もちゃんとすかすかでなく入ってるし
なにより

スープじゅるっ

スープがたぽたぽ♪

たれはお店にそなえつけ(?)してあり自分で用意しておきます
たれ

有名店もいいけどこういう無名だけど地元のみんなに愛されてる店は
ねらい目です。
リビエラホテルにお泊りの皆さんは、朝食はつけずに
こちらでいろいろ食べてみるのもいいと思いますよ。

今日のBGM
Small World, Pt. 1
Huey Lewis and The News

ほんと、世界は小さくなりました。
台北なんてほんと、朝出たら夜前にはついちゃいますものね。

テーマ : 台湾 - ジャンル : 海外情報

目黒 鮒一 うなぎ

うなぎで有名なお店といったら
宮川 とか 野田岩 とか まあ
いろいろありますね。

しかし、私の中でうなぎといえば

鮒一

ここ。
目黒権之助坂にある鮒一 といううなぎやさん。

小さい頃からずーっとここのうなぎを食べてたんです。

その昔は、一定地域まで配達してくれたんですけど
最近代替わりしたらしく、配達の地域がぐっとせばまってしまいました。
以前は祖母のうちにみんな集まるとここのうなぎを食べるのが
楽しみだったんですが、配達してくれないわ、祖母も床に伏しがちになるわで
なじみのここのうなぎを食べるのはすっかりご無沙汰になってしまいました。

が、とある日曜日、恵比寿近辺に用事ができましたので
よしこれはここで食べてやろうじゃないかと出向いてみました。

お店の外観からは、とてもここでうなぎを食べられるようには
みえないんですが、2階にこじんまりとしたスペースがあって
焼きたてうなぎが食べられるんですのよ。
松竹梅と3種類ありますが、私は松の1700円を食しましたです。

ふっくらうな重

ややうなぎが小ぶりですかね。
でもふっくら焼きあがったうなぎはこれ絶品なり。
たれも甘からず辛からず、とろみも適度で
そうそうこれこれ、この味だわさ。

お昼に1700円は散財だけど、でもこのおいしさを味わえるなら
たまにはいいか。

ということで、
気をつけてみておかないと通り過ぎてしまう小さな小さなお店ですが
おいしゅうございますよ。ぜひご賞味を。

今日のBGM
くじら12号
Judy and Mary
単純な味付けだけどでもひきつけられて
なんだか口ずさみたくなるのがジュディマリの
特徴(でもいざ口ずさむと結構難しいんだよね)
特に前向きなことを歌っているわけでもないのに
なんか気持ちは上向きにちょっと楽しくなってきちゃう気がします。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。